半日釣行の大減水津久井湖で1,670gのクオリティフィッシュをクリスタルSでゲット(*´ω`*)

昨日は母の日でした。

 

皆様はどのようなお祝いをされましたでしょうか?普段言えない感謝の気持ちを伝えることは出来たでしょうか?

 

1年に1度こういう日はいいですよね😆

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

半日釣行の大減水津久井湖

昨日の話なので、まあ夜に母の日関連で用事があったので、半日のみで津久井湖に出撃してきました。

 

実は車の車検もあり来週はちょっと釣りにも行けそうにありませんので、半日でも良いからどうしても釣りに行きたかったのです!

 

しかし半日釣行だと当たり前ですが、身体への負担が違います(笑)日曜日の場合はこれはアリだと思いました。

 

そして現在の津久井湖は超がつくほど減水しており、普段利用している沼本ボートは営業停止?のようです。

 

そして昨日利用した津久井観光ボートも正直今後減水が続くようであれば営業を見合わせるとのことです。大丈夫かな(^_^;)

スポンサーリンク

 

下記は2019年5月12日現在の状況です。突貫工事で作られた桟橋への道。。ボート屋さんの重労働に頭が下がります。

 

先週の2Daysで良い思いをしたので、今週も行ってきたのです。

大減水の津久井湖で令和初の45センチ1,300gのプリプリバスをノリーズウィンドレンジのデカコロでゲット(・∀・)!

2019.05.07

 

まずは本湖を攻める

とにかく5-6時間しか無いため、巻物中心で迅速にエリア選択を行っていきました。

 

事前情報では本湖方面はエアレーションが稼働しており、水温が低めとの情報でした。

 

でっ、三井大橋近辺~馬渡~馬渡近辺~寺下~ダムサイトをバイブレーションやメタルバイブで攻めるも無。

 

ダムサイト近辺ではニゴイ?の群れがジャンプしているくらい活性は高かったのですが、バスの姿を見ることは出来ませんでした。

 

ダムサイトで小型のニゴイ?がミノーにヒット。2匹目は名手方面でしたwww

 

結局水温が激低めで16度だったので、名手方面へ移動を決意。この時点で9時半近辺でした。

 

名手方面へ

名手方面はどうやら結構活性が高かったです。なんたって上記の写真の通り、メタルバイブでニゴイが釣れるくらいですから(笑)

 

このニゴイは、メタルバイブの着水できちんとバイトしてきたんです(笑)

 

あとで聞いてみたら岩盤エリアでは、ワームをキャストしてすぐにバイトが多発するようでした。少しはこういった釣りも勉強しないとな。。。

 

そして当方ですが、メタルバイブ(リトルマックス)を引きながら上流へ。水温はぐんぐん上昇し、17度~18度まで上昇していました。

 

メタルバイブは冬に使用するものと思っているアングラーもいるかもしれませんが、リザーバーを中心とするアングラーには1年中使えるアイテムかなと個人的には思っています。シャローOKだし深い部分も行けるので結構重宝しています。

 

先週とパターンに変化があまりないようで、これはもしかしたらと期待しながら名手エリアへ。

 

ブリブリの45センチ1,670gがクリスタルSで出た!

そして、やはり先週と同じ感じでクオリティフィッシュをキャッチすることが出来ました。

 

風が吹いたタイミングで攻めていると見事にこのブリブリフィッシュが出てきてくれました。最初あまりにも太いので、50アップかと思いました(笑)

 

今回はクリスタルSのオリジナル3/8オンスにてキャッチすることが出来ました。

それにしてもクリスタルSを中心としたノリーズのスピナーベイトはバスを寄せる力が半端ないですね(*´ω`*)

 

これはもうまた追加しないとな(笑)

 

さて、今後津久井湖の減水が心配ですが、今は結構多くのアングラーがバスを手にしているので、普段津久井湖にネガティブなお考えをお持ちのアングラーは一度御訪問してみては如何でしょうか?楽しいですよ(^^)

 

 

では、また後程!


Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism