帰着6分前の奇跡!【速報 Day2】トヨタ バスマスターエリートAOYチャンピオンシップ@ミラックスレイク in MN州★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

昨晩は、相模大野の味ん味んというちょっと有名な焼肉屋に行っていました。持つべきものは友達!

 

前職の仲間と談笑してきました。ぼっちバースデーディナーは何とか回避出来ました(笑)

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: バスマスターウェブサイトより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

Day2首位は、引き続きキース・コーム

 

なんと前日と同じ24lb-15を釣り上げました。

 

キース・コームの詳細な情報があまり、無いためこれは最終日以降に見ていきいたいと思います。

 

トップ12ランキング

トップ12名のランキングとなっています。

何と、1位のキース・コームは安定したウエイトをウエイイン。

 

そして、注目すべきは、4位のジェイコブ・ウィーラー。

なんとDay2には、「24lb-5」を持ち込んでいる点です。

 

“It was flat-out awesome,” Wheeler said. “It was probably one of the best days of smallmouth fishing I’ve ever had. I probably caught 30-plus smallmouth — and there were a lot of times when I would be disappointed to realize it was ‘just another 4-pounder’ when I set the hook.”

ジェイコブ・ウィーラーも、今までのスモールマウスバスフィッシングの中でもベストな日の1つだったと思うよと明言。

 

何と30匹以上も釣り上げたとか。

 

果たして、彼は最終日にどれだけランキングを伸ばすことができるのか?

スポンサーリンク

 

最新AOYランキング

下記はDay2終了時点での最新のポイントランキングになります。

Rank Name PTS
1 Brandon Palaniuk 902
2 Jason Christie 890
3 Jacob Wheeler 885
4 Jordan Lee 825
5 Edwin Evers 819
6 Casey Ashley 815
7 Ott DeFoe 805
8 Greg Hackney 789
9 Jamie Hartman 776
10 Keith Combs 771
11 Dustin Connell 770
12 Kevin VanDam 763

やはり、ブランドン・パラニュークが頭1つでた形は変わりません。

 

それを追いかけるジェイソン・クリスティとジェイコブ・ウィーラー。

 

ジェイソン・クリスティは12ポイント差。ジェイコブ・ウィーラーは17ポイント差

 

現状はこのようになっていますが、各選手ウエイトを伸ばすのに苦労したようです

[ad#ad1]

ブランドン・パラニュークとジェイソン・クリスティ

ブランドン・パラニューク

朝方はベイトタックルも導入していたようですね。

     

実は、帰着ぎりぎりまで14lb位しか重量を持っていなかったといいます。

 

“I just struggled to get bit,” Palaniuk said. “I was just catching one here, one there — and I wasn’t really catching any big ones. But then at 3:14 (p.m.), I made one final drop and caught a 6-pounder.”

 

そう、彼はバイト並びにビッグ・フィッシュを確保出来ずに苦しんでいたようです。

 

ですが、最後の場所で15時14分になんとキッカーとなる6lbのバスをキャッチすることが出来ました。

 

そして15時20分には帰着((笑))

 

総合順位を21lb-1の20位で終え、なんとかAOYランキング1位から落ちずにすみました。

 

やはり、持っている人は持っているんですね。

 

最後の最後まで諦めない精神。素晴らしいです。

 

ジェイソン・クリスティ

Day2は22lb-9を釣り上げて、Day1の総合26位から一気に17位へとランキングを上げてきました。

 

どうやら、彼のこの日のバスは幸運にも発見することが出来たスクールの中から釣り上げたバスだったようです。

 

“Luckily, I came across one group and I caught 22 pounds in probably 10 to 15 minutes,” he said. “The rest of the day, I caught one here and one there, but I never caught a big one.

10-15分でスクールからバイトラッシュを得て、22lbを揃えたという。でも大きなやつを混ぜることはできなかったという。

 

それは、パラニュークに微笑んでしまったとも言っていました。

 

さあ、最終日がどうなるのか?

 

二人のウエイイン時

ウエイイン時の彼らの談笑シーンが印象的だなと思いました。

 

”お前はどうなんだよ?”とでもお互いに言っていたのでしょうかね。

 

幾つか写真を載せておきます。

 

 

個人的には、最後の1枚がお気に入りです。(*´ω`*)

 

さて、決勝は日曜日になります。

 

土曜日は、イベントで大会はお休みとなります。そして、この速報も月曜日の朝になります。

 

お楽しみに!

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism