ハイスペック釣具かリーズナブルスペック釣具か!?2020年はみんなどうする!?

ここ最近のお仕事は海外営業をしているので、事務所では営業といってもほぼ着席www

 

営業だから本当はもっと外に出たいのですが、そこまで出る用事はない。

 

これは本当に困るんです(笑)なぜなら太るからwww

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

2019年はリーズナブルタックルに身を投じた1年

Sabu
今年1年は本当にこのリチウムイオンバッテリーの影響もあり、リーズナブルタックルに身を投じた1年でした。

 

はい、リチウムイオンバッテリー費用が15万近く要ったために、愛用していたロードランナーシリーズや他の道具を一斉に手放したんです。

 

それでもあまりお金は積めず、結局7万位は他から出しました(笑)結局リチウム買うためにめちゃくちゃ断捨離したんですよね(笑)

 

これはもう腰の悪い私からしたらタックルを手放してでも、バッテリーが欲しかったのです。そしてこのエヴォテックは安心の日本メーカー品でしたからね!

 

ああ、そうだ脱線しますが、エボテックのリチウムバッテリーのインプレッションですが、4月以来してないですね(笑)

 

今年あと2-3回ほど釣りに行きますが、年末ころに2019年のリチウムバッテリー使用感について執筆してみたいと思います!

 

さて、話を戻すと今年は8千円位~1万5千円くらいのロッド&リールタックルをメインに活動してきました。

 

ダイワ19タトゥーラTWがプロジェクトT2019より正式発表!マグフォースZへの回帰か?(・∀・)

スポンサーリンク
2018.12.11

 

以前は高級タックルばかり使用してた!

【インプレ】シマノカルカッタコンクエストBFSにヘッジホッグスタジオのジュラルミンクラッチを装着してみた★

2017.09.05
Sabu
ちょっと一例としてシマノカルカッタコンクエストBFSの写真を載せてみましたが、ロッドはもちろんロードランナー(笑)以前はお値段の良いものばかり使用していました。

 

特にアメリカにいた2015年ころはベイトリールはほぼスティーズ(リミテッド、並木モデル、通常スティーズ₎しか使っていませんでしたし、スピニングリールは14ステラを2台所有していました。

 

確かに、バハマでボーンフィッシュを釣り上げた際には14ステラで良かったなと心底思いました(^^♪

 

なんせ釣りロマン風に言えば、ボーフィッシュの別名は「浅瀬のゴースト」。一回ヒットすると100m位は走るとのことでしたが、私の場合はそこまでではありませんでしたwww

 

でもこいつで大体5lbでしたね。ニゴイの進化した感じの魚ですね、ボーンフィッシュは。

 

この時のバハマ釣行記はこの冬にでも初ブログ記事に出来たらと思っています。とんでもないビッグフィッシュのオンパレードでしたね!

 

それから2014年のフロリダ釣行もやばかったですwww

 

さて、アングラーは何故高価なタックルを使用するのでしょうか?それがお金持ちなら分かりますが、お金持ちでもなくても無理して高価なタックルを買う傾向がバス釣りにはあると思います。

 

私の場合、高級タックルはもちろん自分が使いたい!という釣り人の性的な気持ちから積極的に使用していたのですが、やっぱり他の人に対する見栄っ張りな部分も今思うとあったのだと思います。

 

俺はこれだけスゲータックル持ってるけど君はどうなの?みたいな(笑)これって超嫌な奴ですよね(笑)

 

まあでもそんな他人よりも良いものを使用している自分カッコよい的な考えがありました。

 

ただ、道具に傷が付くのが気になっていたので、釣りをしている最中にあまりワイルドな動きが出来なかったですね(笑)

 

そうしてるうちにあまり高価な物でなくても釣れるなーという考えが芽生えてきました。

リーズナブルスペック釣具の良いところ★

Sabu
リーズナブルタックルの良いところはとにかくガシガシと扱えるので、現場でイチイチタックルを気にしない点が良いと思います(笑)

 

こういういい方は語弊がありますが、安いから傷が付いて最悪壊れてもまた買えばいいやということで、ある意味開き直ることが出来ます。

 

開き直れば、釣りに対してのコンセントレーションも必然と上がってきます。

 

そう、なので今年2019年は結構良い年だったなと個人的には思っています。

 

トップの画像は、シマノのアメニスタ+SLX MGL70Hの組み合わせ。こいつは三島湖のクランキングで活躍してくれました。

 

ナイスフィッシュをもたらしたゾディアスシリーズ

 

今年最高のフィッシュだったのは、津久井湖で5月と6月にゲットしたクリスタルSでの1670gと、デカダッジで釣り上げたこのバス!実は両方ともロッドはシマノのゾディアス2ピースロッドでした。

 

前者は166MH-2。

後者は172H-2

 

それ以外にもタトゥーラロッドも活躍してくれました。

 

そう、おそらくですが例年以上に良い釣りが出来たのではないかと思っています。

 

あ、早々多々良沼の46センチもアメニスタでした。

 

しかも自分が最近はまっているのが、2ピースロッド。これについてはまた別記事で書きたいと思います。

 

まあ、正直バス釣りなんて趣味なわけですから好きな道具を使用すればよいんです。

 

ですが、一度高価なタックルを使用してみて分かったのですが、リーズナブル釣具の方が釣果に繋がる気がします(笑)気のせいですかね(笑)?

 

ちなみに2019年一番購入してよかったのが、約8000円のシマノの18バスワンXTロッドでした。インロー部分はダサいですがね(笑)

 

シマノ18バスワンXT 1610H-2は2019年に購入して最も良かったロッドかも!?

2019.11.25

 

2020年もリーズナブル釣具を購入して沢山インプレしていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

 

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism