池の水ぜんぶ抜くは各地に飛び火!?三重県亀山市で池干しが実施され子供らが約100人参加という奇妙なニュース★

昨日は舞浜に仕事で行ってました。夢の国は久しぶりに訪れたのですが、愉快な気分になります笑

 

平日ではありましたが、相当な人がいました。料金値上げしていますが、人気は流石としか言いようが無いですね。次回はプライベートで期待です笑

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:伊勢新聞(ヤフーニュース)

スポンサーリンク

 

池の水全部抜く

池の水全部抜くシリーズはかなり賛否両論がありますが、テレ東では大きな視聴率を取る番組になっています。

 

池の水を全部抜いたらどうなっているのか?という発想自体は面白いとは思うのですが、内容が外来種の駆除に及んだ際にはちょっとどうかな?という疑問符が頭をよぎりましたね。

 

そうですが、ブラックバス(オオクチバス)やブルーギルを中心に外来魚の特集をやったときのことでした。

 

そのときには以下のように放送されていました。

 

生態系の破壊王

たしかにブラックバスが新しいフィールドに入った際には爆発的に増える傾向があり、在来種もその餌になっていたことは否定出来ません。

 

ですが、上記のような表現は多くの視聴者に誤解を与える表現(外来魚駆除側には都合のよい表現)であり、公平性があるとは言い難いですね。

スポンサーリンク

 

視聴率重視は理解出来ますが、行き過ぎた放送であったと思っています。

 

原因不明!?琵琶湖の外来魚ブルーギルが急に大激減で滋賀県が実態調査へ。税金投入も検討★

2018.09.19

 

[ad#ad1]

三重県亀山市での池干し

そしてその影響は今や全国に及んでおり、9月の中旬には三重件の亀山市では”池干し”と称し、池の水を抜いて外来魚の駆除をするイベントが実施されました。

 

【亀山】三重県の亀山商工会議所青年部(桜井健司会長)と亀山市住山町水利組合服部紀郎組合長)は15日、同町内の農業用ため池(約1000平方メートル)で池干し「池の水からっぽ大作戦」を実施した。

 

池の水を抜くことにどうこうは言いませんが、外来魚駆除に子供ら100人参加とのニュースがありますが、これに子供を利用するのは正直どうかと思います。

 

我々日本人はどうも日本開国以来も、その偏った純血主義がまだまだ残っており、異質なものを「排除」しようとする傾向があります。それを子供のころから助長するような活動は正直どうかと思います。

 

池干しはブラックバスやブルーギルなど外来魚駆除とコイやヘラブナなど在来魚の保護が目的。子どもら約100人は手にたもを持ち、水を抜いた池に入り、腰まで泥だらけになりながら在来魚や外来魚をバケツに確保した。

 

この商工会議所の方たちも幼少期はザリガニ釣りとかしたはずです。そしてそのザリガニを殺すことはしなかったと思います。

 

残念ながら、そのザリガニも外来種ですwww

 

[ad#ad1]

今後の動き

外来魚特集の際には色々と意見が飛び交い、最近では以下のようなことも。。

 

 

池は基本個人の所有物(農業用)であったり、そこに生態系がうんぬんというのは正直に「?」がつく内容だと思います。私物の池であれば良いですが、公共の場である場合には本当に慎重に対応しないと在来種にも大きな影響を与えかねません。

 

そして、子供にその作業に加担させる行為は今後の彼らの人格形成にも大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

 

櫻井会長は「初めての試みでしたが、地元組合や多くの関係者の協力を得て大成功でした」と話していた。

 

今回の件では、上記のようなコメントがありましたが、正直心配ですね。。

 

今後もこの池の水を抜く系の内容のニュースは追いかけていきます。

 

【特集】外来魚問題ーアメリカで爆発増殖するAsian Carp(ハクレン!?)★

2017.03.16

 

【情報共有】滋賀県の琵琶湖(マザーレイク)のバス釣りが有料化に?ー毎日新聞記事より

2017.11.16

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism