【インプレ】シマノ19SLXMGL70HGを購入!ダイワ党のバサーが何故シマノ製品を購入したのか?

ヒルトンのバーエリアで真夜中に気jを書いています(*´ω`*)

 

仕事のレポートをずっとまとめていたのですが、だるくなったのでブログを書きます(笑)

 

それにしてもこちらh夜の10時まで明るいので不思議な感じです(^o^)

 

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

シマノ19SLX MGL 70HGを購入!

実は購入しちゃいました!シマノの19SLXMGLは結構気になっていたのと金額がリーズナブルだったので、物は試しと思い購入しましたが、これがアタリだったようです。。

 

実はもう半月位前の話ですがSLXMGLを購入しました。

 

事前からの前評判がすごく気になっていたのと、あの田辺哲男プロも4台導入したとか?という話を聞きこれはただ事では無いなと(笑)

 

秦拓馬プロの動画も気になる内容になっていました。

 

購入したキモはクラッチの形状に!

今回の購入に至った理由ですが、勿論1つに価格はあります。

 

これはもうサラリーマンバサーをしているバサーであれば誰でも安く良いものを使用したいと思うのは至極当然だと思います。

 

それに加えて、今回はクラッチ部の形状変化が大きな要因として有りました。

 

クラッチ形状を改めて見てください。

今までのシマノのクラッチは高さがあり、キャストする際に違和感がある状態でした。なぜならダイワのベイトリールは比較的全般的にクラッチの位置が低く設定されているからでした。

 

ですが、この19SLX MGLと19スコーピオン150に採用されたクラッチは中心部分が楕円状にえぐれており、親指のフィット感が結構いい感じなんです!これは有り難いことでした。

スポンサーリンク

 

現時点で2回使用。売却予定はなし!

おそらく両端は今までさほど高さが変わらないとは思うのですが、初回の津久井湖と先般の芦ノ湖で使用した際に、結構いい感じに手に馴染んでくれたんです(*´ω`*)

 

唯一の不満がクラッチ部の高さだった自分としてはこれは有り難い改善?でした(ベイトリールカスタムはあまり好きでないので、社外品を使用することはありません)。

 

2019年アフタースポーン期の芦ノ湖をノリーズソウルメンバーと攻める(・∀・)

2019.06.11

 

ツイッターをみていると、クラッチの高さに関する投稿もちらほらあるので、今後はこの楕円形に窪んだクラッチが主流になるかもしれませんね!

 

ハンドルノブはベアリングを交換すべし!

このパーツ表にある⑥のパーツはブッシュと呼ばれるプラスチックのパーツが組まれており、ベアリングの代役を果たしています。

 

 

 

まず購入したらこのパーツをベアリングに交換しましょう!

 

 

SLXはベアリング4にローラーベアリングが1個の計5個がデフォルトで搭載されていますが、このベアリング追加だけで、合計9個となります。

 

超簡単作業ですからすぐにやりましょう!

 

ついでにベトベトなグリスも拭き取っておくと良いかと思います(笑)

 

現時点ではトップウォーター用で20lbラインを使用

32mm径スプールの恩恵もあってかキャストがバシバシと決まります。

 

手が小さい当方にとっては本体の70サイズも大変有り難いものとなっています。

 

今後は細い糸でも使用してみたいので、XGも機会があれば購入してみたいです。

 

リールはスプールの径が32mmなので、HGと入っても通常リールのHの巻取り量(厳密にはことなるが)であるので、HGクラスの巻取り量を稼ぐにはXGとなるかなと(間違っていたらアドバイスくださいm(_ _)m)

 

といことで、このSLXですが買って損はまったくないと個人的に思います!マイクロモジュールギアは無いですが、要らないです(笑)

 

引き続き継続使用してまたインプレ書きたいと思います。

 

 

では、また後程!

Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism