首・手首・足首!真冬のバス釣りはとにかく身体の3首(さんくび)を必ず死守せよ!!(>ω<)

さあ、今週もスタートですが、あと少しで年末ですね(*´ω`*)

 

お客さんへの挨拶や社内外の忘年会に忙しい日々を送っているとおもいます。皆様これからはイベントラッシュです。

 

体調に気をつけて素敵な日々を送れるようにしていきましょう!当方も筋トレします!(笑)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

本格的な冬に向けての準備

これは12月1日の津久井湖の朝でしたが、もう本当に冬が到来です。そして現在はもっと下がっていると思います。

 

遂に自分もこの時から防寒着を着用するようになりました。写真のトップ画像がまさにそれ。目が死んでますね(笑)

 

それくらい寒かったのです、特に夕方が!そうそれでもこの日はまだお昼は18度近くの気温があり、水温も14度近くまでは上昇していました。

 

ですが、今週は冷えそうです。ええ、実は先日の週末は忘年会や結婚式の2次会等で釣りにいけませんでしたので、今週は2日行こうとしています(爆)木曜日と週末のどちから。

 

さあ、そんな本格的なウィンターシーズン突入とうことで、レンタルボートをする上で確実に押さえておきたい防寒について見ていきます。ここを抑えておけば、多少薄着でも大丈夫ではないかと個人的に思っています。

 

2018年12月1日 放射冷却がなかった50センチほど減水傾向の津久井湖★

2018.12.03

 

身体の3首を必ず死守!

この写真は相当なアホ顔なんですが、お気に入りの1枚なんです。ジャスティス!サンシャイン池崎ですね(笑)

 

そんな冗談はさておき、やはり身体の3首はとても大事。いくら良い防寒着を着用していようが、重ね着しようが、これが出来ていないと実はじみーにきいて来ます。。

 

何故か!?首とつく場所には、非常に大事です。

東京脳神経センター理事長の松井孝嘉医学博士は著書『1日5分 副交感神経アップで健康になれる!』で次のように述べています。
「私は首に『副交感神経センター』という重要なポイントがあることを発見しました。人間の副交感神経の働きをつかさどる、大切な場所が、脳にきわめて近い首の上の部分にあったのです。首こりによって副交感神経の働きが阻害されるというのは、実は首の上部にある副交感神経センターの働きが、首の筋肉の異常、すなわち首のこりによって、その働きを阻害されることだったのです。」

(出典:http://npure.co.jp/bunbun/archives/5909)

これは首と名前のつく場所に、神経や血管の要所を温めることになるので、ダイレクトに身体に影響が出るのです。

 

ということは、我々バサーも他人事ではありません!ということで、当方の簡単な対策を紹介します。

 

それでは簡単に見ていきましょう!

スポンサーリンク

首はこんな感じでネックウォーマーを使用しています。これは流行りのボアタイプのウォーマーなので肌に触れる部分も肌触りがよく、肌が強くない当方にもぴったりです!

 

ちなみにメーカーはユニクロ(笑)

 

どんだけ好きなんだ!!

 

釣具メーカー泣かせで申し訳ありませんが、こういった↓安いやつで十分だと思います。当方も下記を1つ追加しました。

 

 

手首

防寒着の手首部分はだいたい2重になっています。当方はダイワのゴアテックスの防寒着を10年以上着用しています。これは袖口に雨が侵入しないようになっており、かなり温かいです。

 

でっ、この時はこれで良かったのですが、今後は下記のグローブも追加が必要かと思います。

 

現場で撮り忘れたので、室内にて(笑)

 

はい、スリーフィンガーのグローブも今後は必携ですよね。これで手首を3重にすればかなり大丈夫かと思います(笑)やりすぎか!?

 

これもこだわらなければ、下記↓のような格安グローブでも良いと思います。ちなみに当方のは上州屋のGettのグローブですwww

足首

靴だけは良いもの使っています。これはコロンビアの防水アウトドアシューズとなります。型番は記事を書いている現在手元にないので、不明です(笑)アメリカのアウトレットで購入したので現在はないモデルだと思います。

 

防寒着で足首まで隠せますが、やはりアンクル(足首)部分を隠せる靴の方が冬場は良いかと思います。もちろん防寒用の長靴タイプを購入するのも良いと思います。

 

もちろん船上の食事も忘れずに!

先日の記事でも紹介した岩谷産業のガスコンロをしようした船上の食事記事でしたが、予想通り多くの方に読まれました。

 

冬のバス釣りに岩谷産業のガスコンロでレンタルボートフィッシングをより一層快適に楽しむ(・∀・)

2018.12.07

 

繰り返しますが、冬のバス釣りは釣れない時間も多く、動作もハイシーズンよりは減ります。なので、首、手首、足首の保温が非常に重要になってきます。

 

プラスこういった食事も加えれば快適に過ごせるのではないでしょうか?

 

あとは補足的にカイロですね!

 

さあ、今年の冬はこういった3首に気をつけて楽しくバス釣りをしましょう!

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yoichiro Hara)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism