【初回インプレ】三島湖でダイワ 20タトゥーラ SV TW 103XHLをフロロ14lbで使ってみたけど普通だった件

いよいよ大晦日です。泣いても笑っても本日が2019年最終日。

 

思い残したこと、やり忘れていることはありませんか?

 

自分はぎりぎりまでやり残していることをやってから実家に帰省しますwww

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

20タトゥーラ SV TW 103XHLを初回使用!

ダイワ 20タトゥーラ SV TW 開封の儀!早速ベアリング追加して7個から9個にしてみた★

2019.12.22

 

Sabu
先日購入したダイワの2020年新製品である20タトゥーラ SV TW 103XHLを三島湖で使用してきました!

 

今回購入した用途としては、ダイワのタトゥーラロッド 711MHXBにセットして14lbフロロラインで、ジカリグや7~10g前後のテキサス、10g前後のラバージグをメインとしたタックル用で購入。

 

SVスプールはハーフラインがあるので、今回は14lbラインを巻いてみました。ハーフラインはスプールのMAX糸の巻き量の半分をさしている目安。これは結構楽でいいです。

 

前は少しの間でしたが、シマノのSLX MGL71XGを使用していましたが、クラッチ挟まる事件で継続使用するのを断念し、所有していた2台を売却しました。

 

シマノ19SLXMGLのクラッチ部分にラインが挟まる事象が発生!これは困ったなあwww

2019.09.25

 

クラッチが固いなという第一印象

現場での写真でなくて恐縮なのですが、クラッチを切ろうとすると前の17タトゥーラSV TWより硬い印象があります。

 

試しに、手持ちの19タトゥーラTWと比べましたが明らかに硬い。

 

今回クラッチが固かったので、写真上記のノリーズのエスケープビッグツインをジカリグでカバーに撃っていく際に、リズムがつかみにくく少し困惑しました。

 

もしかしたら購入したばかりで、クラッチが馴染んでいないのかもしれません。またクラッチの素材も以前とは違う印象を受けます。材質はプラかもしれませんが、表面のコートが高級感を醸し出しています。

 

下記にインスタ用で撮影した動画がありますので、クラッチを切る感覚を一緒に御覧いただけたらと思います。

スポンサーリンク

動画で伝わっているかは分かりかねますが、クラッチが固い印象があります。

 

まあ、おそらく個体差の範囲なのではないかと思いますが、、、他にも固いという方が居たら是非ツイッターやDMで連絡をいただけると嬉しいです。

 

ジカリグ3/8オンスとビッグエスケープツインをキャストした感想

率直な感想は、至ってフツーという感想でした。これは私が撃ち物で使用しているからそう思うのかもしれません。これが、巻物で5gとか7gのクランクやミノーを遠投したら、スゲー飛ぶじゃん!とかおもうかもしれません。

 

ですが、上記のセットで重さは略20g越え。こうなれば、SVだろうがなんだろうが関係はありませんwww

 

何時も14SS AIRを使用しているためか、やはりSVはSVという感じでキャストの後半で伸びにブレーキがかかります。

 

ですが、ハーフラインでの仕様であるからか殆どバックラッシュはありませんでした。

 

後は、ゼロアジャスターですがこれが必要かはちょっと疑問。スプールを固定して後はマグだけということですが、まだこの機構を上手く使いこなせていなく、スプールエッジがぐらつかない範囲で設定する仕様を、もう少しスプール閉めてしまいましたwww

 

色々試して早く慣れた方が楽だということは頭では理解しているのですが、身体は追いついていません。ここは次回の課題としています。

 

これから軽めのテキサス(例えば5gや7gあたり)、フリーリグとかも使用してみてSVスプールの恩恵があるのかを確かめていきたいと思っています。

スプールは意外と重量あるかも!?

一応記載しておきますが、幾ら20タトゥーラ SV TWがSV仕様になったとはいえ、やはりタトゥーラはタトゥーラ。

 

スプールは勿論シャフト有のスプール仕様です。シャフトレスはジリオンクラスからとなります。

 

ラインを巻く前に重量を計ればよかったのですが、後の祭り。

意外にも重量があります。17タトゥーラSV TWのスプールは33ミリ径でラインをいっぱいいっぱい巻いて19.5gでした。飽くまで家の簡易デジタルスケールですが、、、

一応今回のスプールは32ミリ径。そしてハーフラインまでしかラインを巻いていないにも関わらず20gは少し凹みますwww

 

とはいえ、ブランキングもしっかりと施されており、バランスは良いかと思っています。

さあ、まだまだ1回目のファーストインプレッションであり、これからバシバシと使用していき、皆さんに使用感をお伝えできればと思っています。

 

今回は比較的濃いカバー撃ちがメインだったので強めのセッティングでしたが、今後は5g、7gのライトテキサス、フリーリグなども試してみたいと思います。

 

陸っぱりやるなら、ヘビダンにも良さそうですね。本体重量が190gになったとこで操作性もあがったと思います。

 

更なる使用が楽しみです!

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism