20ルビアスLTが正式登場前に改めて他のダイワLTリールラインナップ比較して考える価格付けの難しさ★

正月休みが明けて2日が経ちましたが、如何お過ごしでしょうか?

 

徐々に聞こえてくる釣りフェスティバル2020の足音にワクワクを押さえられないバサーの一人です(笑)中々シマノの新製品紹介出て来ませんが、もう現場での発表なんでしょうね(笑)

 

こんばんわ。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:ダイワHP

スポンサーリンク

20ルビアスが2020年は登場!

Sabu
さあ、ツイッター上そして一部の雑誌でざわついていますが、2020年ダイワから20ルビアスが発売となるようです。モデルチェンジは実に5年ぶりだとか。。

 

さあ、そんなわくわくするような話題が出ているダイワのスピニングリールですが、LTリールを4つ持っている私としては少し?マークがついてしまいました。

 

ちょっとラインナップを挙げてみたいと思っていますが、ラインナップが多すぎて正直きちんと把握できていません。

 

ブログを執筆しているので、色々な道具を目にする機会は比較的多い方だとは思いますが、それでもどうかな?という感じです。

 

そして20ルビアスがモノコックボディを搭載しているとは言えど、本当にこのクラスまで必要なのか?とかさえ思ってしまいます。

 

モノコックボディの恩恵に驚嘆!バサーがダイワ「18イグジスト」を購入したくなる3つの理由(>ω<)

2018.01.21

 

決してネガティブインプレッションがしたいわけではなく、本当に疑問としてふと思い立ったので、記事にして私自身の考えを整理してみようと思いました。

ダイワLTラインナップは9種類となる!

(出典:ダイワHP)

ダイワのLTシリーズは個人的にかなり気に入っています。

 

理由は、上記のように統一した表記にすることによって、どのブランドでもサイズ感がしっかりと頭に入ってくる点です。昔からそういったやり方はあったよ!という方が居ましたら、申し訳ありません。

スポンサーリンク

 

それと、ライト&タフというコンセプトにより、今までは大きかった2500番サイズのスプールやボディがコンパクトになった点。

 

一昔前のダイワの2000番クラスと2500番クラスはそのスプールの大きさの違いの大きさに抵抗があり、進んで購入する感じではありませんでした。

 

なので、LTシリーズが出る前まではシマノのストラディックC4+を使用していました。

 

【実証動画】シマノ16ストラディックC2500HGSと2500Sのハンドルガタツキ(´;ω;`)★

2017.08.11

 

というように、LTシリーズはよりユーザーフレンドリーな志向になったと思うのですが、いささか種類が多いのではないかと思っています。

 

皆さん、きちんとLTシリーズのスピニングリール全部言えますか?

 

私は言えません。。。

 

ということで、20ルビアスが正式にスペックや価格が発表される前に、今一度LTシリーズのラインナップを確認しておきましょう!

 

リーズナブル→ラグジュアリーアイテムの順に見ていきます。

 

18フリームスLT

LTシリーズの一番最初のアイテムとして、フリームスLT2500S-XHを購入しましたが、これは本当に当たりのアイテムです。

 

一万円前後でのこの性能は流石としか言いようがなく、2台持っています(笑)

 

2500番クラスでお値段は定価17,300円。

 

19レグザLT

(出典:ダイワ)

19レグザは全く予告なしに急に現れたアイテムでした。

 

どちらかというとソルト向きのアイテムな感じがし、セルテートの廉価版というかんじでしょうか。

 

2500番クラスでお値段は定価20,500円。

 

18カルディアLT

私自身2000番を使用していますが、もうかなり良すぎてこのレベルで十分だと思っています(笑)

 

今はダイワのアルファスプールを付けています。

 

2500番クラスでお値段は定価22,700円。

 

SLP WORKS LT TYPE-α2000SSスプールレッドはコスパ最強のスーパー替えスプール★

2019.06.16

18タトゥーラLT

これはもう私の大のお気に入りスピニングリールです!ベイトリールもしかりですが、タトゥーラシリーズの完成度は非常に高いですね!

 

2500番クラスでお値段は定価22,700円。

 

19バリスティックLT/19バリスティックFW LT

これ、重量が2500クラスで何と165gという驚異的な軽さをたたき出しているNew バリスティックFW!

 

何と18イグジストフィネスカスタムの同サイズでは5gの差(18イグジストLTは160g)です。これは正直オススメだし、自分も買いたいなと思う1品です。

 

2500番クラスでお値段は定価37300円/34,000円。

 

20ルビアス

中級価格帯でモノコックボディをまとった20ルビアスですが、もうこれは19バリスティックよりも価格が高くなることは明白です。

 

バリスティックの2500番クラスでお値段は定価37300円/34,000円だったので、おそらく価格は定価で4万円はいくとおもいます。するとセルテートとは売価で4-5千円ちがいになり、もう中級クラスとはいいにくいですね(笑)

 

19セルテート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#DAIWA #ダイワ #釣り #フィッシング #fishing

daiwa _japan(@daiwa_japan)がシェアした投稿 –

セルテートと聞くと、村越正海さんのイメージが湧いてきます(笑)モノコックボディを採用して使用するブランドとしてこれほど適したアイテムはないのではないかと思います。一度も使用したことはありませんがwww

 

2500番クラスでお値段は定価48,500円。

 

18イグジストLT

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#DAIWA #ダイワ #釣り #フィッシング #fishing

daiwa _japan(@daiwa_japan)がシェアした投稿 –

一度は使用してみたいNew Existですが、まったくもって手が出せない価格です。。

 

KAGE LT (番外編)

KAGE LT(影LT)がICAST2019で登場!影シリーズはロッドだけ有りましたが、遂にリールも登場(^^)

2019.07.12

 

余談ですが、海外向けではこのKAGEシリーズが存在し、KAGE LTなるものが発売されています。

 

2500番台で175g前後と大変軽い仕上がりです。チャンスがあれば、是非このアイテムも手に入れてみたいですね!

 

モノコックボディ搭載のLTを1度は使用してみたい

(出典:ダイワHP)

先ほども書きましたが、現在LTリールは4台持っています。ちなみにオールエキストラハイギアモデルです(^^♪

 

ですが、まだLTシリーズ特有のモノコックボディを搭載したアイテムは保有していません。

 

でっ、最初の問いに戻るのですが、今度新しく出る20ルビアスでダイワのLTラインナップは9種類になります。

 

ほぼセルテートの価格に迫ると思われる20ルビアス。こうやってラインナップを見てくると、もう違いは「モノコックボディが有るか無いか」で選べばよいと思います。

 

その意味では、20ルビアスはモノコックボディエントリーモデルとして最良の選択になることは間違いありません。

 

ですが、果たしてルビアスが定価4万円台に入って購入するユーザーがどのくらいいるのでしょうか?

 

私の問いはそこです。

 

性能を取るか?値段を取るか?(おそらくバリスティックとは定価で1万円の差はつくでしょう)

 

この良さは釣りフェスティバルで是非体感してみたいと思います。

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism