スティーズCTSVTWがプロジェクトT2019エピソード3にて発表!30mmSVスプールを搭載★

本日は工事現場にて作業となります。

 

何時もはお得意先をまわる営業なので、たまにはこういった内容の仕事もいいですね(*´ω`*)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:ダイワYourtube

スポンサーリンク

 

スティーズCT SV TW誕生!

(出典:ダイワYoutube)

先程紹介したミリオネアのCT SV70に続き、スティーズもCTをまとって新たに2機種発売になります。スティーズブランドは10年以上経過しても根強い人気がありますね!

 

今回のスティーズはスプール径がミリオネア同様に30mm径となり、そのキャスタビリティーも現在の16スティーズSVTWよりも大分扱い易いものになるのかと思われます。

 

【ミリオネアCTSV70】遂にダイワの名機ミリオネアが30mm径SVスプールを搭載して再降臨!買うわこれ!

2018.12.25

 

ただし、見方によってはCTタイプにしただけで、特段大きな変更がないとも言えます。

 

プロジェクトT2019エピソード3

ダイワは新製品を2016年頃からこういったユーチューブにて配信をしていますが、やり方も上手ですし見せ方もユーザーがワクワクするものになってきているのではないかと思います。

 

ダイワ19タトゥーラTWがプロジェクトT2019より正式発表!マグフォースZへの回帰か?(・∀・)

2018.12.11

 

昨日はちょうど釣具店にてルアマガ2019年2月号が発売となりましたが、それに合わせて上記の動画も配信しています。

 

今回の動画では、USプロではなく日本のプロたちが30mm径スティーズの使い心地をレビューしてくれています。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スティーズCT SV TWスペック

今回のスティーズCTSVTWの特徴としてはSHのギア比がありません。つまり6.3の黄金比率と8.3のエキストラハイギアの2種類のみとなります。

 

でも前から思っていたのですが、自分もSHは殆ど使用しないです。ちゅっと中途半端というか。。6.3と8.1があれば大概大丈夫な気はします。

 

またスプール径が30mmになることで、今までよりもより軽量なルアーであるベイトフィネスの領域もカバー出来るようになるようです。つまり14SSエアーのような機種はもう出ないのかもしれませんね(←少し期待していた)。もちろんフロロ、PEも抜群に扱い易いようです。

 

ギア比

6.3と8.3の2種類が発表されています。

 

ドラグ力

4.5kg。

 

重量

150gです。参考までに今の16スティーズSVTWは160gとなり、約10gの軽量化が図られています。

 

糸巻き量

12lbで70m、14lbで60m巻くことができます。飽くまでナイロンラインという限定がありますが。これはミリオネアCTSV70と同様。後に紹介するアルファスCTSV70も同じスプールを使用しているので、互換性があります。

 

ベアリング数

ボールベアリング12個、ローラーベアリング1個の計13個を搭載。

 

価格

価格は税抜きで58,800円。スティーズらしい価格帯です。

 

発売時期

2019年の3月発売予定とのことなので、おそらく3月下旬でしょう。これはダイワのいつも通りの流れです(笑)

 

追記(2018年12月29日)

どうやら各方面で色々な情報が+αで出ています。少し追記しておきます・

バサーインプレ記事&動画

 

Basser インプレ記事「スティーズCTSVTW」

 

沢村幸弘プロの「サワムラ式」

どうやら沢村プロの開発協力があったようですね。

ベイト&タックル キャリル代表/JBトップ50プロ 沢村幸弘公式ブログ。K.T.F.チューン開発状況・トーナメント参戦・日々の出来事などを綴ります。

 

さて、2019年はこのCTシリーズに大注目です!次回はアルファスCTSV70を紹介!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yoichiro Hara)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism