2020年バスマスターオープンスケジュールとルール変更!初戦は1月15日から★

三連休最後、そして成人の日ですね!成人になられた皆様おめでとうございます!

 

素敵な20歳になりますよう心から祈っています!

 

こんにちは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:Bassmaster HP

スポンサーリンク

2020年バスマスターオープンがもうすぐキシミーチェーンで開幕!

(出典:Bassmaster HP)
Sabu
アメリカの話題を少しさぼっていましたが、実はもう2日後の15日から初戦が開幕します!

 

春の第1戦、2戦といえば、フロリダ戦が多い気がします。エリートシリーズの第1戦はセントジョーンズリバー、MLFは2目は2月にレイクオキチョビー、FLW Pro Tourは2戦目でハリスチェーンとなっています。

 

さて、昨年まで伊藤巧プロも参戦していたバスマスターオープン。

 

今年も昨年同様にイースタンオープンとセントラルオープンの2つで4試合ずつ開催される予定です。

 

今年の侍記事をまだ書いていませんが、プロ部門は昨年とは大きく変更はないと思われます。

 

参考までに2019年アメリカに挑戦したアングラー達の記事を貼り付けておきます。2020年版は後ほど今週にでも執筆したいと思います。

11月1日よりペイペイモールで最大20%還元!欲しかったあの釣具をお得に買っちゃおう!

2019.11.02

2020 イースタンオープンスケジュール

1月15日~17日:キシミーチェーン@フロリダ州

やった!大森貴洋Day6チャンピオンシップへ!【速報 Day5】ノックアウトラウンド!MLFバスプロツアー第1戦@キシミーチェーン(1/29~2/3) in フロリダ★

2019.02.03

 

昨年のメジャーリーグフィッシングの開幕戦が開催された場所です。この時は大森貴洋プロがファイナルへ。オープンでは、2018年2月の初戦でイースタンオープンが開催されています。

 

5月7日~9日:チェロキーレイク@テネシー州

優勝おめでとう!Jacob Wheeler!【速報 Day4&まとめ】B.A.S S.バスマスターエリートシリーズ第1戦 Cherokee Lake@TN★

2017.02.13

 

私の記事の中で見てみると、2017年の2月のエリート初戦でジェイコブウィーラーが優勝したのが記憶にあります。

スポンサーリンク

 

基本は、エリート、オープン、MLF、FLWツアーの開催場所を参考にしていますが、すべては把握できないので、参考程度に御覧ください。

 

8月6日~8日:オネイダレイク@ニューヨーク州

グラエバックスが逆転優勝!【速報 Day3】2019バスマスターイースタンオープン第4戦@オネイダレイク(9/5-7) in ニューヨーク州★

2019.09.08

 

昨年は第4戦の地として、9月に開催地となっていましたが、ここで並木敏成プロが見事に14位に入賞していました。

 

並木敏成14位入賞!【速報 Day2】2019バスマスターイースタンオープン第4戦@オネイダレイク(9/5-7) in ニューヨーク州★

2019.09.07

 

9月24日~26日 レイクハートウェル@サウスキャロライナ州

地元プロのブランドンコブが優勝!!【速報 Day4】2019バスマスターエリートシリーズ第3戦@レイクハートウェル(4/4-7) in サウスキャロライナ州★

2019.04.08

 

ここ最近では昨年の4月にバスマスターエリートの第3戦が開催されており、若手急上昇中のブランドンコブが見事に優勝しました。

 

イースタンはこのようなスケジュールになります。

 

2020 セントラルオープンスケジュール

4月9日~11日:ルーイスビルレイク@テキサス州

恐らくですが、ここ2-3年のバスマスターオープンでは初のフィールドになるかもしれません。

 

5月21日~23日:ニーリーヘンリーレイク@アラバマ州

ここも近年では初のレイクかもしれません。ボートドックが幾つか見えますが、これがキーになるのか?

 

6月18日~20日:アーカンソーリバー@オクラホマ州

ハービーホーン初優勝!【速報 Day3 Final】2018バスマスターオープン「セントラルオープン第2戦」@アーカンソーリバー(4/19~21)オクラホマ州

2018.04.22

 

2018年のセントラルオープンで4月の第2戦にて大会が開催されました。

 

この時は伊豫部健プロの16位が日本人最高でした。

 

9月10日~12日:サムレイバン@テキサス州

ブランドン・パラニュークが見事に優勝!!【速報 Day4 ファイナル】トヨタ・バスマスター・テキサス・フェスタ2017(エリートシリーズ) @レイク・サムレイバン★

2017.05.22

 

この時はパラニュークが見事に2017年のトヨタ冠のエリートシリーズを優勝した時の開催地となります。

 

2020 バスマスターオープンのルール変更点!

(出典:pixabay)

さあ、実は2020年のルールを確認していますが、少しルールが変更になっている部分があります。

 

それは、エリート出場枠の拡充です!少しだけどね(笑)

 

ということで、改めて2020年ルールを見ていきます。

 

クラシック出場資格

逆転優勝のオットデフォー!【速報 Day3】2019バスマスタークラシック@テネシーリバー(3/15-17) in テネシー州★

2019.03.18

 

イースタンオープンとセントラルオープンの優勝者各4名の計8名が自動的に2021年のバスマスタークラシックへの出場権を獲得します。

 

但し、各バスマスターオープンの4戦に全戦出場することが前提です。

 

The schedule will once again feature four events in two divisions — Eastern and Central — with the winners of each event earning an automatic berth into the 2021 Bassmaster Classic, provided he or she has fished all four events in that division.  

 

2021 バスマスターエリートシリーズ出場資格

伊藤巧バスマスターエリートシリーズ昇格確定!1年目にも関わらず破竹の勢いで素晴らしい結果です!

2019.09.16

 

昨年伊藤巧プロがエリートシリーズへの昇格を決めたオープン戦。

 

今年はそれぞれのデヴィジョンで、年間ランキング上位の4名(以前は5名だった)が昇格資格を付与されます。

 

つまり、この時点で8名です。そして次の項目が変更点です。

 

更に4名追加に!

イースタンオープンとセントラルオープンの総合順位(混合)の上位4名にもエリート出場枠が拡充となります。

 

The Top 4 anglers from each division’s final points standings will receive an invitation to fish the 2021 Bassmaster Elite Series. But as a new addition, Elite Series invitations will also be extended to the Top 4 anglers from the cumulative standings for both divisions.

 

これによって、トータル8+4=12名のエリート選手が2020年のバスマスターオープンから誕生することになります。

 

参戦費用が値上げ!

そして、オープンへの参戦費用も値上げとなっています。

 

プロアングラー:1試合US$1,800で前金がUS$800(以前はUS$1,500で前金US$500) 

 

コアングラー:1試合US$475で前金がUS$200(以前はUS$425で前金は同じ)

 

今回の8試合を通して、なんとUS$2 Million(日本円で約2.1億円)が拠出されます。

 

選手にとっては痛手にはなりますが、勝てばリターンも大きいのか!?

 

2021年は是非桐山孝太郎プロや、イヨケンにカムバックしてもらいたいですが、青木大介プロ、北大祐プロも新しくアメリカに挑戦しているので、彼らの雄姿も見届けたいと思います!

 

さあ、今年のオープン戦もとても楽しみです!

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism