クリスタルS炸裂!!【TOP5ルアー紹介】2019バスマスターセントラルオープン@トレドベンド(2/20-22) in ルイジアナ州★

SNSのタイムラインに春爆?のナイスバスや初バスが流れてくる中、自分はワカサギのみです(笑)

 

さて、そろそろ1本欲しいところです(>ω<)

 

こんにちは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:Bassmaster 

スポンサーリンク

 

上位トップ5のルアーを紹介

(出典:Bassmaster)

さあ、セントラルオープン第1戦@トレドベンドを2位という好成績で終え伊藤巧プロ。そしてアベマTVのワールドチャレンジで5位入賞を果たした片岡壮士プロ。8位に入った伊豫部健プロとアメリカでの日本人の活躍が目覚ましいですね!

 

今回はそんな中、既に伊藤巧プロの攻略ルアーは発表されていますが、バスマスターでのTOP5ルアー紹介記事を紹介します。

 

Great!!!! Tak Ito・伊藤巧が2位の準優勝!【速報Day3】2019バスマスターセントラルオープン@トレドベンド(2/20-22) in ルイジアナ州★

2019.02.23

 

今までだと大体12位までのルアー紹介がしたが、現在はTOP5までのようです。

 

今回の参加人数は214名でした。

 

5位:片岡壮士

( 出典:Bassmaster)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BASSセントラルオープン開幕戦! 5位で終了でした。 今日は2匹でしたが7ポンドクラスに救われ、2本でしたが10ポンドプラスのウェイトでした! 思った以上にタフでランクアップできました! 次戦以降、また勝負かけれるように準備したいと思います! 応援していただいた皆様、ありがとうございました!! 日本人、3人がシングルフィニッシュ! 今はブランドン、青木さんとステーキ貪ってます!!笑 #soshikataoka #片岡壮士 #jackall #zenaq #hayabusa #swans #abemaTV #ワールドチャレンジ

Soshi Kataokaさん(@soshikataoka)がシェアした投稿 –

ジャッカルプロである片岡プロはやはり現地でもジャッカルルアーを使用して入賞!

 

Jackall Break Blade, a bladed jig, was the top producer.

ジャッカルのブレイクブレードが一番バスを獲ったルアーだったようです。ウェイトとトレーラーは不明。

スポンサーリンク

 

4位:テリーピーコック

( 出典:Bassmaster)

テリーピーコック氏は、2010年ころからセントラルオープンに参戦されているアングラーになります。

 

1/2-ounce Strike King Hack Attack Jig with 4-inch V&M Cherry Bug.

使用ルアーは、ストライクキングハックアタックジグ1/2オンス+4インチのV&Mチェリーバグとのことでした。

 

スポンサーリンク



3位:ローガンラトゥーソ

(出典:Bassmaster)

ローガンラトゥーソプロですが、彼もセントラルオープンに出場しているローカルアングラーとなります。出場は2014年から。

 

3/8-ounce Delta Lures Spinnerbait, chartreuse/white, featuring double Colorado orange and gold blades; 3/8-ounce Delta Lures Redfish Thunder Jig with V&M J Bug trailer. Latuso focused on areas with warming water, fishing the lures around shallow wood and grass in the backs of creeks.

(3/8オンスのデルタルアーのスピナーベイト。チャートT&ホワイト。やはりこういった派手系が効いたのですね。ブレードはW頃r度で、オレンジとゴールド。なかなか無い組み合わせです。あとはデルタルアーのレッドフィッシュサンダージグ。これにテリーと同様のV&Mのワームをセット。)

(出典:Delta Lures HP)

ポイントとなったエリアは、水温の温かいエリアでした。そこにプラスしてクリーク裏のシャローウッドとグラスがあるエリアだったとのこと。

 

2位:伊藤巧

今回の伊藤巧プロの功労ルアーといえば、このノリーズクリスタルS1/2オンスでした!

 

この伊藤プロの最後のフレーズにはどれほどの想いが詰まっていたのかは計り知れません。

 

最後の1文には田辺哲男プロへの敬愛が込められていると思います。とても良い文章でした。。

 

下記マイクスさんでは1/2オンスのホワイト買えます。

具体的な使用方法や攻略は以下をご覧ください。

 

その他では、1/2オンスデプスフラットバックジグ+3.5インチズームウルトラスピードバイブクロー、ゲーリーの5.5インチカットテールワーム+3/16オンスのネコリグで攻略。

 

ただし、この中で一番バスを釣り上げたのは、クリスタルSだったようです。

 

1位:ダロルドグリーソン

(出典:Bassmaster)

優勝したダロルドですが、2010年からセントラルオープンに参戦しています。HPに記載はありませんでしたが、おそらくロコアングラーではないでしょうか?

 

Strike King 6 XD crankbait, Powder Blue Black Chartreuse; Carolina-rigged 5-inch V&M Chopstick on a 4/0 hook with 1-ounce egg sinker; V&M The Flatline Pacemaker Football Jig with 3.5-inch V&M J Bug trailer.

ストライクキングの6XDのクランクベイト、キャロライナリグ、フットボールジグが優勝のキモになったようです。

 

不思議なことに上位の3名がV&Mの商品を使っている点も印象的です!

 

ダロルドはトップ10フィート、ボトムは24フィートのストラクチャー付近を上記3つを使用してリアクションバイトをとっていたようです。これが40lbオーバーを量産した裏話だったようです。

 

“I used the crankbait to keep them honest, make the fish strike and get a reaction strike,” he explained. “It’s a technique I often use to locate and determine the mood of the bass.”

A fast retrieve gave the bass little time to think twice as the bait banged into bottom cover and sped across the ridge. He picked it up about every 20 minutes to fire up a reaction bite. When that action slowed, he switched to the jig and Carolina Rig. Buoyancy of the soft plastics mattered due to the potential for hang ups.

“I dragged it painfully slow to get the attention of any lethargic bass,” he added. 

The jig was chosen based on a history of producing big bass bites during prespawn.

“It’s my go-to bait and I used the same presentation as the Carolina rig.” 

高速で巻くのがキモだったようですね。20分ごとに使用して、食いが渋くなってきたらキャロやジグにローテーションしていたようです。

それらは相当スローに動かしたようです。

 

さあ、簡単でしたが如何でしたでしょうか?

 

次回のスミスレイク戦も楽しみですね!

 

 

では、また後程!


Sabuism 

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism