日本人トップはキムケン!【速報 (7/15現在)】2022 Progressive Elite Series Angler of the Year (バスマスター エリートシリーズ AOYランキング)

円安の動きが超加速していますね。

 

なんと139円台に突入です。

 

輸出の仕事には良いですが、日々の生活用品価格が値上げラッシュで頭が痛いです(;^ω^)

スポンサーリンク

 

こんにちアイテムは!デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」、 TwitterフォローInstagramフォローを押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。

最新のAOYランキングを確認!!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bassmaster(@bass_nation)がシェアした投稿

 

現在第7戦のバスマスターエリートシリーズがNY州のセントローレンスリバーにて開催れています。

スポンサーリンク

 

レギュラー戦はこの大会を除いて、残り2試合なので最新のAOYランキングを見ていきます。

 

伊藤巧プロがトップ!【速報】2022 バスマスターエリートAOYランキング★

04/24/2022

首位はブランドンパラニューク!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Brandon Palaniuk(@brandonpalaniuk)がシェアした投稿

暫定首位は日本でも馴染みのあるブランドンパラニュークで536P.

 

ダイワのプロスタッフとしても認知されていますよね(*’▽’)

 

2位のジョンコックスとは18P差です。

 

MLFのブランドンパラニュークとジェラルドスウィンドルがバスマスターエリートにカムバック!

11/28/2019

 

日本勢の現状

日本人首位は木村建太プロで390Pで20位。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KIMKEN®(Kenta Kimura)(@kentakimura5727)がシェアした投稿

 

伊藤巧プロは383Pで27位。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Taku Ito 伊藤 巧(@takumiitou4663)がシェアした投稿

松下雅幸プロは、241Pで78位。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

masayuki_matsushita(@masayuki_matsushita5831)がシェアした投稿

青木大介プロは、224Pで83位。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

青木 大介(@d.aoki_bassfishing)がシェアした投稿

 

現在行われている試合も含めて後残り3戦です。

 

パラニュークの動きも気になりますが、日本人全員がクラシック出場権を勝ち取れるといいですね!

 

ファイトです!

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism