ダイワ 19タトゥーラ100TW専用のタトゥーラ100ナロースプールが純正より安くSLPワークスから登場!

昨晩は2回目のいきなりステーキに行ってきました。

 

スタンダードのワイルドステーキ300gを食べたのですが、食べ応えありますね!駅前でステーキが食べれるということで、今後利用率が上昇しそうです(*‘∀‘)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: SLP WORKS

スポンサーリンク

 

超々ジュラルミンのナロースプール登場!

SLPワークスより19タトゥーラ100TW向けの超々ジュラルミンスプールが発売されることになりました。径はφ34です。

 

特徴は下記の2点!

1、素材が超々ジュラルミン

2、スプール重量がオリジナルスプールより1g軽量化

 

最初にデフォルトでついているスプールですが、「高強度アルミ製マグフォースZスプール」となっています。

 

何時も不思議に思うのですが、このスプールの素材とかってダイワのHPにはないんです。

 

でっ、何で調べたかというと下記の清水盛三プロのインプレ動画です。

(出典:ダイワ)

超々ジュラルミンのスプールの重量が16gということは、今回1gの軽量化となっているので純正スプールは17gとなります。

スポンサーリンク

 

たった1g?と思われるかもしれませんが、純正スプールでもそれなりの飛距離が出るので素材変更+軽量化はかなり大きなアドバンテージになるのではないかと思っています。

 

また、スプールの幅が狭いナロー化(19アンタレスは19mm)で流行っていますが、このタトゥーラのオリジナルは21mm幅となっています。今回のナロースプールがどのくらいの幅かは記載がないので不明ですが、そういった意味で元々飛距離がでるのですね。

 

実際当方は、100H、100SH、100XHの3台を現在所有しているのでその使いやすさはそれなりに認識しています。17タトゥーラSVは個人的にもう不要とまで思っています。

 

ダイワ19タトゥーラTWがプロジェクトT2019より正式発表!マグフォースZへの回帰か?(・∀・)

2018.12.11

 

対応機種の注意点

対応機種については要注意です。

 

以下SLPワークスHPより抜粋。

【対応機種】
19TATULA TW100サイズ(Φ34ナローボディ)
TATULA CT TYPE-Rシリーズ(Φ34ナローボディ)

※TATULA 100シリーズ(Φ34)、TATULA SVシリーズ(Φ34)、TATULA HDカスタム150サイズ(Φ36)には対応しません。

 

これは間違えないようにしたいです。

 

何故か価格がオリジナルスプールより安い

皆さん不思議に思いませんか?実はこのスプールは純正スプールよりも性能が良いにも関わらず価格が安いのです(笑)それも1,600円近くもです。

 

このTATULA 100 NARROWスプールは税抜きで6,480円(税込みで6,998円)。

 

一方でオリジナルの純正スプール(高強度アルミ製)は何と税抜きで8,000円(税込みで8,640円)もしますwww

これはもう純正スプールを購入するメリットは低いように思います。

 

SLPワークスは良いオプションスプールを展開!

現在スピニング用のLTスプールのTYPE-αも格安の価格で発売されており、スピニングの場合はドラグ用のベアリングも追加されています。

 

ここ最近のSLPワークスではもう1つスプールがほしいアングラーの為に相当なコスパアイテムを提案してくれているように思います。

 

まあ、その他でもイグジスト専用スプールであったりと色々あります。

 

まずはお一つ試しに購入して使用してみるのもありですね!

 

当方もこのナロースプールを購入してみたいと思います。

 

本日は超お気に入りの19タトゥーラSVについてのオプションスプールの件でした。

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism