シマノ「SLX XT」がSLX DCと共にICAST2019にてお披露目(^^) 日本のSLX MGLとほぼ同等クラスに!

昨晩京都市内にある京都アニメーションにて、非常に凄惨な火災事件が有りました。

 

20名を超える多くの人が亡くなったとのこと。今、本当に心が荒れている人達が多い気がします。自分はそうならないように出来ているか?言葉に出来なく、やりきれない気持ちになった夜でした。御亡くなりになった皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:シマノUSA

スポンサーリンク

 

米国版のSLXにXTシリーズが登場!

(出典:シマノUSA)

シマノUSAのSLXが昨年衝撃的なデビューを飾ったのは記憶に新しいと思います。そして日本でも今年2019年は目玉商品になっていますね。

 

日本で発売されたのはSLX MGLでシマノでいう70サイズになりますが、今回のSLX XTについては150サイズです。

 

【インプレ】シマノ19SLXMGL70HGを購入!ダイワ党のバサーが何故シマノ製品を購入したのか?

2019.06.19

 

米国版のSLXはどちらかというとバスメインというよりかは、ソルト向けのプロモーションが目立つ気がします。

(出典:シマノUSA)

 

【シマノSLX150】クラド150DCの次はアンダー100ドルの超コスパベイトリールがICAST2018で登場!

2018.07.10

 

エキストラチューンでSLX MGLとほぼ同等クラスに!

スポンサーリンク

SLXはSVSインフィニティも機能としてなく、ごくごく普通の遠心ブレーキが装着されており、特徴としては唯一ハガネボディが特徴でした。

 

サイドプレートの”SLX”の文字が印象的なデザインですよね!

 

でっ、今回のエキスタラチューンでは、SVSインフィニティ、スーパーフリースプール、そしてS3Dスプールが機能として追加。ハガネボディは勿論健在。

 

各機能は何ぞや?という方の為に下記に記載します。当方も再勉強ですwww

SVSインフィニティ

SVSを、さらに使いやすく進化させた、最新設計のブレーキ力ダイアル調整機能を装備し、微妙なブレーキ力の調整を外側ダイアルで瞬時に行なうことが可能。ルアーチェンジや状況変化など、求めるままに即、理想のブレーキ力を実現。遠心力ブレーキ独特の抜けるようなキャストフィールはそのままに、バックラッシュ抑制と飛距離という相反する性能をさらに両立するブレーキシステムです。

外部ダイヤルになったことで、ダイワのマグとの差(使いやすさという点で)縮まったと思います。これ愛用しています。

 

スーパーフリースプール

クラッチを切った際、スプールを支えるのは2つのベアリングのみと、スプールフリー性能を極限にまで軽くしたシステムです。

これはダイワのシャフトレススプールを意識していると思いますが、シマノリールは兎に角遠投に向いていると思います。

 

S3Dスプール

重量バランスや寸法精度を高め、キャスト時における振動を抑制したスプールです。振動ノイズは従来品から半減しました(当社比)。高速回転でラインを放出するなかでもガタつきや回転ムラが極めて少なく、安定したキャスト性能を発揮。飛距離、キャスト精度ともに飛躍的に向上しました

MGLスプールは付属されていませんが、これがあるだけでも安心ですね。これらの機構が付属されただけで、SLX MGLと同等レベルです。

 

SLX XT スペック表

(出典:シマノUSA)

20lbラインが150ヤード(約137m)巻けるって相当なラインキャパですよね(笑)

 

やっぱりソルトウォーターかバスのビッグベイトフィッシングに適しているリールと言えるでしょう。

 

日本ならやはりシーバスや青物、タイラバなんかにも良いかもしれませんね!

 

日本では釣りのユーチューバーが人気ですが、海外のユーチューバー!?のSLXとSLX XTの比較インプレ動画を参考までに載せておきます。

 

 

SLX/SLX XT/SLX DCの三兄弟(^o^)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SLX DC is the best fresh water reel in iCAST 2019 #shimanofishsea #slx #shimanoslx #slxdc #shimanoslxdc #icast2019 #icast

ShimanoFishSEAさん(@shimanofishsea)がシェアした投稿 –

SLX、SLX XT、SLX DCの3つが揃ったことで、シマノUSAののSLX150シリーズに死角が殆ど無くなったと言えるのではないでしょうか?

 

上記のインスタにもありますように、今年のICAST2019ではベストフレッシュウォーターリールとして、「SLX DC」が表彰されました。

 

やはりシマノの勢いはとどまることを知りませんね!。先が楽しみです(・∀・)

 

 

<ICAST2019 関連記事>

コースタルSVTW150がUSAダイワより登場!タトゥーラTW100サイズに150サイズのSVスプールを初搭載★

2019.07.18

 

タトゥーラエリート100/PF103シリーズ登場@ICAST2019!USAダイワがタトゥーラTW100をリファインさせて死角無し!?

2019.07.13

 

CONCEPT BOSS(コンセプトボス)登場!13Fishing よりブラスギア&CZB搭載のハイエンドクラスのベイトリールがICAST2019で登場!

2019.07.13

 

シマノSLX DCが ICAST2019でお披露目!2020年の釣りフェスティバル2020で日本デビューもあるか!?

2019.07.10

 

KAGE LT(影LT)がICAST2019で登場!影シリーズはロッドだけ有りましたが、遂にリールも登場(^^)

2019.07.12

 

【告知】ICAST2019がフロリダのオーランドにて開幕(7/9-12)!今年も魅力溢れる新製品が沢山登場します(・∀・)

2019.07.02

 

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism