【まとめ】2022 バスマスターエリートシリーズ#3 @サンティークーパーレイクス(3/17-20) in SC州.

いよいよつりぐのブンブン相模原店が土曜日からオープンです(^^♪

 

色々と貴重な釣具を購入することが出来るので楽しみです( *´艸`)

 

こんにちアイテムは!デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」、 TwitterフォローInstagramフォローを押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。

 

Source: Bassmaster

スポンサーリンク

クラシックと同じSC州

バスマスタークラシック後のエリート第3戦となりました。

 

クラシック出場選手も多くいることを考慮して、エリートのレギュラー戦もサウスキャロライナ州での実施となりました。

 

ジェイソンクリスティ優勝!【まとめ】2022 Bassmaster Classic @Lake Hartwell (3/4-6) in SC state

03/07/2022

 

それでは今回も簡単にツイッターでの投稿をまとめていきます。

DAY1

今回はかなりのウェイト戦となり、日本人選手の初日スタートも好調でした。

 

全員がDay3への進出圏内となっていたほどです。

 

Drew Cookのウェイトからもウェイト戦になりそうなのが見て取れます。

DAY2

明暗が分かれたのがDAY2でした。

 

経験値の差からか?伊藤巧プロが見事にDay3への進出を果たしました。

 

DAY3キャンセル

天候不良により、延期となりました。

DAY3

伊藤プロ惜しくもDay3で敗退となりましたが、207ポイントでAOYランキングは23位となっています。

 

DAY4

優勝は連日1位をキープしてきたDrew Cook.

 

地元出身のアングラーではありませんでしたが、見事に優勝を飾りました。

 

さて、伊藤プロのランキングは先ほど書きましたが、他の日本人プロでは木村プロが158Pで48位。

 

松下プロは150Pで54位。青木プロは51Pで92位となっています。

上位プロ達のキールアー

上位陣の使用したルアーを下記のリンクで確認できます。

 

👉サンティークーパーヒットルアー

 

次回は4/7-10でTN州のチッカマウガレイク

次戦はチッカマウガとなります

 

昨年のエリートでは伊藤プロがDay2で敗退となったチッカマウガ。

昨年は10月開催だったんですね。

 

さて、今年は4月上旬となります。

 

結果が楽しみです。

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism