真冬の減水気味多々良沼でハードベイト修行!?ベイトは多かったwww

さあ仕事納めです。

 

泣いても笑っても今年最後の勤務。

 

行ってきましょう!

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

減水気味の真冬の多々良沼

Sabu
先週末に真冬の多々良沼に出撃してきました。相変わらず癒される場所です!(^^)!

減水時期ということもあり、このような状況でした。写真は多々良沼の達人であるしゅうりやさん より頂きました!

 

多々良沼は4月の釣行以来で、前回のナイスフィッシュの記憶が蘇りますが、さあどうか!?

 

前回はダイワのスティーズカスタム50サイズで良型をゲットしました。

 

遂にタタランバス登場!3年目の正直で多々良沼のグッドコンディションのバスをゲット(*´ω`*)

2019.04.22

 

兎にも角にも魚影が少ないと言われる多々良沼。

 

減水時期になるとこれがまた難しい様子。

 

ゲームの展開

しゅうりやさんと話し、ダウンショットのようなスローな釣りでは展開が遅くなるとのことから、ハードベイトを中心にゲームを組み立てていきました。

房総レイクであれば、ネコリグや ダウンショットでメインリバーのエッジ等を狙うやり方もあると思うのですが、いかんせん沼なので、とにかく効率良く釣っていくことが求められることからハードベイト中心と決めました。

水温は8度台

私のローランスは8度台を示していたのですが、同行したしゅうりやさんの水温計は7度台だったという(;’∀’)

これはどうしたものなのでしょうか(笑)

スポンサーリンク

やはり性能の違いが出てしまうのでしょうか?

不安を抱えながらの出船でしたね(笑)

ボートセッティング

今回のボートセッティングも基本他のレイクとは変わらずです。

タックルの本数は全部で8本。ベイト6本でスピニングは2本でした。

もう完全に巻物のタックルセッティングで来ています。

ストラクチャーのブレイクを中心にハードベイト投入

やはり冬の定番といえば、メタルバイブ。特にエバーグリーンのリトルマックスには信頼を置いています。

こいつにPEをもってくればもう完全に冬の釣です(笑)

PEは1.5号(スモラバ用)+10lbフロロリーダー1mで対応。ロッドはダイワのクロノスの6101MHSでリールはダイワの18フリームス2500Sという超ハード使用です(^^)/

魚探で地形を確認しながら、このセットを沼のブレイクがあるストラクチャーに投入していきます。

【ストラクチャーとカバーの違い】を”超簡単”にアメリカのバス釣り動画と記事から読み解く(´ε` )

2018.01.06

特に漁協前を出てから沼の中心までにいくつかのブレイクラインがあります。

ここのライン上にボートを取り、上記のメタルバイブ、ノリーズのパワーローr1オンス、メガバスのバイブレーションXスマトラ等を打ち込んでいきますが、不発。

結構いい具合にベイトがリンクしていたのですがね。。

午前中は比較的暖かったので集中できていました。

午後の時合もあったので、少し早めのお昼にしました。

房総のイケメン高橋洋一さんの片倉ダム実践型講習会に初参加!最高の勉強会にバス釣りの考えが変わる!?

2019.12.15

多々良沼のお昼はやはりカップラーメン(^^)

お昼は漁協さんでお湯を頂きカップラーメンをほおばることに!

途中で多々良沼仲間のアカツキ(ツイッター名)さんも合流して差し入れのコーヒーを頂きましたm(__)m

何時も有難うございます!

このお昼の談笑時間はとても大事で、地元多々良沼アングラーの貴重な話が聞けます。特に多々良沼はノリーズのイベントも数多く開催されており、貴重なバス釣りレイクの1つとなっています。

その他にも最近話題のフカベイトの入手具合などの情報もwww

楽しい時間を有難うございましたm(__)m

チッパワDDを中心に攻めるもアタリは無し

午前中の後半くらいから使用していましたが、午後は先ほどのストラクチャーのブレイクをひたすらにこのチッパワDD君で対応していました。

私はチッパワシリーズが結構好きで、オリジナルのチッパワRB,サイレント、ブレードと一通り持っています。

今回のこのDDですが、3m前後のミドルダイバーとなりますが、ボディがラウンドでなく厚みのあるフラットボディだからか、そこまで巻き抵抗を感じませんでした。

ロッドはシマノの廃盤したアメニスタ160ML+19SLX MGL70 +12lbフロロでした。気になる方は是非DDモデルも試してみてください。とても良い動きをしてくれます。

先日愛媛から知人が来た際に頂いたPlotzのルアー。

商品名も全く分かりませんが、知人の友達がPlotzルアーの中の人と伺いました。このクランクベイトはもちろんハンドメイド。暴れる動きと伺っていましたが、実際かなり左右に暴れる感じで如何にもバスにスイッチをいれそうな動きでしたね。

時期的に厳しいものがありましたが、これはこれで随時試していきたいと思っています。

今回使用したハードベイト達

という感じで、今回の多々良沼釣行は無でしたが、久々にハードベイトとストラクチャーを上手く?絡ませていくという釣りをすることが出来ました。

 

まあ、ストラクチャー以外にもカバーとなる立ち木にもたくさんコンタクトしましたが不発でしたね(笑)

余談ですが、多々良沼は現在テグスで鵜除け?の対策をしていますので、ルアーをひっかけないように注意したいものです。目が悪いため、何度もひっかけてしまいました(笑)

 

さあ、2019年は2回訪問した多々良沼。2020年は5回くらいは訪問したいと思っています(^^♪

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀

 

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism