【釣車編】釣りフェスティバル2020振り返り★

世間が新型コロナウィルスで大騒ぎしていますが、私の頭の中には消しゴムがないようで、バス釣りのことしか考えていませんwww

 

本当に中学1年生で始めてからというものしょっちゅう釣りのことしか考えていません。

 

そういう意味では本当に進歩が無いと思っています(笑)

スポンサーリンク

 

こんばんは。デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

沢山の車中泊用釣車が展示されてた!

Sabu
今回は釣りフェスティバル2020まとめの釣車編の記事となります。

 

本当は結構詳細に紹介したかったのですが、思ったよりも写真の枚数が少なかったので、3つの事例を参考として挙げたいと思います。

 

正直記事の内容は激しく薄いですが、こういう夢のような釣車の展示があったんだなということで、写真をシェアさせて頂きます。

 

今回はハイエースを色々と車内をアレンジしている例が釣りフェスティバルの会場入って左手にいくつか展示されていました。

 

もう1つ断っておくと、私は車の種類を覚えたりするのが得意でないため、もしかするとすべてハイエースではないかもしれませんが悪しからず。

 

それでは3つの車内例を見ていきます。

スポンサーリンク

 

釣車モデルケース①

これはもうバサーが最も憧れる車内のデザインではないでしょうか?

 

天井に近い両端はロッドが収納収納でき、いつでもロッドを簡単に取り出し出来るようになり、身体全身をフルフラットで休ませることが可能です。

 

これで車中伯も楽しめそうですよね(^^♪

 

それでもって、下段は見事な収納スペースになっています。

 

これだけスペースがあれば、レンタルボートグッズを楽々収納することが可能です。

 

そういったものがない人(おかっぱり中心のアングラーであれば、布団とかも収納できそうです(^_-)-☆

 

旅が楽しくなる内装ですね!

 

釣車モデルケース②

先ほどのモデルケース①は結構お金もかかってそうな内容でしたが、これはかなりシンプルな内装。

 

これならば、ハイエースやそれに準じた大きさの車を所有している方であれば、十分真似することが出来そうです。

 

私は車中泊をしたことがありませんが、冬とかだと車内ってどのくらい寒くなるのでしょうか?

 

一度でいいからこういう車で寝泊まりしてみたいものです。

 

釣車モデルケース③

そして最後はトップ画像で使用させていただいた車内。

 

これはこれでありですね!フルフラット仕様の車内にしてしまうと、休んでいる時は寝そべるか、胡坐をかくしか出来なくなります。それか体育座りですねwww

 

これならイスと同様な感覚で車内で座ることも出来ますし、ちょっとしたタックルの準備も楽に出来そうです。

 

また、寝る時もソファと床で分かれることが出来れば、二人でも可能です。

 

心躍るようなワクワクする内装でした。

 

さあ、簡単ではありますが如何でしたでしょうか?

 

ちょっと前にツイッターでハイエースいいね!というツイートもありましたが、資金的に余裕があったり、既にハイエースをお持ちの方が居ましたら是非真似をしてみては如何でしょうか?

ちなみに私の釣車であるCX-5は後方シートを倒してもフルフラットにはなりませんwwwこれは残念なポイントです(笑)

 

俺の釣車マツダのCX-5!!軽油で低燃費のクリーンディーゼルSUVは最高の釣車だ★

2019.12.17

 

さあ、明日は釣りフェスティバルラストのまとめ記事。ライフジャケット編になります。こちらも興味深い内容ですよ!

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism