【保存版:ロングインタビュー】 ケビン・バンダム(KVD)カムバック!★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

本日は当方が尊敬する先輩方が出場するH-1グランプリが房総の亀山ダムにて開催されています。

 

結果は当方ブログにもリンクのあるNamaroさんがレポートを何時も配信して下さっているので、大変楽しみです!先輩方頑張って下さい!!!

スポンサーリンク

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmasterの画像をお借りしています。

 

ケビン・バンダム(KVD)復活!

そしてBassmasterHPにてケビン・バンダム選手のロングインタビューが掲載されました。

B.A.S.S.
の記者Jim Edlundさんとの対談形式になっており、他のコラム等で語られなかった

Humminbird LakeMaster(魚探)の使い方についても言及されています。

では、ケビン・バンダム選手の生インタビュー記事をどうぞ!

Jim Edlund(ジム・エドラウド氏によるインタビュー記事です。)

https://www.bassmaster.com/news/kvd-s-comeback-his-own-words
—————————————————————————————————–(
引用開始)

KVD’s comeback: In his own words May 22, 2016

Bass fishing is a lot like any sport. Fall into a slump and critics crawl out of the woodwork. And with today’s multitude of media, there are way too many opinions flying around — most of all in the realm of social media, where everyone’s an expert.

(バスフィッシングは、他のスポーツ同様に競技です。スランプに陥ったり、どこからともなく酷い批判を受けることもあります。そして、今日の多くのメディアがあり、様々な意見が飛び交っています。多くは誰もがエキスパートとなれるソーシャルメディアの中にあります。)

But the squawk boxes are a little quieter this week for Kevin VanDam as bass fishing’s icon commanded a wire-to-wire win at the A.R.E. Truck Caps Bassmaster Elite on Louisiana’s famed Toledo Bend, ending a five-year drought between major wins.

(しかし、そのようなやかましい箱(メディア)も今週はバスマスターエリートシリーズToledo Bendで優勝したケビン・バンダム選手の勝利で少しは静かです。)

With the world watching, the four-time Bassmaster Classic champion and seven-time Toyota Bassmaster Angler of the Year weighed a whopping 96-pound, 2-ounce four-day total, eclipsing second place by nearly eight pounds. The $100,000 brings VanDam’s career winnings to just shy
of $6 million.

(世界が注目している中で、4回のバスマスタークラシックチャンピオン、7回のトヨタバスマスターアングラーイヤー獲得者は4日目の合計で2位に8lb以上の差をつけ、96lb2ozを叩き出しました。10万米ドルの賞金を得た事で、生涯獲得金額は600万米ドル(6億円)を超えました。)

For Kevin, this win was personal. It was along and torturous road filled with late nights, early mornings, miles of travel, and weeks of being away from home. But there was one thing that didn’t change, his iron-forged perseverance.

(今回の勝利は、彼にとって個人的に意味のあるものでした。勝利までの道のりは、深夜、早朝、何マイルもの旅、そして何週間もの家族との離別で満ちた長く拷問のようなものでした。しかし、そこには変わらないものが1つありました。それは、彼の良く鍛えられた忍耐力でした。)

I sat down and talked with Kevin about how it all happened and how it feels to be back on top. Here’s a peek inside the boat and the mind of someone who could be bass angling’s greatest of all-time.
(私はすわり、彼のこの優勝がどのように起こったのか、そしてトップに返り咲いたことをどう思うか話し合いました。ここでは、そのboatの内側とどんな時でも素晴らしいアングラーである彼の心の中を少し見ていきたいと思います。)

大会に臨むにあたって、どのような心境だったかい?

KVD: I didn’t know what to expect going into the first day. Practice was really windy, which made it hard to fish offshore, but I got a few bites,
so I knew I’d get to fish how I like. I spent a lot of time studying the new Toledo Bend LakeMaster map on my Humminbird Helix 10 and just graphing with Side Imaging, Down Imaging and 2D Sonar.

(初日はどうなるのか分からなかったんだ。プラクティスでは本当に風が強くて、オフショアの魚を獲ることは出来なかったけども、少しのバイトはあった。なので、どのように魚を獲るかは分かっていたよ。私はHumminbird Helix 10の魚探、スライドイメージ図、縮小図、2Dソナーを用いて、本当に多くの時間を費やし、このあたしいToledo Bend研究の為に勉強した。)

鍵となったオフショアのストラクチャーにはどんなものがあったの?

KVD: Bass were in transition from post-spawn to summer structure, which on Toledo means deeper ledges, humps and spots close to creek channels or the main river channel itself. The water was also really high, so they were pulling some water and the current through the lake moved the bass to outside points. So I tried to find areas like the outside large spawning flats that would hold a large concentration of fish.

(バスはポストスポーンからサマーストラクチャーに移行している最中だったんだ。つまり、Toledo Bendでは深い岩棚、ハンプ、メインリーバーチャンネル乃至はクリークチャンネルの傍のスポットです。水温も非常に高くて、バス達はいくらかの水域から追い出され、湖の水流もバス達を外側へと移動させた。なので、私はバス達を多くストックしているであろう広大なスポーニングフラットの外側となるエリアを探す事に努めたんだ。)

魚探はどのような役割を果たしたの?

KVD: It played a big role. I know the Humminbird LakeMaster guys surveyed Toledo Bend when the water was low and basically destroyed two boats and a bunch of props to get the very best detail possible. That says a lot. The Toledo Bend map on the new LakeMaster Mid-South States card version 3 is almost overwhelming because there’s so much detail. I fished around Housen in Six Mile, two major creeks in the lower end of the lake, and it was stunning what that map revealed. But it’s the same thing with LakeMaster HD maps everywhere I go, from Kentucky Lake to Guntersville, Sam Rayburn, too. There are no more secrets. For me, it’s actually kind of bittersweet, because now everybody can
see the same things that I used to have to work so hard to find. But it’s going to help a lot of anglers become better fishermen.

(とても大きな役割を果たしたね。Humminbird LakeMasterについては、地形調査をした人達は水位が低い時に調査したんだ。より詳細でベストなデータを得る為に2つのボートと多くのプロップを壊してまでね。沢山の事を教えてくれた。New LakeMaster Mid-South States card version 3に搭載されているToledo Bendのマップは、本当に多くのディテールが登録されていて、圧倒される位なんです。私は6マイル位離れたHouseエリアのレイク以南の2つのメジャークリークを釣っていて、驚く程マップが教えてくれたんだ。でもね、Kentucky Lake から GuntersvilleSam Rayburnに行ったとしても私が行く所全てがこのLake Master HDのマップ上では同じ事なんだ。もはやそこにはシークレットは何もない。本当は私にとってこれは、ある種の嬉しくもあり悲しい事でもあるんだ。なぜなら今は誰でも同じものを見る事が出来るし、それは私が以前見つける為に身を粉にしてやらなければならなかった事だからね。でも、それが良いアングラーを育てる為に手助けになると思う。)

バスはどの位の深さに居たの?

KVD: I had some spots where fish were as shallow as 15’ or as deep as 30’. One of the biggest fish I caught was on a 28’ hump. So, the big thing for me was zooming in and out when I got to these areas. On a 500-foot scale mapping with LakeMaster, you get a great view of everything that’s in the region – how the spot you’re looking at lays out and what’s surrounding it and how fish might funnel to it. But it’s also critical to zoom into the 50-foot scale so you can get the precise line and cast off the ends of these points, especially after I graphed them. Once I had that plot trail I’d use it as a line to make my cast.

(私はバスが15フィート位のシャローから30フィート位までのディープにいる幾つかのエリアを持っていました。ビッグフィッシュの1本は28フィートのハンプで獲りました。私にとって大きかったのは、エリアに到着した時に画像を拡大縮小出来た事です。LakeMasterの500フィートスケールマッピングでは、その場所にあるどんなものでも素晴らしく得る事が出来ます。例えば、見ているエリアがどのようなレイアウトであるか、その周りに何があるか、そしてバスが何処に集まっているか等です。しかし、50フィートスケールで拡大することは重要であり、グラフに描いた後、正確なラインやそれらのポイントの端を捨てる事が出来ます。そのプロットを描く事が出来たら、自分がキャストするライン(目印)としてプロットを使用します。)

マッピングに加えて、どのような技術が釣果に役立った?

KVD: Because there was so much timber and structure, I used a lot of 2D SONAR and Down Imaging in split-screen view. Being able to see both images side-by-side allowed me to discern the different types of fish, was the key. There are so many baitfish, white bass, and yellow bass in Toledo Bend that a critical part is being able to tell what’s what on your electronics.

(沢山のティンバーやストラクチャーが存在した為、沢山の2Dソナーと分割画面でのダウンイメージ(湖底画像)を多用しました。キーだったのは、交互に両方の画像を見る事で、異なるタイプのバスを認識する事が出来た点です。)

When they weren’t pulling water, the bass were setting up on or just outside points and ledges, and hanging close to the bottom. The white bass were a lot higher up and farther off the drops. The large-mouths would be one or two feet off the bottom and I could actually see them on my Humminbird, turn around, make a cast and catch ‘em. And that’s what I found in practice and was able to expand on during the tournament.

(ストラクチャーが無い場合、バスはポイント真上や丁度外側、岩棚、ボトム付近でうろうろしている事がありました。ホワイトバスはもっと上の層におり、カケアガリよりも更に離れた場所にいました。ラージマウスバスは湖底よりも1-2フィート位離れていたと思うし、実際Humminbirdの画面で見る事が出来き、逆を向いてキャストし、バスを獲る事が出来ました。それをプラクティスで見つける事が出来き、試合中により良くしていく事が出来たんです。)

勝利したクランクベイトプログラムについて教えてください。

KVD: I like to fish crankbaits during postspawn because I can be very efficient — not only can I cover a lot of water, I can tell the difference
between hard and soft bottom. If I’m in 15 to 20 feet, I’m going to throw a Strike King 6XD; if I’m in that 19 to 24 feet, I like the 8XD; if I’m anywhere
from 20 to 30 feet, the 10XD is the way to go, especially if you’re trying to target big fish on Toledo Bend. The whole family of baits allows me to cover the 15- to 30-zone really well.

(私は、ポストスポーン期間にクランクベイトで釣る事が好きなんです、それはとっても効率的なんです。多くの水域をカバー出来るだけでなく、ハードやソフトボトムの違いを教えてくれます。もし15-20フィートの場所に居たならば、ストライクキング社の6XDを投げるでしょう。それが19-24フィートなら8XD 、そしてどんな場所でも20-30フィートあれば迷わず10XDとなります。特にToledo Bendのビッグフィッシュを取ろうとするのであればです。本当によくこのXDファミリーは20-30フィートをカバーしてくれるクランクベイトなんです。)
I have a cranking system that I worked with Quantum to develop that includes 7-foot, 10-inch or 7-foot, 11-inch medium-heavy or heavy- action composite cranking rods and my signature 5.3:1 gear ratio baitcasting reel for power. Depending on the crankbait, I use 12- to 17-pound fluorocarbon.(私のクランクシステムは、Quantumの道具とともにあります。それは7フィート、7フィート11インチのMH or Hアクションのクランク用コンポジットロッド、そしてパワーのある5.31のベイトリールです。クランクベイトの種類にもよりますが、12-17lbのフロロラインを使用します。)

ビッグフィッシュと言えば、3日目の8lb11ozについて教えてください。

KVD: I reeled my crankbait down over a hump that topped out at 28 feet,
and I got hung up in brush. As soon as I popped it free that fish bit it. I set
the hook, loaded up, and I knew it was a big one. It immediately swam into a
treetop, so I just kept pressure on it, eventually getting it to swim out of
the tree. Once the fish was inside the boat I was so excited that I jerked the
hook out of the fish and into my hand!
I had the fish in one hand and
had to cull a little pound and half fish and put that big one in the live well
with a Strike King 10XD 2/O Mustad treble stuck in my hand. Fortunately,
Garrick Dixon is one of the camera guys who was pretty close, and I walked him
through the procedure for the painless hook removal. It worked like a charm.(28フィートにあったハンプの頂点を丁度クランクベイトで巻いていて、そこにひっかけました。ルアーが離れるや否やそのバスがバイトしてきました。フッキングし、負荷をかけた時にビッグバスであることが分かりました。そのバスは急にツリートップに向かって走り出したため、ずっとプレッシャーをバスにかけ続けました。ボートにバスを揚げるやいなや余りに興奮して、バスからフックを外した際に自分の手に挿してしまいました。私は自分の手にStrike King 10XD 2/O Mustad trebleが刺さりながらも、そのビッグフィッシュを片手に持ち、ライブウェルの小さな1lbバスを獲り上げて入れ替えることをしました。幸いにも、近くにカメラ万のGarrick
Dixonが居た為、彼と一緒に痛みの少ないフック除去方法の手順を踏みました。)

Following your win, how do you feel about the rest of the season?

(今回の勝利に続いて、残りのシーズンについてはどのように思いますか?)

KVD: I’ve had an up and down season to this point. I had a couple good events to start off and was in good shape, but I’ve had a couple really bad
days, too, the last at Wheeler. To have a great event here at Toledo Bend, unarguably the best bass lake in the country really makes it special. I could not have done it without my Humminbird units and LakeMaster mapping. I’m proud to be with a company that understands the importance of investing in accurate mapping.

(今回までアップダウンのあるシーズンを送ってきました。良い形でスタートを切れる大会も幾つかありましたが、前回のWheelerレイク戦のように本当に悪いものも幾つかありました。このToledo Bendで素晴らしい大会をする為に、全米でもベストバスレイクと疑いの無いこの湖は、今回の大会を特別な物にしてくれました。Humminbirdの魚探とLake Masterのマッピング無しには無し得なかったことです。正確なマッピングを調査することの重要性を理解している会社と一緒に入れることを誇りに思います。)

———————————————————————————————————–(引用終了)

ケビン・バンダム選手のロングインタビュー如何でしたでしょうか?
余りにも長い為、当方も流石に今回は2日掛けて翻訳をしましたww
魚探の部分については、高度なテクニックで使用した経験(バスボート含め)が無い為、
皆さんの中にはこの人大丈夫かなあと思われる人もいると思いますが、その際は
教えて頂けると幸いです。

さあ、今後のケビン・バンダム選手どのような試合を見せてくれるのか、大変楽しみです!

【他のケビン・バンダム選手記事】 各記事へ飛べるようになっています!
【ケビン・バンダムコラム】Toledo Bend戦で勝利したテクニック★
【B.A.S.S.記者コラム】ケビンバンダム 王の帰還-Return of the King
ケビン・バンダム選手5年ぶりの優勝-王の帰還 【Final 速報!!】Day4 バスマスターエリートシリーズ第5戦 in Toledo Bend★
【ケビン・バンダムコラム①】 噂のシャッドスポーニングについて★
【ケビン・バンダムコラム②】Hydrowaveの効果的な使用法★
【ケビン・バンダムコラム】スポーニングとの付き合い方★
【ケビン・バンダムコラム】愛をこめて to  リック・クラン!

 

Appreciation!

サブイズム-Sabuism

*記事が良かったら、【サブイズム-Sabuism Facebookページ】にてポチッと「いいね!」を押して頂けると幸いです。皆さん応援の程宜しくお願い致します!あなたの1いいね!がこのブログを育てます!
https://www.facebook.com/sabu94fishing/

*釣り英訳・翻訳の御依頼引き受けます。海外出店に際してのHPの英訳、カタログでの英訳等で御困りの方がいましたら、お気軽に下記メアドまで御相談下さい。
sabuism94@gmail.com

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク