藤田京弥日本人タイ!【まとめ 】2022 バスマスター セントラルオープン#1 @ロスバーネット in MI州(4/28-30)

GWも折り返しになりましたね( *´艸`)

 

さあ、残りも楽しんでいきましょう♪

 

こんにちアイテムは!デジ物書きのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」、 TwitterフォローInstagramフォローを押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。

 

Source: Bassmaster

スポンサーリンク

セントラルオープン開幕戦!

バスマスターエリートシリーズが大変盛り上がっていることは既にお伝えしましたが、バスマスターオープンも大分キテマス!

 

伊藤巧プロがトップ!【速報】2022 バスマスターエリートAOYランキング★

04/24/2022

 

特に今回のバスマスターオープンは日本人選手が7人も出場していました!

 

これはもう応援するしかないと思います!

 

今回も注目すべき選手は時の人になりつつある藤田京弥プロ(^^♪

 

さあ、ロスバーネット戦がどうだったのか見ていきましょう。

 

ちなみにロスバーネットについては藤田京弥プロのインスタに詳しく記載されています。

 

どうやら結構運転が大変だったようですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤田京弥(@fujita_kyoya)がシェアした投稿

スポンサーリンク

Day1

北プロが日本人選手の中でトップでした。

 

日本人の中で2位はなんと藤田京弥プロ。並みいる経験者を押しのけての成績でした。

 

Day2

Day2ははっきりと明暗が分かれ、藤田京弥プロが日本人選手の中で最高位でした。

 

藤田プロの詳細な2日間の様子は下記インスタにて解説があります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤田京弥(@fujita_kyoya)がシェアした投稿

北プロは、初日のアドバンテージをDay2につなげることが出来ず、89位まで下がってしまいました。

 

これでセントラルオープン初戦の日本人決勝進出はなくなりました。

 

木村建太優勝!&藤田京弥鮮烈なデビュー!【まとめ 】2022 バスマスター ノーザンオープン#1 @ジェイムズリバー in VA州(4/14-16)

04/17/2022

 

Day3

やはりエリートプロは強いです!

 

Source: Bassmaster

使用したルアーはフロッグ、テキサス、ヘビキャロがメインだったようです。

Source: Bassmaster

フラットのベジテーションはSnag Proof Bobby’s Frogで釣ったようです。

Source: Bassmaster

ヘビキャロについては6インチのネットベイトのリザードワームを4/0で使用。ウェイトは1/2オンスだったようです。

Source: Bassmaster

テキサスリグは、ネットベイトの11インチ C-Macワームを使用したようです。

 

ネットベイトってあまり日本では聞きませんがどうなんでしょうか?ハニスポさんとかで取り扱いあるようですね。

 

URL:https://americanbaitworks.com/pages/netbait

 

トップ10選手の使用ルアー

Source: Bassmaster

セントラルオープントップ10選手のルアーについて見ていきたいのですが、全てを載せるのは難しいので、リンクを載せておきます。

 

興味のある方は下記リンクよりご覧ください。

 

👉https://www.bassmaster.com/opens/slideshow/top-lures-at-ross-barnett-2022/1019741

セントラルオープン第2戦

次回のセントラルオープンは9月22日~24日にてレッドリバー(LA州)にて。

 

レッドリバーの動画を載せておきます。

 

 

次回も日本人選手の活躍に期待したいですね!

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism