【苦言】H1プラクティスで訪れた相模湖で見たゴミ現状と我々に出来ること(´・ω・`)★

こんにちは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

ちょっと驚きましたが、エグザイルのTAKAHIROさんが女優の武井咲さんと昨日結婚を発表されたそうですね(*´ω`*)

 

なんと武井さんは既に妊娠もしているとか。宣言通りの23歳での結婚のようですよ!メデタイです!

 

超美形のお子さんが生まれそうですね!\(^o^)/ 

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

H1プラクティスしてきました!

さて、明日いよいよH1グランプリ第4戦目の相模湖戦が開催されます。

 

当方も第3戦の亀山湖戦に続いて参加します。(第5戦の申し込みが9/1であることを失念しており、最終戦は出れません(笑))

 

初参戦の感想に興味がある方は、下記を御覧ください。また今後参加したい方に少しは参考になると思います。

 

H-1グランプリに初参戦してみた

 

9月1日の金曜日時点では泡が出ており、暑い気温から急激な冷え込みで水がターンオーバーしていたような気がします。

 

 

 

詳細は、特に書きません(笑)

 

一応これは、チャプター房総に参加されている公私共にお世話になっているKakedzuka.comの欠塚さんの御意見に沿っている形です。

 

当方はトーナメントターではなく、バスフィッシングを中心とした普通のアングラーなので、何かを書いてトーナメントに真剣に参加されている方の気を悪くしたりするのも嫌なので敢えて書きません。

 

ただし、1ヶ月ぶりの釣りであったため、ロードランナー2017ハードベイトスペシャル511LL+コンクエストBFSを色々なルアーで試してきました。

 

 

この模様は別記事で報告しますが、上記ラッキークラフトのベビーミノーは僅か2.7gです(笑)

 

まさに、神タックルでしたよ!

 

カバー際のゴミが多い

さて、メインのごみ問題です。

 

H-1のプラをする中で、カバーを中心に試して居たのですがやはりゴミが目立ちます。

 

まずは、この画像を見て下さい。

 

これは秋山川上流部分をみて右岸側にある超小規模のワンド部分で見た光景です。

 

これをみてどう思いますか?

 

何を感じましたか?

 

Sabuismの読者の方は比較的釣りをやりこんだアングラーが多いと思うので、まずこういったことはしないと思いますが、これは初心者でしょうかね。

 

キャストをしようとしたら、目の前にプラーンと(笑)

 

正直気持ちが萎えます。

 

そして、他にも入った人は居るだろうに、誰も回収していないんですよね。

 

なんでかなあ(´・ω・`)

 

別にこのゴミを当方が回収して、ゴミを絶対回収しろよ!と言いたいのではありません。

 

これをしてしまったアングラーの頭の中を考えていたんです。

 

もし、これが1,500円のハードベイトだったら? 5,000円以上するウッドプラグだったら?

 

 

もし、お気に入りのヒラクランクが根掛かりしたら、絶対に取りに行きますよね(笑)?

 

当方も昔、どこのかのレイクでパンツ姿になってまで取りに行った記憶があります。

 

そう、これがハードベイトだったら皆さんきっと取りに行くはずなんです!

 

でも、まあこれでもいいやっ!ってなっているからこのような状態なんですよね。

 

 

そう、「ワームは安い」から。

 

 

これはマチガイないと思います。最近は少し値上がりして700円位が多いですが、7本入と仮定して「1本100円」ですか。

 

まあ、どうでもいいやと思う人も居ると思います。再利用出来ますが、ハードベイトみたく再利用出来ないし、いいでしょ!と。

 

その気持もわからなくはありません。

 

ですが、何でもかんでも「お金の尺度」で思考してしまうととんでもないと思います。

 

 

恐らくこういった事をするアングラーは、「想像力」が欠如しているんだと思います。

 

自分が放置した「ライン+フック+ワーム」のゴミで何が起きるか?

 

 *鳥が飛んできて絡んで死ぬ。

 *他のアングラーのキャストが絡む。

 *フックがむき出しで人に刺さる。

 *etc.

 

他にも色々あると思いますが数秒でも上記の事は普通に思いつきます。

 

普段は、ゴミを残している常習犯のアングラーさんが例えば自分のお子さんを船に乗せて釣りをして、自分のお子さんにフックむき出し(カエシあり)が刺さったらどうしますか?

 

きっと、その人はそれ以降自分の出した「釣りのゴミ」キチンと回収すると思います。

 

でも自分の身の回りや自分が痛い目に合わないと解らない方も世の中には居ます。

 

それが致命傷だった場合はどうしますか?

 

人間の頭は快楽を得るためだけに出来ているわけではありません。

 

少しはこのような事も考えて釣りしませんか?

 

スポンサーリンク

 

私達が出来ること

せっかく時間を割いて釣りに行くわけです。

 

だから、とにかくゴミ拾いを積極的にしようぜ!という気は毛頭ありません。

 

当方もそういったゴミ回収活動をしたことは殆どありません。

 

ですが、自分の出したゴミだけは片付けましょう!

 

それは誰でも出来ること。

 

逆に出来ないなら、釣りをするべきではありません。

 

 

そして、思うのですが、ラインを太くしてみてはどうですか?

 

結構回収が楽に出来ますが。。。

 

繰り返しますが、本当自分本位で構わないので、自分のゴミだけは出さないようにしましょう。それでも自分に余裕がある場合は、釣っているスポットのゴミ(見つけたら)も回収しましょう!

 

結局、最後は

 

「自分達の首を締める」

 

ことになりますからね!

 

サトシンさんに会いました!

 

さて、重い内容が続いてしまいましたんので、最後に素敵な1枚を!

 

 

なんと、サトシンさんこと佐藤信治プロに出会いました!

 

他のアングラーがいる中でもこの日焼け具合は尋常ではない(笑)御方だろうと思ってちら見してみたらサトシンさんでした(笑)

 

大変フレンドリーに会話をして頂き、写真も快諾してくださいました。

 

内容的に難しかったようで、当方なんかにもどうだったか?と聞いて下さいました。

 

また日曜日にお会いするのが楽しみです。

 

親近感の湧く対応がまさに、「神対応」でしたね。

 

そんな9月1日の相模湖でした!

 

では、H1頑張ってきます!

 

<関連記事>

*【苦言】亀山ダム釣行で気になったアングラーのモラル★

*【保存版】免許不要艇利用者に捧ぐ。「3分」でわかるレンタルエレキボート走行マナー★

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism