【メジャーリーグフィッシング】がMLFバスプロツアー創設を発表!賞金がB.A.S.S.とFLWを超えるツアーに★

今週はとある場所でブロガー達での釣り会があります。

 

一緒に釣りをする機会が少ないので楽しみです(*´ω`*)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: MLF HPより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

MLFバスプロツアーが創設

現在のアメリカのツアーはB.A.S.S.とFLWの双璧がメジャーツアーとして存在していましたが、ここにきて第三のツアーこと「MLFバスプロツアー」が開催されるとの発表がネット上で大変話題になりました。やっと当ブログでも解説です(笑)すいません、遅くなりましたm(_ _)m

 

何と今回のツアーはB.A.S.S.やFLWよりも待遇が良い大会になるとのことで、多くの選手が移籍をする可能性があると噂が飛び交っております。

 

では、そんなMLFバスプロツアーとはなんぞや?ということで見ていきたいと思います。

 

メジャーリーグフィッシングとは?

視聴者が見たことの無いようなバスフィッシング番組を提供する。。。

 

どうやらメジャーリーグフィッシングの始まった起源は、アングラーサイドとアウトドアチャンネル側双方の要望が重なったところにあった模様。そしてその番組への趣旨はこれ。

The new made-for-television tournament series had to be more exciting, more dramatic and highlight the fierce competition found in professional bass fishing.

テレビ競技としての新しいトーナメントはよりエキサイティングで、ドラマチックでプロフェッショナルなバスフィッシングに置いて、激しい競争があること。

They wanted fishing fans – and sports fans overall – to view professional competitive fishing in the same manner that they see in other sport organizations, such as the NFL, MLB, PGA, NASCAR, etc. 

彼らは、NFL(フットボール)、MLB(野球)、PGA(ゴルフ)、NASCAR(モータースポーツ)同様のやり方で釣りファン・ひいてはスポーツファンにプロの釣り競技を見てもらいたいと思っていたのです。

 

でっ、2007年のバスマスタークラシック優勝のボイドダケットと数人の仲間で色々コンセプト等を話し合っていましたが2009年まで表面化しませんでした。ある時からケビンバンダム、スキートリース、ゲーリークライン、アルトンジョン、デニーブラウアー等々も加わり実行へと移っていったのです。

 

その中で、アングラー達はB.A.S.S.とFLWへの多大なる功績をリスペクトし、それとはバッティングしない大会を考えようとしました。

 

The formation of Major League Fishing should be geared to only strengthen the sport by playing a complementary role to B.A.S.S., FLW and more importantly, the anglers.

 

すこし端折りますが、最終的に至った結論は以下。

  • Surprise venues (思いがけない会場)
  • No practice days (プラクティス無し)
  • Real-time leader board in each boat (リアルタイムでの順位)
  • No limits on the number of fish weighed (ウェイトの上限数無し)
  • Implement time-based deadlines and weight-based cut lines(時間ベースの締切とウェイトベースでの足切り?)

うまく訳せなくすいませんm(_ _)m

 

確かに今までのトーナメントにはない感じですね!

スポンサーリンク

 

細かい打ち合わせがアウトドアチャンネルと幾つも重ねられ、そして約1年後にそれは遂に実を結んだのです。

 

メジャーリーグフィッシングの最初の試合は、2012年にテキサスのレイクアミステッドで開催されました。当初のメンバーは立ち上げメンバーの14名と10名の著名なアングラーで実施されました。

 

そしてまたたく間に人気のトーナメントになっていきました。

 

トーナメントのは6日間の大会がありました。

1、エリミネーションラウンド(27名→18名)

2、サドゥンデスラウンド(18名→8名)

3、チャンピオンシップラウンド(8名→1名)

 

この流れで試合が行われているようです。

 

細かく書くと切りがないので、ここで割愛します!

 

参加メンバーは10月上旬頃に発表

今回のトーナメントではプレミアなバスアングラー80名が大会に招待されるようで、その発表は10月とありますが、既に幾つか出てきています。

 

 

 

という具合にアマケンさんのツイートにて幾つかの選手の発表があります。当然大森貴洋も創設メンバーということで移籍するようです。

 

「自分の釣りにコンフィデンスを!」大森貴洋 2018年エリートシリーズ@レイクマーティン戦の本人執筆記事!

2018.02.17

 

[ad#ad1]

 

メジャーリーグフィッシングのモットー

メジャーリーグフィッシングの保護精神として、”バスを釣る、計測、そして即リリース”というのがあります。

MLF’s conservation-minded “catch, weigh and immediate-release” rules allow participation on waters where typical tournament formats can’t go. The model has earned respect and accolades from many state fish and game agencies.

このフォーマットを採用することで、今までにトーナメントが開けないようなフィールドでの試合が可能になるのだとか。

 

魚への敬意からこのような方式に至ったようです。

[ad#ad1]

バスプロツアーの内容

新しく発表されたバスプロツアーは全部で8試合のレギュラートーナメントがあり、その後にチャンピオンシップがある形式をとっています。この点では、B.A.S.S.やFLWとさほど大きな違いはありません。

 

ただし、ワールドチャンピオンシップというのもあり、多様性に富んでいるようです。

 

そして、バックには全米でポピュラーなバスプロショップとアウトドア・スポーツマングループがサポートしています。

 

まだ細かい大会のスケジュールについては発表されていません。

MLF officials will announce the finalized MLF Bass Pro Tour schedule, format and anglers in the coming weeks.

 

大会として破格の賞金

この大会では低いエントリーフィーかノーフェントリーフィーで大会に参加でき、超高額の賞金が大会側から支払われます。

 

これに対抗してか、B.A.S.S.の側は対抗措置をとってきました。

 

【考察】2019バスマスターエリートの緊急対応はメジャーリーグフィッシングのバスプロツアーの影響か?

2018.09.23

 

何とレギュラーシーズンでは70万米ドル以上(≒7,700万円以上)で、チャンピオンシップでは120万米ドル(≒1.3億円)以上もの大金が動くことになります。

 

レギュラーシーズンの優勝が10万米ドルで、チャンピオンシップともなれば優勝は50万米ドルももらえます。

一応アマケンさんの投稿にはこのようにあるのですが、当方は見つけることが出来ませんでした。(どなたか教えていただけると助かります!)

 

先程レギュラーのエリートも優勝すると10万米ドルもらえると書きましたが、レギュラーのエリートでは2位以下が寂しいのです。

 

2位でも約2.5万米ドルですが、MLFバスプロツアーの2位は何と7万米ドルももらえます。この差は大きいと思います。

 

つまり上記や下記の表を見ると、1位以外にも手厚いし、レギュラーでなければ1位の賞金も膨大なのです。

 

これは夢がありますね。

 

そして、MLFワールドチャンピオンシップも存在。

 

さあざっくりと紹介してきましたが、今後大会のスケジュールも明らかになるようです。

 

ざっと書いたので、間違いがあればご指摘願いますm(_ _)m

 

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism