日本人トップは引き続きキムケン!【速報 (7/24現在)】2022 Progressive Elite Series Angler of the Year (バスマスター エリートシリーズ AOYランキング)

コロナがここ最近再び大爆発してきましたね。

 

もう2年以上このような生活ですが、本当に我々はコロナと共存していく生活を徹底的に考えていかないといけませんね。

 

子供が居るので、不安ですが何とか気をつけたいと思います。

 

こんにちアイテムは!デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」、 TwitterフォローInstagramフォローを押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。

スポンサーリンク

最新のAOYランキングを確認!!

先日バスマスターエリートシリーズも第7戦が終了しました。

 

伊藤巧プロが13位でフィニッシュで上位に食い込みAOYランキングにも大きな変化が出ています。

 

日本人トップはキムケン!【速報 (7/15現在)】2022 Progressive Elite Series Angler of the Year (バスマスター エリートシリーズ AOYランキング)

07/15/2022

首位は引き続きブランドン・パラニューク!

ブランドンパラニュークが引き続きAOY首位を維持。

 

第7戦では25位ではありましたが、612Pで首位を維持しています。2位のDavid Mullinsとは41位差です。

 

日本勢の現状

木村建太プロ

 

引き続き日本人の中では木村プロがトップ!

 

スポンサーリンク

第7戦での好調が活きて473Pにポイントを伸ばし、現在は何と14位。

ノリノリの木村プロの残り2戦が楽しみです。

 

伊藤巧プロ

 

伊藤巧プロはこの試合で大きく順位をジャンプアップ!

 

13位で試合を終えたこともあり、ランキングは前回の27位から16位で471P。木村プロとは2ポイント差です。

 

これはもしかしたら、、、

松下雅幸プロ

 

松下プロも第7戦でセミファイナルまで出場したので、ランキングが上がっています。

 

前回の78位から69位の307P。

 

青木大介プロ

さて、青木プロですが7戦では予選落ちとなってしまっています。

 

現在は、242Pで88位。

青木プロの投稿で「今年の自分は色々な事と戦いながらアメリカのトーナメントに出ています」というフレーズが気になります。

 

今シーズンの結果次第では何かしらの”動き”があるのでしょうか?

 

*参照ページ:👉https://www.bassmaster.com/standings/?view=91

 

レギュラーも後2戦!

残りはあと2戦となります。

 

8戦目:8/18-21でレイクオア@SD州ヘ

9戦目:8/26-29でミシシッピリバー@WS州

 

どちらもスモールマウスバスが居るレイクなので、伊藤巧プロの更なるジャンプアップがあるかもしれません!

 

期待して、応援しましょう!(*’▽’)

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism