19ストラディックがシマノから急遽発表!?2000番サイズが関東のバス釣りには使い易そう★

急遽な発表があったので、さっくりと見ていきます。

 

実はシマノから19ストラディックのお知らせが昨晩のツイッター上を駆け巡りました。

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:シマノHP

スポンサーリンク

 

19ストラディックが堂々と登場!

(出典:シマノ)

新しい19ストラディックが発売になるようです。前回からの気になるポイントが改善されているので、これはいいですね。

 

デザインは基本のシルバーはそのままで、差し色としてシマノの代表格とも言えるブルーカラーが入っています。

 

 

機種は全部で13機種登場!

(出典:シマノ)

何時もストラディックのスペック表を見るたびに思うのが、2500Sから急激に重くなるということです(笑)

 

2000サイズまでは185gなのでそこそこ快適に使用することが出来ます。

 

ベイトリールはそこそこ重くても使用する気になりますが、スピニングリールは細かい動きをするので、重量系のスピニングリールを使用していると結構手首に負担が来ます。

 

そういった意味でこの19ストラディックを購入するのであれば2000番のハイギヤがいいのではないかと個人的に思っています。

 

19ストラディックスペック表

 

ロングノーズスプールがオススメ!?

(出典:シマノ)

18ステラ、19ヴァンキッシュにしか搭載されていないこのスプール機能が採用されるのはかなり凄いことですよね。

 

これで、さらに軽いルアーを遠くにキャストすることが可能になるのでしょう!

 

その他にも色々良い部分がありますが、下記のスペック比較表を見るのが違いを理解するには一番はやいです。

スポンサーリンク

当方はバス釣りがメインなので気にしないですが、コアプロテクトはなくなったのですね。これはソルトアングラーには痛いかもしれません。やはりコストとの兼ね合いでしょうか?

 

Xプロテクトは、「搭載箇所はラインローラー部とボディ(ローラークラッチ)部」に搭載のようです。まあ、これがあるだけでもとりあえずは一安心ですね。

 

ハンドルが一体のねじ込み式になりガタツキが減る!?

(出典:シマノ)

以前に16ストラディックのハンドルがガタつく記事を執筆しました。実は16ストラディックかなり気に入ってて2台持ちだったのですが、結局折りたたみ式のねじ込みハンドルの為ガタツキがあったんです。

 

 

 

【実証動画】シマノ16ストラディックC2500HGSと2500Sのハンドルガタツキ(´;ω;`)★

2017.08.11

 

【ネガティブインプレッション】SHIMANO 16’ STRADIC(シマノストラディック) CI4+ シリーズ★

2017.08.09

 

でもこの折りたたみ部分がなくなってシマノさんも、

 

上位機種と同様、ネジ込み式のハンドル固定構造を採用。あそびの無いダイレクトな巻き上げが可能です。

 

と謳っています。

 

これはもう売れそうですね!

 

お値段的には、2500Sで3%位の値上げをしていますが、これなら前々OKでしょう!

 

SLX MGLといい、19ストラディックC2000HGSといい気になる機種がシマノのにも出てきました。買うかもしれません(笑)

 

発売が待ち遠しいですね!

 

でも、きっと2020年にはCI4+バージョン出るんだろうな(笑)

 

では、また後程!


Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism