2022 ICAST 新製品を掻い摘んで見ていく!今年も魅力あふれるギアが沢山登場(*’▽’)

ここ最近子育てに勤しんでいるサブイズムです。

 

生まれてまだ2ヶ月ほどですが、先日初めて夜間救急に行ってきました。大事に至らずほっとしています。

 

慣れないことで焦ることも多いのですが、一つ一つ勉強出来たらと思います。

 

こんにちアイテムは!デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」、 TwitterフォローInstagramフォローを押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。

スポンサーリンク

ICAST2022

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

今年もこの季節がやってきました。

 

去る7月19日~22日にて、アメリカの1年に1回の大きな展示会であるICASTショー2022が開催されました。

 

場所はフロリダディズニーのあるオーランドです。

 

毎年可能な限りレポートを発信してきている当ブログですが、今年も色々と”個人的”に気になった商品を見ていきたいと思います。

 

基本は日本で未発表なアイテムを中心に見ていきたいと思います。

 

昨今著作権の問題も頻繁に取り上げられていますので(昔からですが)、写真は引用せず出来るだけSNSの埋め込みで調整していきたいと思います。

 

ちなみに昨年のICASTショー記事はこちらをご覧ください。

アメリカの最新フィッシングアイテム!ICAST2021 (フィッシングショー) のBest of Show winnersを獲得した商品達を紹介します!

スポンサーリンク
08/09/2021

 

ハードベイト編

SPRO KGB Chad Shad 180 Glide Bait

ノーザンアーカンサスで有名なKGBスイムベイトとSPRO社の合作となるChad Shad 180グライドベイトが目を引きました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KGB Swimbaits ™(@kgbswimbaits)がシェアした投稿

ここ最近では、日本の木村プロが優勝したアメリカのBassmaster ノーザンオープン初戦、James Riverでタイニークラッシュを使用したのは記憶に新しいですね。

木村建太優勝!&藤田京弥鮮烈なデビュー!【まとめ 】2022 バスマスター ノーザンオープン#1 @ジェイムズリバー in VA州(4/14-16)

04/17/2022

こちらはリップレスのルアーですが、日本にももう入ってきているのでしょうか?

 

パッケージはこんな感じのようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KGB Swimbaits ™(@kgbswimbaits)がシェアした投稿

 

SPRO Cyclone Prop Jr 

同じくSPRO社こちらの形状はホッパープロッパーに似ていますね(^^♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SPRO USA(@spro.usa)がシェアした投稿

 

 

ARK New ARK Outlaw

 

この見た目からだとボーン素材か?そしてそこにワンノッカーを搭載。

 

これは釣れそう!

(Source:Bassmaster)

SHIMANO ARMAJOINT 190SF

日本の秋新製品で紹介されていましたが、シマノ社のオーロラジョイント190SF。

 

フラッシュブースト機能を盛り込んだジョイント型ビッグベイト。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shimano North America Fishing(@fish_shimano_north_america)がシェアした投稿

Berkley Power Blade Spinnerbaits

バークレー社からスピナーベイトが発表されました。

 

お値段が財布にも優しいと良いのですが、、シングルコロラドもラインナップされているようなので、幅広く状況に対応出来そうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Berkley Fishing(@berkleyfishing)がシェアした投稿

Z-Man HellraiZer

かなり独特の形状のトップウォータールアーとなります。

 

サイズは5インチ、5/8オンス。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Z-Man Fishing Products(@zmanfishingproducts)がシェアした投稿

アクション動画はこちら。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Z-Man Fishing Products(@zmanfishingproducts)がシェアした投稿

ソフトベイト編

Biospawn lures ExoNed

 

ネッドリグ専用のワームがBiospawn lures社から発売となるようです。

 

ストレッチーXという素材が採用されており、耐久性も抜群のようです。アメリカではネッドリグが全盛ですね。

 

ネッドリグが不明な方は、下記を御覧ください。

【釣法】NED RIG (ネッドリグ)って聞いたことありますか?★

06/27/2017
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BioSpawn Lure Company(@biospawnlures)がシェアした投稿

 

Biospawn Lures VileTube

 

同じくバイオスポーン社より独特な形状をしたチューブベイトが発売されます。

 

チューブの機能以外にも、ザリガニのような甲殻類の動きも出すことが出来るようです。

 

勿論、バイオセントの臭いも良いようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BioSpawn Lure Company(@biospawnlures)がシェアした投稿

Z-Man GOAT ToadZ

同社はいくつかのカエルルアーを発売していますが、更に浮力を追加し、足に水かきを付けることで、バブルを発生しやすくしています。

 

トップウォーターのように使用することが可能です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Z-Man Fishing Products(@zmanfishingproducts)がシェアした投稿

ロッド編

St. Croix Legend Tournament Bass Series

 

ちょっと衝撃的なリールシート形状のロッドが登場します。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

St. Croix Rods(@stcroixrods)がシェアした投稿

 

(Source: Bassmaster)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

St. Croix Rods(@stcroixrods)がシェアした投稿

13 Fishing Meta Series

(Source: Bassmaster)

13fishing シリーズからはMETAシリーズという新しいロッドが発表されました。

 

バスマスターエリートシリーズのGerald Swindleが監修したニューロッドとなるようです。

 

どうやらロッドのコスメは日本の技術を参照しているようです。

Built on the next generation of Japanese PVG36T rod blanks, the rods were hand tuned by Swindle. Premium Japanese Split Grip EVA, Evolve Custom Reel Seat, SS American Tackle Guides with DuraLite inserts all add up to a superior rod. Casting rods from 6′ 8″ to 7′ 6″ and spinning models from 6′ 10″ to 7′ 2″ and a Cranking Series. $149.99.

 

リール編

SHIMANO CURADO DC 200

(Source:Bassmaster)

シマノ社からはCURADO DC200が登場です。

 

このコロナ禍でDCのパーツは無事に供給できるのでしょうか。。

 

13 Fishing Inception G2

13Fishingからは、METAのロッドとともに発売です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

13 Fishing(@13fishing)がシェアした投稿

The unique series features pro specifications for gearing, handles, gear ratios and capacities. Standout features are a Beetle Wing Rapid Access Side Plate, 22-pound Bulldog Drag, aluminum star drag and Gen II Anodized Worm Gear. Ti Armor Aluminum Drive Gear and H.A.M. Hardened Brass Drive Gear and 8 total ball bearings make this reel smooth, durable and ideal for any bass fishing scenarios. Three models in right- and left-hand versions. $150. 13fishing.com 

お値段はかなりリーズナブルです。

 

Abu Garcia Revo Reels (Reimagined)

ニューレボシリーズのリールとなります。

 

デザインがアンタレスの左右非対称ボディに酷似しているなと思うのは私だけでしょうか?( ´∀` )

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Abu Garcia Fishing(@abugarcia_fishing)がシェアした投稿

 

ギア編

Humminbird MEGA Live TargetLock


ターゲットロック機能の付いたMEGA Liveが発表されました。

 

コンセプトは、「ボートポジションが何処にあってもこのMEGA Liveで捉えた魚を確実にとらえる」ようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Humminbird(@humminbirdfishing)がシェアした投稿

2つ目の動画を掲載しておきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Minn Kota Motors(@minnkotamotors)がシェアした投稿

 

Plano EDGE Frog Box

Boxの老舗メーカーPlanoよりフロッグ専用Boxが登場。これはフロッグマニアの方にはたまらなそうですね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Plano Fishing(@planofishing)がシェアした投稿

2022 ICASTアワード品

ハードベイト部門は、バークレーのSlobberknockerが受賞!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

もう1つはライブターゲット社のLive Shrimp。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

ソフトベイト部門では、バークレー社のPowerBait PowerStingerが受賞。これはオフセットタイプのスイムベイトでしょうか。。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

ギア部門では、ラインでスパイダーワイヤーフィッシング社のDuraBraid Hi-Vis Yellowが受賞。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

 

ロッド部門はセントクロイ社のLegend Tournament Bass 7’10” Heavy Power Fast Actionが受賞。

 

この銃かトマホークのトリガー部分の形状がめちゃくちゃ独特ですね。

 

New GRASP Reel Seatというそうで、アラバマリグやビッグベイトを投げる際のリストのストレスを軽減してくれるそうです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

 

 

そして、最後にリール部門は当然のことながら、シマノ社のStellaでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ICAST(@icastshow)がシェアした投稿

NISHINE LURE WORKSインタビュー動画

最後に私も御世話になっているチッパワの開発者であるニシネさんのニシネルアーワークスインタビュー動画も載せておきます。

情報ソース

参考にしたサイトは以下になります。もっと詳細に道具を見たい方は是非!

 

👉https://www.bassmaster.com/slideshow/2022-icast-new-products-preview/1033000 

👉https://www.bassmaster.com/icast22/slideshow/kyles-favorites-from-icast/1040423

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism