大減水の津久井湖で令和初の45センチ1,300gのプリプリバスをノリーズウィンドレンジのデカコロでゲット(・∀・)!

GWが明けてしまいましたね(^_^;)

 

とはいえ、今週は4日間なので超頑張って乗り切っていきましょう!

 

今週末はまた房総半島行こうかな(笑)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

5月4日(土) Day1釣行@津久井観光ボート

GWの前半は房総の戸面原ダム、後半は津久井湖に2日間行こうと決めていました。

 

平成最後の釣行は23匹釣れた戸面原ダム(バラシも多数)!ハードベイトやワームで楽しい2日間を経験(^^)V

2019.05.03

 

そうです、今回は相模原のとあるホテルに1泊し、2日間の津久井湖釣行を実行してきました。

 

現在は沼本ボートさんが休業なので津久井観光ボートをメインに出船しました。

ただし、津久井観光さんもかなり減水の影響を受けています。

スポンサーリンク

荷物運ぶのが結構たいへんです(笑)駐車をしてから長い距離持って運んでいる方が多いですが、コーンの部分まで車をいれてその場でさささと荷物を下ろす方が賢いと思います。禁止ではないので、大丈夫だと思います。当方も初日そのようにしました。

水温は現在は朝は15度台です。

 

Day1は津久井観光より東側を切り捨てて、本湖をメインに攻めてみました。あまり寝ていなかったのでゆっくり目に出船。そして出船して15分で腹痛に襲われたので、一端桟橋へ(笑) 結局7時半位の出船でした。

 

まずは大沢ワンドへ

これはDay1なのですが、Day2はもっと減水が進んでほとんど水がないです(笑)

 

この時点でも生命感が全くなく、これはヤバイなと思い10分位で切り捨てました。

 

そして神社跡を攻めながら、馬渡方面へ。

 

馬渡ワンド

すいません写真を取り忘れました(笑)

 

ここはAMは不発。ただし、PMの13時頃には、Dスタイルのレゼルブにはチェイスがあったんですよね(笑)

 

 

で、フォローでガルプを投入するも不発でした。

 

それ以降はいろいろと回りました。

水中島を背にパチリ。

 

矢口ボート近くです。陸っぱりアングラーが多くボートでも釣りにくい状況でした。

 

ダムサイト付近で超でかいバスが!

ダムサイト付近では見えバスが結構いました。また時折かなりでかいバスが出てくる状況でした。ガルプのアースワームやマルキューのパワーイソメをここぞとばかりに入れてみたのですが、無視でしたね(笑)やはり津久井湖バスは賢いと思います。

 

 

 

特にパワーイソメですが、今回からはじめて導入。使い方はダウンショット用のシングルフックを頭からぐさり。ノーシンカーで使用なので、太サイズ(L)を購入。ダウンショット等でも使用するなら細、中もいいかもしれません。極太もあり、こちらも現在輸送中。購入しました。

 

臭いはガルプと違って、ブルーベリーの匂いなので扱いやすいです(・∀・)

 

 

そして本湖で結構粘ったのですが、その甲斐もなかったです。

 

突然の雷雨で14時で強制終了

でっ、先述の通り馬渡ワンドにてレゼルブで楽しんでいる際にゴロゴロと雷の気配がしました。

 

以前に津久井湖で死にそうなレベルの雷雨に襲われたことがあったので、これはヤバイ!と思い早々に津久井観光に戻りました。この時点で14時。もう少しやりたいと後ろ髪を引かれる想いがありましたが、命最優先でした。

 

 

帰着後、大荒れになり波も高くなりましたね。ざっぶんざっぶんという感じでボートも横揺れし、それに耐えながら片付けをしました。

 

そんあ感じでDay1が終了し、相模原市内の宿に向かいました。

スポンサーリンク



5月5日(日) Day2釣行@津久井観光ボート

昨日の雷雨が嘘のように天気が回復しました。ですが、地面がドロドロなのでこれは靴が汚れて大変でした(笑)

少し前日の名残があり、風が強めでした。

 

昨日は昼から午後でダムサイト付近にむかったので、この日は早めにそちらの方面に向かうことにしました。

 

日赤下~三井大橋手前

前日の釣果情報ではこのあたりでの実績が多かったので、ジャークベイトとバイブレーションを中心に攻めました。

 

加えてレゼルブも使用。

 

ですが、やはり前日の雷雨の影響か水もにごり気味で特に反応はありませんでした。

 

水温は前日同様に15度からスタート。

 

馬渡ワンド~馬渡ワンド出口近くのティンバー

結構早い時間帯8~9時ころでこの日は馬渡ワンドに入りましたが、無でした。

 

バスの姿は見えずにコイのみでしたね。レゼルブ~ミノー、バイブレーションを入れてみましたがノー感じ。

 

寺下~ダムサイト付近

馬渡に早く見切りをつけて、寺下付近を流していると何時も沼本ボートでお世話になっている津久井湖の達人そして当方の師匠であるI氏と遭遇。I氏いわく前日は調子が良く数本ゲットしていた様子。ですが、この日は本湖方面では厳しい様子とのこと。

 

色々と情報交換をすることで釣り的にもリラックスができました。

 

その勢いでダムサイトへ向かい、前日バスを見つけたエリアを再度攻めましたが、やはりバスの姿はありませんでした。

 

なので、ここも切り捨てました。

鐘ケ淵エリア~三井大橋付け根

このエリアではそこそこ水深があったので、リトルマックス1/4オンスのメタルバイブに切り替えて深場を狙っていました。

 

そしたら急にゴンっ!というアタリがあり、これは50アップかと思いきや巨ベラさんのスレでした(笑)

 

残念ではありましたが、引きを楽しむことが出来ました(笑)

 

結局このエリアもノー感じ。

 

三井大橋の付け根まで戻り岩盤エリアをガルプのダウンショットで狙いますが、根掛かりで死亡。結局このエリアも魚っ気なし。

 

大きな方針転換で名手方面へ

本湖側が全く魚の気配がしなかった(あくまで自分の印象として)ので、大きく方針転換で名手方面へ移動することにしました。

 

この時点で15時前でしたね。結構風が吹いていました。

 

番号で行くと6番、7番(下記をご参照ください)の岩盤エリアをリトルマックスで流していました。

(出典:津久井観光ボート)

 

水深は大体5m前後でしたが、このエリアでヒット!

 

ですが、水面近くでバレました(笑)ピックアップ寸前でのヒットだったので合わせが上手く行かなかったようです(悲)

 

そのまま名手橋までリトルマックスを投げますが無でした。

結構凄い景色でした。

 

名手ワンドでウィンドレンジが爆発して45センチ1,300gがヒット!

名手は思った以上に減水し、水深がかなり浅くなっていました。そのためか15時半位の水温はほぼ19度以上でした。

 

シャローに風が吹き付けており、ティンバーばぽつりぽつり。これはもしかしてと思い、ノリーズの新作スピナーベイトのウィンドレンジ1/2をシャロオーに投げてみるとガツンっ!!とアタリが!

 

 

やっぱり得意なルアーで攻めるのは困った時の18番ですね!

 

 

上記のようなナイスバスを釣ることが出来ました。やっぱりスピナーベイトはカエシがついているのでジャンプしても妙に安心感があります(笑)

 

 

心臓がバクバクでしたね。これで2日間の釣行が報われました(笑)

 

 

減水時にはリチウムバッテリーが超楽!!

余談ですが、リザーバーは減水の際に荷物の運搬が最高に面倒です(笑)

 

特に鉛バッテリーを長距離、アップダウンの激しい階段を持つのは身体に相当な負担がかかります。

 

ですが、流行りのリチウムバッテリーであれば身体への負担も軽く準備が相当楽です。なんせ10kgちょっとしかありませんから。鉛バッテリーは34kg(105Aで)あります。

 

最新魚探、高級ロッド&リールを購入するのも良いのですが、これにお金をかけると釣りの準備が相当楽になります。使っている当方が言うのですから間違いありません(笑)

 

(注:別にエヴォルテックジャパンの回し者ではありませんので悪しからず)

 

エヴォルテックジャパン SE-121000(リチウムバッテリー)の2ヶ月インプレ(*´ω`*)

2019.04.24

 

次回釣行は房総のあのレイクかな?

というわけで、結果は1本しか取ることが出来ませんでしたが、最後にドラマが待っている展開でした。

 

この日は実は50アップが3本も出ていました。結局釣る人は釣るということですね(^o^)

 

来週は車が車検なので、今週は房総に行こうかと思っています。やはり釣れる時期に釣れる癖をつけておかないとですね。

 

では、今週4日間頑張って行きましょう!

 

では、また後程!


Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism