シマノ18ステラ(STELLA)は来年2018年に発売されるか!?14ステラを使ってみた観点から妄想してみる(*´∀`*)

イギリス王室のハリー王子とアメリカ人女優のメガン・マークルさんがが先日正式に婚約をされましたね。

 

「世界で最も結婚したい独身男性」と言われるヘンリー王子。

 

いよいよ独身生活に終止符(*´∀`*) 末永くお幸せに!

 

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

14ステラ素晴らしさ

Sabu
いよいよ年末が近づいて、年明けには直ぐに2018横浜フィッシングショー!
Kathy
ここで新製品がお披露目になりますよね!
Sabu
で、俺的に一番気になっているのが、来年は14STELLA(ステラ)が発売されるんじゃないかってこと!
Kathy
Sabuさんは、14STELLAを2台所有していましたんですよね、たしか。
Sabu
そうそう。何でかっていうとトップ写真にあるようにボーンフィッシュをバハマに釣りに行ったからなんだ。実はこれ、バスロッドで釣りあげているんにょ!
Kathy
「にょ」ですか(笑)。まあ、バスロッドならドラグがしっかりしているリールでないと心配ですよね~。

 

最新の動画では、オーナーばりの「夢釣行」があるので、動画を掲載します。

Sabu
村田さんもワールドシャウラ+14STELLAを使用してるよね。
Kathy
村田さんとこの釣りのスタイルは本当に合っていますね(*´∀`*)
Sabu
この写真は5lbのボーンフィッシュ。全部で6本釣り上げたんだけど、やはり本当に突っ走る。なので、ドラグの性能は非常に大事なんだよね。そういう意味で、一生一度のバハマ釣行を快適に過ごせたんだ。ロッドはアメニスタの266L-2。
Kathy
自分で身をもって体験された方の言うセリフは説得力がありますね(笑)
Sabu
思うけど、本当に「歓びが満ちてくる」リールだと思ったよ!

 

当方が所有していたのが、2500HGSと2500Sの2つ。HGSにはPE対応の夢屋スプールを装着して使用。

 

バスでも使用していたんですが、重量220gは重たい(笑)

 

なので、結局は売却してしまいました。

 

剛性感は半端なかったし、コアプロテクトの恩恵は十分に感じることが出来ました。

 

これが、初のステラ所有でした。

 

18ステラは出るか!?


(http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/3504 より画像をお借りしています。)

Sabu
さて、ステラと言えば4年周期で発売されていますよね。ということは、来年出るのかなと思ってるんだ!
Kathy
確かに前回が14だから、次は順当いけば、18ステラがでそうですね!

 

シマノ14 STELLA HP

 

上記の14ステラのHPを見てもらうと、その完璧なスペックを堪能することが出来ます。

 

14ステラの大きなポイントはやはり「コアプロテクト」「Gフリーボディ」

 

他にも諸々の機能追加はありましたが、個人的には「Gフリーボディ」が一番しっくりきましたね。

 

特にソルトのボーンフィッシュは、軽い「エビ」をキャストするので、結構タックルのバランスが大事だったんです。

 

そして滑らかさは言う必要も無いですね(笑) 超滑らかでした!

 

こういった素晴らしい機能が有る中で、次なる「STELLA(ステラ)」は一体どのような変化を遂げるのでしょうか?

 

正直言って全く想像が尽きません。ベイトの場合はDC搭載でバックラッシュを減らすという活気的な革新がありました。

 

でもスピニングってそんなに変化する要素が大きくはないと思います。

 

あるとしたら、

 

①絶対に糸グセが付かないラインローラーやローター。

②本体重量がアンダー200gなのに、今以上のスペックに昇華。

③ダイワの様にボディ素材を特殊なものに変える

 

というような感じでしょうか?

 

(2017年12月21日追記)

 

 

でも、あまりしっくり来ないですね(笑)

 

スポンサーリンク

ステラはシマノ社でも別格

Sabu
これは、とある釣具屋さんで聞いた話なんだけど、シマノの中でもステラを扱える人間は限りがあるみたいよ。
Kathy
えっΣ(゚Д゚)そうなんだ!
Sabu
そうそう、社内資格みたいのがあって、数人しか組んだり出来ないらしい。だからその習熟度を上げる意味でも3ー4年の歳月は必要なのかもね!
Kathy
それを聞くと、本当にこのリールの価値があるんだなって思います(*´∀`*)

 

そう、ステラマイスターが存在するシマノ社。

 

釣具業界にエンジニアとして入られる方にはこの部分を目指すのも良いかもしれませんね。

 

さあ、飽くまで予想の範疇を出ない妄想チックな話ですが、こういったことを議論しながら、新製品の発表を待つのも乙ですね。

 

早くも来年のジャパンフィッシングショー2018が楽しみで仕方ありません!

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism