【わがままバサー通信011】マイケル・アイコネリ(IKE)がバスマスタークラシック2018に出場可能に★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

いい天気が続きますね(*´ω`*) 絶好の釣日和です。

 

本日はH-1グランプリも最終戦。牛久沼でビッグフィッシュも出そうですね!選手の皆さんファイト!

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:バスマスターウェブサイト(画像をお借りしています。)

スポンサーリンク

 

マイケル・アイコネリ絶望だったクラシック出場

マイケル・アイコネリ(以下IKE)のクラシック2018の出場は絶望でした。

 

AOYチャンピオンシップで出場権内から漏れたため、バスマスタークラシックブラケットに出場しましました。

 

例のタイマンスタイルの大会で、クラシック出場圏外の8名から1名にクラシックの出場権を与えるという新しい形式の大会。

 

こちはら昨年からスタートしました。(2016年の勝者はケビン・バンダム)

 

結果は、セミファイナルで敗れるというものでした。

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 津久井湖からボロボロになりながら帰宅しました(笑) 本当に厳しい状況でした。って何時もか(笑) 今も雨が酷く降っています。。。レポートは明日記載します。 <Facebookペ...

 

この時点でマイケル・アイコネリの2018年バスマスタークラシック出場はほぼ絶望的でした。

 

ジェイムズ・イラムの勝利

 

デプスサポートプロのまっつんこと、松下雅幸プロが3位に入賞したセントラルオープンの第3戦で優勝したのは、エリートプロのジェイムズ・イラム。

 

元々彼は、AOYランキングでも27位に入っており、クラシックの出場権を獲得していたため、ダブルクオリファイに。

 

そして、何と彼が優勝したことで、マイケル・アイコネリに2018年のクラシックに出場する権利が回ってきました。

スポンサーリンク

 

 By winning the Open, Elam double-qualified for the 2018 GEICO Bassmaster Classic presented by DICK’S Sporting Goods in March. That moved the cut line down one notch on the Toyota Bassmaster Angler of the Year points list, enabling Iaconelli to qualify for his 17th Classic in a row.

この青字の部分ですね。

 

[ad#ad1]

 

マイケル・アイコネリ17回連続のクラシック出場

現在45歳のマイケルアイコネリは、これで17回連続でのバスマスタークラシック出場になります。

 

言い方は悪いですが、本当に棚ぼた的な出場になると思います。勿論運も実力の内だとは思います。

 

IKEの暴れる姿をどうやら2018年のクラシックでも見れそうですね!

 

IKEのクラシック出場経歴

写真は2003年のルイジアナデルタで優勝した際の1枚。

 

実は出場回数だけを見てみると現在までで18回なんですね。2018年含めると19回。

 

初出場は、1999年のルイジアナデルタでのクラシックが彼に取って初のクラシック出場でした。

 

順位は、初出場でいきなり「6位」をマーク。やはり只者ではありません!

 

そして翌年2000年のレイク・ミシガン(五大湖)でのトーナメントでは10位をマークし、翌年2001年は出場していません。

 

復帰は、2002年のレイ・レイク。

 

ここから彼の連続出場記録が続いています。

 

さあ、2018年の大暴れするマイケル・アイコネリの姿、今から楽しみです٩(๑´0`๑)۶

 

<参考までに>

IKEが説くオープンの重要性(英語)

 

では、また後程!


Sabuism (原)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism