【落胆】ノリーズ田辺哲男プロのたばこポイ捨て疑惑をシーガーがJ-CASTの取材で認める(´;ω;`)

ブログの記事が丁度1,000記事目になりました。

 

1,000記事目の記事がこれというのはどうかなと思いましたが、先程ネットニュースにて正式に報道されたので当方が感じたことをここに記録として残したいと思います。

 

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: J-CAST NEWS

スポンサーリンク

 

疑惑が事実へ

さて、シーガーの動画削除問題についに結論が出ました。事実は小説よりも奇なりとは言いますが、これは本当だなあと痛感したからです。

 

あれだけメディアを通じて啓蒙活動をしていたノリーズの田辺プロですが、まさか自身がその行為によって自分の今まで積み上げてきたことに対して「嘘」をついていた事に正直呆れてしまいました。嘘というと強いワードになりますが、ファンを裏切る非常にまずい行為であったことは事実だと思います。

 

一方で、ネット界隈、特にツイッターには田辺氏を擁護する投稿も多いですが、これも非常にまずい傾向だと思っています。氏も人だから間違えることがあるといった声は正直おかしいです。なぜなら、影響力のあるプロであれば何をしても良いという捉え方も出来るからです。

 

ここでしっかりと認識しないと行けないのは、田辺プロが今まで行ってきた功績と今回のたばこポイ捨ては別物に捉えなければいけないということです。

 

本当に信じたくありませんでした。

 

シーガープレミアム動画@津風呂湖Day2の動画削除問題からみるバス釣り業界の闇(・ω・)

2018.09.24

 

だから疑惑の話が出た際にも、上記の記事を執筆しましたが、それは飽くまでも動画を削除したシーガー(クレハ)に対する個人て的な指摘でした。まあ、いわゆる臭いものには蓋をする的な臭いがしたからです。

 

ですが、今日白日の下にさらされ、事実であることが確定したのです。

 

【夢釣行】高度経済成長中の中国フィールドでバス釣り-田辺哲男がチャイナバス追う!

2017.11.24

 

後手に回ったシーガーの対応

実はこのニュースは本日10月1日の18:56分に公開されたのですが、未だにシーガーのHPにこの情報は掲載されていません。

自社での発表よりも先にニュースの取材に答えてしまったシーガーの対応の遅さ(事がことだけに重大だったのはよく理解出来ますが)に正直業界の闇を感じずには居られません。

 

田辺哲男プロの行為について、クレハ合繊は10月1日、J-CASTニュースの取材に対し、シーガー営業部の担当者がこう説明した。

「本人から返答があり、実際にタバコがポイ捨てされていたと確認しました。ポイ捨ては、やってはいけない行為ですので、よろしくないことだったと理解しています。今後は、ゴミの取り扱いなどについて、注意や指導を徹底させていきたいと思っています」

 

ここで申し上げて置くのは、もちろんキチンと対応している企業もあるという点です。それはきちんと明記しておきます。

 

スポンサーリンク

クレハの企業としてあるべき姿

さて、後手後手の対応をしてしまったシーガーですが、今後このプレミアム動画についてはどのようにしていくのでしょうか?

 

【わがままバサー通信017】田辺哲男・伊藤巧・吉田兄弟の対決@利根川水系 from シーガープレミアム動画2017

2017.12.18

 

今回の悪い点はニュースでの掲載が何よりも先に報道されてしまった点だと思います。

 

動画を削除した時点で、シーガーが事実を認め、田辺プロからのコメントや動画なりがあれば、ここまで大きなことにはなっていたかったのではないかと思い、大変悔しい思いをしています。

 

とは言っても、一番大きなショックを受けているのは、ノリーズのスタッフかもしれませんね。もしかしたら、知っていたのかもしれませんが、これはもうショックでしょう。当方がこの立場だったらどうしようかと心底思うと思います。

 

さて、そんなシーガーですが、商品はもちろん使い続けます。フロロマイスターは安くて使いやすいから大好きなんです。

 

大尊敬だった田辺哲男プロ

はじめて田辺プロを見たのは、釣りロマンを求めての新春スペシャルでした。あれは確か94年頃。田辺プロがシマノ社と契約して釣りロマンに登場し始めた頃だったのではないかと思います。

 

その頃から凄い人がいるなと思っていました。それ以降も独特のライフスタイや考え方に大変尊敬の念を抱いていました。

 

なので、今回のことは相当なショックでした。

 

年代的にポイ捨てする方が多い年代でもあるのでやってしまった経緯はなんとなくわかりますが、共感は全く出来ません。非常に残念としか言いようがありません。

 

今後の接し方に困惑

まあ、人は完璧ではありません。

 

かくいう当方も釣り場で小便はしますし、場合によっては大もボート屋に間に合わずすることはあります。

 

ですが、今回の動画は飽くまでも仕事であり、その撮影の最中に吸っていたのは一切の弁解の余地はないと思います。

 

年の瀬も近づく中で非常に残念なニュースです。なぜなら、2019ジャパンフィッシングショーも控えているからです。その場で田辺プロをどういった視点でみるのか?という部分では少し戸惑います。

 

釣りの技術部分では非常に参考になりますが、やはりプロですから人格とか生き方も大事になってきます。

 

その点で今回の失態は大きなキズをノリーズというブランドにつけてしまったといえるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

直接の声を聞きたい

というわけで、田辺プロの直接のコメントが聞きたいと思っているのは当方だけではないと思います。

 

田辺プロが御自身の口から事実を語ってくれ、謝罪の弁があれば皆快く氏をまたフォローすると思います。間違ったことをしたときにはやはり謝るのが一番良いのは御本人もわかっているとは思うのですが。。。

 

良いツイッターの投稿があったので、掲載しておきます。

今後の田辺プロの対応如何で、ファンのフォロー具合もかわってくると思います。

 

それなしで、J-CASTの取材があったから皆知ってるでしょ?みたいな態度をとるようでしたらこれはもう激おこプンプン丸です(´;ω;`)

 

さあ、今後田辺プロはどのようにメディアの中で振る舞っていくのか大変興味深いです。

 

この件については、ずっと追いかけていきたいと思います。

 

田辺哲男氏からの声明文(2018年10月3日追記)

田辺哲男プロからの今回の件に対する回答が発表されました。遅かった感は否めませんが^^;

 

田辺哲男プロからの発信

 

今回の件を踏まえて、ますますの啓蒙活動並びに活動をされることを期待したいですね!

 

Basser編集部記事(再追記(2018年10月15日))

先日釣り人社(Basser)より、この件について直接田辺プロと意見交換している記事を見つけたので、添付しておきます。

 

 

ツイッターのコメント部が荒れていますwww。出す時期が悪かったと正直思います。

 

ですが、これからの行動を見守って行きたいと思います。

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism