逆転優勝のオットデフォー!【速報 Day3】2019バスマスタークラシック@テネシーリバー(3/15-17) in テネシー州★

今週は木曜日が春分の日で休みなので、嬉しいですね(*´ω`*)

 

あと天気もこの日がXデーになるようなので、アングラーにとっては釣りに行かないわけには行かないでしょう(笑)当方はどうしようかな(笑)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster

スポンサーリンク

 

優勝はDay1首位だったオットデフォー!

何と!Day1首位でDay2で4位だったオットデフォーが見事に逆転優勝を果たしました!(*´ω`*)

 

決勝は上位25名による競技でしたが、オットデフォーは25名中最高ウェイトの18lb-14を釣り、合計49lb-3で優勝!

 

2位のジェイコブウィーラーには最終的に約4lbの差をつけて優勝となりました。2位のジェイコブウィーラーも惜しかった。。

 

ジェイコブウィーラーがキター!!!【速報 Day2】2019バスマスタークラシック@テネシーリバー(3/15-17) in テネシー州★

2019.03.17

 

オットデフォーが首位!【結果 Day1】2019バスマスタークラシック@テネシーリバー(3/15-17) in テネシー州★

2019.03.17

 

【告知】2019バスマスタークラシック@テネシーリバー(3/15-17) in テネシー州が金曜日夜より開幕!ジョーダンリーの3連覇はあるか!?

2019.03.14

 

昨年の覇者であるジョーダンリーからトロフィーが渡されます。ジョーダンリーは結局Day3には進出出来ませんでした。

 

ジョーダンリーが2連覇達成!【速報 Day3】2018バスマスタークラシック!@レイクハートウェル(3/16~18) in サウスキャロライナ州

2018.03.20

 

(出典:Bassmaster)

この最後の家族とのパレードシーンは何度みても良いシーンですね(>ω<)

スポンサーリンク

 

“This is a dream come true — a dream I’ve had since I was a 9-year-old kid,” said DeFoe, who now has six career victories with B.A.S.S. “When we came over here and did the walk-through the day before the tournament, I actually imagined hearing my name after the words ‘Bassmaster Classic champion.’

9歳からの夢が叶ったと述べているオットデフォー。自分の名前が呼ばれることをイメージ出来ていたようです。

 

とはいっても下記を見て分かるように2日目は僅か10lbと順調な流れではなかったんです。

Ott DeFoe 5 / 20 – 0 5 / 10 – 5 5 / 18 – 14 15 49 – 3 $300,000

 

 

オットデフォーの優勝パターンは?

(出典:Bassmaster)

 

オットデフォーは最初のDay1はショアラインから離れたオフショアのエリアで1日を過ごしました。キーとなったのルアーはストームの嵐を使用していました。その「ラスティクローパターン」というのが肝だったようです。

 

そして、二日目は打って変わってシャローのボートドックエリア(上記写真)を中心に攻略していたようですが、10lb弱しかキャッチが出来ませんでした。キーとなったルアーは、3/8オンスのブレードジグでした。

 

最終日の3日目も2日目同様にブレードジグを使用しましたが、2日目の場所からマリーナの外に移動して釣っていたようです。きっかけとなったのはキースポシュとの会話だったとか。

 

クラシックDay3最終TOP10ランキング

(出典:Bassmaster)

最終トップ10ランキングは上記のようになっています。

 

 

2019 Classic Final Weigh-in

 

スポンサーリンク



2020年のクラシック開催地は?

どうやらまだ2020年のバスマスタークラシック開催場所は謎のようです。

 

今年2019年でクラシックに出場しなくなるアングラーも多くいます。それはMLFのバスプロツアーに移籍してB.A.S.S.の大会にこれ以上出場していない選手達です。

 

下記のKVDの写真は印象的でした。

(出典:Bassmaster)

 

これはもしかすると、もうB.A.S.S.には戻ってこないという意思の現れかもしれません。さて、どうなるか!?

 

 

では、また後程!


Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism