フィネス戦を制したJohn Coxが優勝!【速報 Day3 Final】バスプロショップスサザンオープン第2戦 in Chickamauga Lake @TN

おはようございます、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

いよいよベトナムでの滞在も今日で終わりとなります。

本日の夜行便で出発し、明日の朝羽田到着です。

あっという間の2週間で、内容の濃い日々を送れました。それにしてもベトナム料理は美味い(笑)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

Source: Bassmaster Website

優勝はフィネスを制したJohn Cox

最終日は、20lb-6を釣り上げ、何と3日間の合計が68lb-3で見事に優勝しました!

John Coxの釣り方は、毎時間釣り方を現場に合わせて、走り回るスタイルを取っていたそうです。

FLWに参加されているJohn Coxにとってはランディング時にネットが使用出来ない(FLWはOK)のが大きなハンデであったかもしれませんが、それをものともしませんでした。

FLWに参加していますが、2018年のバスマスタークラシックにこれでクオリファイされることとなります。

”I’ve tried so long to win one of these Opens, it seems like forever,” Cox said. “I started fishing the Opens when I was 19. It’s where I started, really, so this definitely is a special thing for me.”
 
実はJohn Coxは19歳からバスフィッシングトーナメントに身を置き、現在は31歳。初のオープン戦優勝となりました。この優勝は本当に特別な意味があったようです。

今回の優勝パターン

なんと、今大会の全てを通じてサイトフィッシングで押し通したのはJohn Coxのみだったといいます。
 
良くトーナメントの優勝乃至は上位パターンとしてサイトフィッシングが有効なことはありますが、今回はそれがはまったといえます。
 
それを証明するのが、下記の一枚の写真です。ワッキーリグがキーだったようです。
 

彼がメインとしていたのが、下記のような岸近くのシャロー乃至は、水中ストラクチャー(家の足)だったようです。

岸際のシャロー周り。勿論スポーニング狙いでしょう。

 

 こちらはストラクチャー周り。家の足部分ですね。

そしてそれらを制した後の写真が以下。2枚とも異なるバスです。

 

 

実は、相当サイトフィッシングを押し通すにはチャンスは少なかったようですが、気温が上昇するについて食い気が上がってきてバスも口を使うようになったようです。

”Cox was fishing in extremely shallow water – less than a foot at times. He caught the majority of his fish on a 7 ½ foot MHX 873 rod with 15 pound fluorocarbon line and a Senko worm attached. He pitched a jig from time to time, as well, to try and locate the bedding bass he sought.”

超度シャローで1fを切る(≒30㎝)を切る水深のエリアでバスで多くのバスをキャッチしていたようです。少し深い部分に移動するとバスはいなかったようです。(彼のエリアではということです)

MHクラスのスピニングにフロロ15lb!?それにセンコーのワッキーでした。

TOP12のランキング

こう書いておりますが、12名しかいません(笑)

Place         Name Day 1
Fish / Weight
Day 2
Fish / Weight
Day 3
Fish / Weight
Total
Fish / Weight
1 John Cox 5 / 22- 6 5 / 25- 7 5 / 20- 6 15 / 68- 3
2 Michael Neal 5 / 23- 0 5 / 18- 0 5 / 24- 6 15 / 65- 6
3 Hunter Shryock 5 / 25- 7 5 / 18-14 5 / 18- 1 15 / 62- 6
4 Shaw Grigsby Jr. 5 / 25- 1 5 / 17- 5 5 / 18-10 15 / 61- 0
5 Ish Monroe 5 / 18- 2 5 / 21-14 5 / 19- 6 15 / 59- 6
6 Bill Weidler 5 / 19-13 5 / 16- 0 5 / 16-15 15 / 52-12
7 Wayne Hauser Jr 5 / 18-15 5 / 19-13 5 / 13- 4 15 / 52- 0
8 Brandon Lester 5 / 19-11 5 / 17- 8 5 / 14- 1 15 / 51- 4
9 Wes Logan 5 / 16-15 5 / 18- 6 5 / 14- 1 15 / 49- 6
10 Josh Douglas 5 / 24-13 4 / 10- 8  5 / 12- 9 14 / 47-14
11 Justin Lucas 5 / 17- 7 5 / 18- 7 4 / 9- 4 14 / 45- 2
12 Sam George 5 / 11- 1 5 / 26- 2 2 / 4- 12 12 / 41-15

こう見てみると、John Coxと2位のMichael Nealの差はまあ約3lb。

約1本の差となりますね。もうJohn Coxの上手い試合運びだったとしかいいようがありません。

彼はFLWのHarris Chainで優勝を逃していましたので、この優勝はとても嬉しかったのではないかと思います。

本当におめでとうございます!

Day1結果

 

Day2結果

 

【告知】サザンオープン3戦目Smith Lake (Al) 9/28~9/30

https://jp.pinterest.com/jphenderson10/smith-lake/

さあ、次回のサザンオープンは、9月末にアラバマ州のスミスレイクにて行われます。

ほぼ初秋の頃ですね。ラージ、スポッツ、スモールが混在するクリアレイクとなります。

北嶋一輝選手の優勝に期待しましょう!

それでは!

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism