【スモールマウスバスタックル】前編:バスマスターエリート第6戦セントローレンスリバー上位陣ヒットルアー★

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

ブンブンに行こうとしたら、珍しくテレビの誘惑が(笑) 

 

タイトルが「ジュラシック・レイク」って!パークじゃなくて、レイクなんですよ(笑)これはもう見るしかないと見てしまいましたww

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: バスマスターウェブより画像をお借りしています。

スポンサーリンク

 

トップ12名のウイニングルアーを見る

ケビン・バンダムの非の打ち所がない劇的な24度目の勝利で幕を閉じたセントローレンスリバー戦。

 

北米エリアのスモールマウスバスをエリートプロがどのように攻略していったのか?

 

先日のセントローレンスリバーでの上位陣のルアーを見ていきたいと思います。

 

上位12名のヒットルアーは間違い無く、我々の釣行にも参考になると思います。

 

特に、日本でも「野尻湖や桧原湖」で釣行する際の参考になるかもしれません(´ε` )

 

最終順位は以下でした。一試合前のことになるので、復習をしながら見ていきますよ!

 

まずは前編です!

 

 

Rank Name Day 4 F/W Total F/W
1 Kevin VanDam 5 / 23-12 20 / 90- 3
2 Brock Mosley 5 / 20- 2 20 / 82- 3
3 Brandon Palaniuk 5 / 18-13 20 / 82- 0
4 Brent Ehrler 5 / 17-13 20 / 80-14
5 Jonathon VanDam 5 / 16-14 20 / 80-14
6 James Elam 5 / 18- 6 20 / 78-14
7 Jamie Hartman 5 / 18- 9 20 / 78-12
8 Casey Ashley 5 / 15-12 20 / 77-13
9 Brandon Coulter 5 / 16-13 20 / 77- 9
10 Gerald Swindle 5 / 14-14 20 / 76- 8
11 Alton Jones 5 / 15-14 20 / 75-13
12 Bernie Schultz 5 / 9-8 20 / 70- 9

 

Day4の記事はこちら。

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。昨晩は横浜に居たのですが、駅ではガチャガチャ祭りが開催されていました。大宮に住んでいたことがあるのですが、そのときも駅でやっていましたね!種類も増えてガチャガチャブー...

 

 

12位:バーニー・シュルツ

 

キーは、クロームラパラスキッターVでした。これのウォークザドックだったようです。

 

もう1つは、千鳥アクションをするラパラのシャドウラップ。

皆さん大体、ハードベイトとワームを紹介してくれます!

 

ワームでは、2インチのチューブに1/4のジグヘッドをインサート。ワッキーは、ゲーリーのセンコーでした。

 

11位:アルトン・ジョーンズ

ダウンショットをメインに攻略。Yum社のワーミングショットを使用。

 

フックは2/0、シンカーは1/4オンス。カラーは、グリパンパープル。

 

10位:ジェラルド・スウィンドル

メインは、1/2オンスのバックアイルアーの G-Man BalinOut Jigにズーム社のZクローラーをトレーラーに使用。

 

もう1つは、ラッキークラフトのポインター112を使用。

 

 

9位:ブランドン・コールター

メインは、フィネスアプローチ。メインベイトの1つであるゴビーに似たゾーン・スラマーをチョイス。

1/0のKVD ドロップフックに3/8~1/2オンスのウェイトをセット。

3インチのメガバスのスパークシャッドスイムシャッドも使用。アユカラー・

1/8のジグヘッドです。

 

8位:ケーシー・アシュリー

 

ダウンショットをメインに。4インチのズームZドロップワーム+#1ガマカツフックにウエイトを1/8~1/4オンス

ケイテック社のスイングインパクトFATIGUEのテネシーシャッド、スモールマウスマジック、グリパンを使い分け。

1/4オンス~3/16オンスのジグを使用!

 

7位:ジェイミー・ハートマン

さて、前半戦最後となります!

1/2オンスのライオットベイト リルクリーパーコンパクトフットボールジグのPB&Jカラー。

 

トレーラーにゲーリーヤマモトのツインテールグラブ。

 

さて、如何でしたでしょうか?

 

ダウンショットは深場に居るスモールを狙う上では、日米も関係ありませんね(笑)

 

でもそんな中でもジャークベイトで釣る、バーニーや2016AOYのジェラルド・スウィンドルはかっこええな\(^o^)/

 

さあ、次回はいよいよ帝王ケビン・バンダムや若手ホープのブランドンパラニュークが登場です!お楽しみに!

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism