【ラウンドシンカー編】ダウンショットリグのシンカーを各メーカー毎に調べてみた★

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

今晩のおかずは、親子丼にしたかったのですが、我慢してオムライスへ変更!

ネギが沢山あるので、ネギオムレツ(・∀・)

口が臭くなりそうです(笑)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

ジョン・マーレイによるシンカー選択

さて昨晩はバスマスターエリートシリーズのジョン・マーレイによるラウンドシンカーとスティックタイプの使い分け動画を紹介しました。

【WIRED2fish動画コラム】ダウンショットシンカー選択をエリートプロのジョン・マ...
お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 一日経つのが本当に早く感じます。充実しているということなのでしょうか? そして、新しくベッドが届きました(笑)んーー、組み立ては明日かな(爆) <Facebookページへ...

 

シンカーがいくらか出てきたかと思いますが、当方は正直言って、ラウンドタイプがザップ以外は、スティックタイプはアメリカの鉛製を使用しています。

これって、イケてないですよね。

ということで、自分は本当に好きなルアーでしかバスフィッシングをしないので、少しは知らない製品を色々と調べてみました。

調べたのは、リューギ、ジャッカル、スタジオ100、デコイ、アクティブ、ザップ、レインズの7社を調査。

さあ、お気に入りの一点は見つかるか!?

まずはラウンドシンカー編から。

(注)価格はあくまで、広告の店の価格であり、その製品自体の普遍的な価格ではありません。

 

ラウンドタイプシンカー

ラウンドタイプシンカーは、一般的な岩盤エリア、フラット、砂、土エリアで通常使用されます。

明日紹介するスティックはグラスや急流部です。その違いをもう一度リマインドです。

ジャッカル(JACKALL)タングステンカスタムシンカー

Feco(フェコ)タックル認定製品。タングステン素材で大きな特徴はない通常のラウンド型であるが、糸の引掛け部分がシンカー下部まで突き抜けている。

ウエイトは、1/32~1/8オンスまでありますが、重量系はありません。・ω・

価は、税込みで457円。

 

エンジン スタジオ100ドロップショットタングステンシンカー

Feco(フェコ)タックル認定製品。タングステン素材で、ナス型で安定感があります。スイベルが付属しているため、ヨレ対策も万全。

1/2オンスまでのヘビーダウンショットにも対応できます(*´ω`*)

ウエイトは、1/32~1/2オンスまであります。

売価は、税込みで480円。

 

調べ始めておもったのですが、最近のダウンショット用のラウンド型シンカーは、

 

「ひっかけ+スイベル(ヨレ対策)」

 

がキモなんですね!調べてて勉強になります(笑)

 

デコイ( DECOY)ダウンシンカー コツコツくんDS-1

これはタングステンではありません!スイベルも付属していません。その為安い(笑)

ウエイトは、3/32~5/16オンスまであります。

売価は、税込みで345円。

 

デコイ(DECOY)シンカータイプドロップ DS-8

ゼロダン用かつタングステンではありませんが、3.5gや5gはスピニングでも使えますし、重量クラスもあるためベイトでも使用可。

6角フォルム仕上げで、すり抜けが良さそうです!

ウエイトは、3.5~45gまであります。

売価は、税込みで345円。

タングステンシリーズはなさそうですね、デコイは。

 

ACTIVE(アクティブ)ダウンショットシンカー

ローリングスイベル付きで糸ヨレが激減。これもタングステンではありません!硬質素材と明記(笑)なんだろう。。

ウエイトは1/16・1/8・3/16・1/4・3/8ozの4サイズ。

売価は、税込みで194円。(破格の安さである)

ザップ(ZAPPU)ダウンショットシンカー

本記事のトップにあるシンカーで当方も使用しています。スーパーメタル素材でFECO対応です。古くからある老舗のシンカーです!

ウエイトは、1/32~5/16オンスまであります。

売価は、税込みで584円。

レインズ(reins)ダウンショットシンカー

タングステン素材でFECO対応製品です。スイベル付きのスタンダードシンカーです。

ウエイトは、1/32~3/8オンスまであります。(ヘビーダウンショットにも使えます!)

売価は、税込みで583円。

 

まとめ

リューギはラウンドタイプがないので、6社7アイテムの製品を見てきました。

本当に色々ありますね。

8種類の内、3種類がタングステン素材ではありません。

やはり、ラウンドタイプは最初一般的であったため、今でもタングステン素材以外もまだ多くありそうですね。

下記のまとめはタングステン素材のみでまとめます。

タングステン素材は軽めのウエイトが多いのですが、重量系のウエイトを用意しているのは数社です。

それは、エンジン(スタジオ100)とレインズのみです。

一番使用するウエイトだけを揃えているのは、ジャッカルのみ。さすがです。

さて、如何でしたでしょうか?

自分自身がまず勉強になりましたが、上記のアイテムは多くの釣具店で販売されています。

是非ご参考に!

 

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism