ダイワから20タトゥーラSV TWと20スティーズAIR TWが登場!スプール小径化革命だ!

急なダイワからの新製品発表に驚きを隠せません。

 

今回のジリオンは来月2019年の12月で、スティーズエアは来年1月発売と年々発売時期が加速しているような。まあ12月ボーナスの企業が多いので、3月発売よりは良いかと思いますが、フィッシングショーでの感動は薄れるかもしれませんね!

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:ダイワ

スポンサーリンク

 

19タトゥーラSVTWモデルが32ミリ径スプールで登場!

₍出典:ダイワHP₎

Sabu
さあ新製品のオンパレードが開幕です!まずは19タトゥーラに新たにSVスプール+TWモデルが追加となりました!

 

19タトゥーラといえば、私が最も溺愛するダイワのベイトリールです。それは手の小さいアングラー向けに設計されており、コンパクトかつナロースプールから繰り出されるキャストがビシバシと決まるからです。

 

ダイワ 19タトゥーラ100TW専用のタトゥーラ100ナロースプールが純正より安くSLPワークスから登場!

2019.09.01

 

それにSVTW機能が加わることでさらに使いやすいさはネクストステージに行くことになるでしょう。

 

そしてそれにとどまらず、近年ダイワが力を注いでいる小径化の恩恵として32ミリスプールとなります。ここはもしかするとちょっとシマノのSLX MGL70を意識しているかもしれませんね!

 

【4ヶ月インプレ】シマノ 19SLX MGL70シリーズのメリット・改善点を実釣での経験で書いてみる★

2019.10.19

 

とは言え、17タトゥーラSVTWでは33ミリスプールを搭載していたので、こちらのアイテムは略廃番でしょうか?

 

【ネガティブインプレ】ダイワ 17 Tatula(タトゥーラ) SV TW 8.1Rのここが嫌い!★

2017.07.25

 

19タトゥーラSVTWの発売は2019年12月!

₍出典:ダイワ₎

今回は発売が早いです!なんともう来月の12月に19タトゥーラSV TWは発売となります。

スポンサーリンク

 

それにしても、このフォルムはどこかでみたことありますね(笑)16スティーズSVTWを上から見た絵とまったくそっくりだと思うのは私だけでしょうか?

 

今回の変化点は以下。

1、ハンドルが新しい85ミリ長ハンドルに変更。

2、スプールが32ミリ径に。

 

ただし、SVを搭載するということは、最後の伸びが失速する可能性が多いにあります。私は19タトゥーラが出た時にマグフォースZへの回帰か?という記事を書きましたが、どうやらSV機種としては押さえておきたかったようですね、ダイワさんは。

 

ダイワ19タトゥーラTWがプロジェクトT2019より正式発表!マグフォースZへの回帰か?(・∀・)

2018.12.11

 

基本の機能はHPを見てください。

19タトゥーラ SV TW HP

 

但し、32ミリ径スプールを搭載するということは、もちろんギア比を上げようとも巻き上げはそこまでという感じになります。

 

とりあえず、1台は購入してみたいと思っています。ギア比は8:1ですかね。

 

20スティーズAIR TWが28ミリ径の超小型スプールを纏いAIR系で登場!

₍出典:ダイワ₎

Sabu
14SSのエアから約5年。遂に沈黙を破りAIR系の新しいリールが発表になりましたが、こちらは68000円もします。流石に高すぎです!

 

スティーズCTSVTWがプロジェクトT2019エピソード3にて発表!30mmSVスプールを搭載★

2018.12.26

 

SSAIRの後継機種として登場と思うのですが、昨年に30ミリ径でCT系をミリオネア、アルファス、スティーズで発売したダイワ。今回は重量も135gで最強の軽さも維持しています。

 

ちなみに16スティーズSVTWは160g、スティーズCT SV TWは150gです。

 

価格はなんと68,000円とのことであっけにとられてしまいました。

 

正直これでは使用するアングラーの数は限られてしまうでしょう!

20スティーズは2020年1月発売予定

Sabu
スティーズAIRの発売は1月ですがここまであと少ししかありません。

 

今回のスティーズAIR TWの大きな特徴は28ミリ径の極小スプールにあります。こちらがどう影響してくるか見ものです。

 

ちょっとお値段も高すぎるので、購入者は限られることと思いますが、発想として28ミリ径スプールはアリだと思います!

 

さあ、これだけ前もって新製品が発売されてしまうとなると、2020年のフィッシングショーが少し寂しくなる気もしますね。。

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism