タトゥーラエリート100/PF103シリーズ登場@ICAST2019!USAダイワがタトゥーラTW100をリファインさせて死角無し!?

さあ、ICAST2019関連を連投していきたいと思います。

 

今回は当方も溺愛するダイワのニュータトゥーラTW100シリーズのアップグレード版であるタトゥーラエリート100シリーズについてです!

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:USA DAIWA、TakcleWarehouse

スポンサーリンク

 

18タトゥーラ/19タトゥーラを溺愛(^^)V

実は現在新しいタトゥーラTWについては、18タトゥーラTW100H(US版)と19タトゥーラTW100XHの2つを持っており、本日もう1台追加で着弾。3代目は19タトゥーラTW100SHです。これで合計3台www

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Addtional 19Tatula TW100SH. I love this baitcasting reel so much! 3台目の購入笑このリールはかなり使い易いです( ´ ▽ ` ) #bassfishing #fishing #lod #reel #daiwa #shimano #lure #tatulatw100 #sabuism #バス釣り #タトゥーラ #レンタルボート #ダイワ #シマノ #釣り #サブイズム

Sabuism2.0さん(@sabuism)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

若干ピーキーな部分もあるのですが、とにかく飛距離が出るので気に入っています。後は手が小さいのでパーミングが楽なんです(^^)V

 

タトゥーラエリート100シリーズ

(出典:USAダイワ)

えーと19タトゥーラを3台購入しました(内1台はUS製ですが)が、新しいやつ出ちゃいましたね(笑)ただし、これは飽くまで現在の19タトゥーラTWのアップグレード版となりますので、もちろんお値段も変わってきます。このシリーズで揃えるとなると簡単ではなくなりますね(・∀・) 

 

でっ、気になるアップグレード箇所ですが、主に3つとなります!

 

では見ていきましょう!

サイドプレートもアルミになり耐久性と剛性が更にUP

(出典:Tackle Warehouse)

タトゥーラエリートについては、ボディのみならずサイドプレートまでもがアルミのサイドプレートとなり剛性がアップ!

 

現在のタトゥーラTW100は本体はアルミのフレームですが、サイドプレートは樹脂のようです。

 

スプール素材が軽量素材A7075のアルミニウムスプールに!

A redesgined A7075 aluminum spool is extremely lightweight, allowing for increased casting distance with minimal effort. The highly-tuned magnetic based Magforce braking system has been tweaked from our industry leading Magforce system to maximize casting distance. The combination of the newly designed spool and the fine tuned braking system allows for an effortless cast, as the startup inertia of the spool is much lower. The Tatula Elite allows for maximum distance with minimum effort.

最小限の力でキャストの飛距離を伸ばせると謳っています。A7075素材は所謂超々ジュラルミン素材です。

 

現在市場で出ているタトゥーラは「高強度アルミ製マグフォースZスプール」となっていますので、超々ジュラルミンと比較すると重量は重いということがわかります。これだけでも飛距離が変わりそうですね(^^)V

 

そして、糸巻き量も少し増えているので太い糸を使用する傾向にあるアングラーにはおすすめですね!

 

MONO: 12lb/150, 14lb/125となっています。

 

関東のレイクでは少しオーバースペックかもしれませんね!

 

 

ピッチングフリッピングに応じたマグブレーキの再設計

上記の「高強度アルミ製マグフォースZスプール」では、弾道が伸びないだろうということで、今回はピッチングやフリッピングにも適したマグブレーキを再設計したようです。

 

ただし、それらに特化したアイテムとなると次のタトゥーラエリートP/Fの方が良いかなとも思います。

 

ハンドルノブで好みが分かれそうですがね(笑)

 

ラインナップ

(出典:USA Daiwa)

タトゥーラエリート100シリーズはノーマル、HS、XHの3種類のラインナップとなります。

 

重量も0.2オンス軽量化。スプールの軽量化が影響していそうですね!約6gの軽量化です。

 

お値段は239.99米ドル。

 

タトゥーラエリートPF103シリーズ

(出典:USAダイワ)

はい、タトゥーラエリートと平行してタトゥーラエリートP/Fというシリーズも発表されました。これはもうピッチングとフリッピング専用のリールとなります。

 

先程のタトゥーラエリート100シリーズでもピッチングとフリッピングをしやすくしたと記載しましたが、こちらは特化モデル。

 

特徴は以下。

Low-MASS A7075(超々ジュラルミン)スプール

何が違うかというとスプールのセンター付近のウェイトを減らしているとブレントエーラーは動画で言っています。

 

それによってピッチングやフリッピングがやりやすくなるということでしょうか。具体的にそれがどう違うのか試してみたいですね。

 

100mmのパワーハンドルとNew EVAノブ

(出典:Melton International Tackle)

この特徴的な100mmオーバーのハンドルとノブがフリッピングに適したものとなっています。

 

今回ジリオンのHDモデルもリファインされましたが、それと同じノブになります。

 

スペック表

(出典:USA Daiwa)

糸巻き量が14lbで100m、16lbで90mmとなっている点がポイント。タトゥーラエリート100よりも糸巻き量が少ないのは、先程のLOW-MASSが影響しているのでしょう。

 

お値段はタトゥーラエリートより10ドル高い249.99米ドル。

 

おそらくこれらのアイテムも来年の釣りフェスティバル2020には展示されそうですね!間違いなく売れるアイテムの1つになると思います。

 

ダイワの進化にブレントエーラーも驚いていましたね。

 

技術の進歩そして、ダイワの商品開発力は本当にアグレッシブだと思います。

 

今回はアップグレードしたダイワのタトゥーラエリートとタトゥーラエリートPFモデルの紹介でした。

 

<ICAST2019 関連記事>

CONCEPT BOSS(コンセプトボス)登場!13Fishing よりブラスギア&CZB搭載のハイエンドクラスのベイトリールがICAST2019で登場!

2019.07.13

 

シマノSLX DCが ICAST2019でお披露目!2020年の釣りフェスティバル2020で日本デビューもあるか!?

2019.07.10

 

KAGE LT(影LT)がICAST2019で登場!影シリーズはロッドだけ有りましたが、遂にリールも登場(^^)

2019.07.12

 

【告知】ICAST2019がフロリダのオーランドにて開幕(7/9-12)!今年も魅力溢れる新製品が沢山登場します(・∀・)

2019.07.02

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism