私が NORIES ROAD RUNNER VOICE シリーズに再び戻ってきた3つの理由

安部元総理殺害のニュースには本当に驚きました。

 

まだまだこれから色々とやりたい事もあったとおもうので、無念で仕方ありません。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

 

こんにちアイテムは!デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」、 TwitterフォローInstagramフォローを押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。

 

ロードランナーに回帰!

久々のブログで緊張していますが(←嘘ですww)、実はロッドをノリーズのロードランナーに回帰することにしました。

 

実は元々2017年~2018年頃まではロードランナーをメインにバスフィッシングを楽しんでいましたが、リチウムバッテリーを購入するため、資金調達として泣く泣く売却していました。

エヴォルテックジャパン SE-121000リチウムバッテリーをレンタルボートバス釣りに導入!

03/07/2019

 

ロードランナーや他の道具をバンバン売りまくって、お金を作りエヴォテックのリチウムバッテリーを導入した経緯があったんです。

 

スポンサーリンク

それ以降は、ずっとゾディアスやリーズナブルなロッドを使用していました。

 

【2021年版】高価な釣具?それともリーズナブルタックル?釣り道具の高い・安いは釣果に影響が出るのか?

12/22/2021

 

ところが、先日1年ぶりくらいに房総レイクに釣りに行った際に「ふと」思ったのです。

 

ああ、ロードランナーをもう一度使いたいなと(´・ω・)

 

理由は主に以下の3つでした。

 

タックルが軽すぎる

当たり前なことなのですが、ゾディアスシリーズやバスワンXTシリーズはロッド自体の自重も軽く、100g前後のロッドが多いです。

 

世の中見まわしてみてもバスロッドの重量については、この近辺が多いかと思います。

 

そして、バス用ベイトリールについてもアンダー200gが当たり前となってきました。

 

まあ、軽いロッドには軽いリールをセットすることで、逆にバランスがとれそうなものなのですが、私個人としては、手元がブレる印象がここ数年ありました。

 

中華ベイトフィネスリール!ツリノヤのダークウルフ50HFとKF-50SLのその後。

03/22/2022

 

正確なキャストが決まりにくい

タックルが比較的軽いため、ルアーを遠投したりする際にはあまり気にしていませんでした。

 

ですが、先日の房総釣行に行った際に改めて気づかされたのですが、ピンスポットへのキャストが本当に決まりません(;’∀’)

 

以前にハードベイトスペシャルの560Lを使用していたことがあるので、その際にはルアーが狙ったピンスポットに吸い込まれていってました。

 

ですが、今はキャストミスが目立ち場を荒らすことも多かったなと反省しています。

 

今回購入したのは中古のロードランナーヴォイスシリーズ(現行から1つ前のモデル)です。

 

このシリーズは、ロッドの重量が200g前後になります。

 

まあ、現在マーケットにあるロッドの約2倍くらいの重量になります((´∀`))ケラケラ

 

ロッド200g+リール190gともなれば、合計で390g。

 

通常の軽量ロッドは、ロッド100g+リール175g(20メタ)とかで275g。

 

この時点で既に▲115gの差があります。

 

ですが、ロードランナーシリーズの特徴でもあるグリップエンドのバランサーによって、これは上手く解消されています。

 

キャストしたことがある人は分かると思いますが、ロッド全体にルアーが乗り、ピンスポットにルアーが吸い込まれていくあの独特な感覚が癖になりますよね(*’▽’)

 

【初回インプレ】ノリーズ ロードランナーヴォイスLTT650MH★

05/15/2017

 

タックルの所有感を感じない

そして、最後の理由がこれ!

 

ここ最近子供が生まれ、正直丸1日釣りを出来る日は今後かなり少なくなります。

 

限られた時間の中で、如何に自分の満足いく釣りを楽しむことが出来るか?というのが今後の課題になってくるなとつくづく思っています。

 

全国のおとーさん、おかーさんバサーの皆様には本当に頭が下がります(;^_^A

 

実はそんなこともあって、ルアーの断捨離も再度進めています。

 

釣具の断捨離!ステイホーム週間を利用して不要な釣具をこの際整理しませんか?

05/03/2020

 

使わないルアーに翻弄されるよりも、自分が得意・好きなルアーで1日の釣りをしたい!という気持ちになっています。

 

そう考えると、先日のミドルデッキのカバー新調も同じです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sabuism3.0(@sabuism)がシェアした投稿

決してゾディアスやバスワンXTが悪いというわけではなく、ロードランナーのようなロッドを所有することで、自分の釣りが満足いくレベル(境地)に行けると思い至ったのです。

 

ロードランナー3本からリスタート!

ロードランナーヴォイスシリーズはまず3本からスタートです。

 

●ハードベイトスペシャル630L(ヴォイス)

>>軽量クランク、軽量スピナーベイト、バズ、小型トップ用。

●ハードベイトスペシャル630MB(ヴォイス)

>>近距離大型トップ(1オンスクラス)、1/2oz以上のスピナーベイト、大型クランク用

●オリジナル6100H(ヴォイス)

>>1.5~2オンスクラスビッグベイト、クローラーベイト、1オンスクラススピナーベイト、ヘビーカバーテキサス、ラバージグ用。

 

新品で購入できるほどお金はないので、中古ではありますが少しずつロードランナーを揃え、釣りに彩を添えていけたらと思っています。

 

今後の再びロードランナーを使用して釣りをするサブイズムを見守って頂ければ幸いです。

 

まずは今月1回は釣りに行きたいと思っています(^^♪

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism