【わがままバサー通信004】FLWの巨大スポンサーであるレンジャーボートに動きあり・ω・★

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

明日から夏休みが終了し、勤務が始まる方も多いのではないでしょうか?

 

休みボケになってしまっているかもしれませんが、頑張っていきましょう

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:トップ画像はフリー素材になります。残りはFLWウェブサイトより。

スポンサーリンク

 

レンジャーボートがFLWとの契約を延長!

http://bassboatjapan.shop-pro.jp/より画像をお借りしています。

 

わがままバサー通信を気軽に配信すると言っておきながら、まだ4回目で申し訳ありません(笑)

 

今日は大変大きな釣り人ニュースとなります。

 

なんと、先週の木曜日8月10日にFLWの超メインスポンサーである

 

Ranger Boats(レンジャーボート)がFLWとの長期契約を更新した

 

とのニュースが舞い込んできました。

 

となると、レンジャーボートのサポートを受けている深江真一選手の動きがどうなるか大変気になりますね。。。

 

もしかすると、少し前から今年FLWとの契約更新年であることを知っていて、万が一に備えていたのかもしれません。

 

そこには長~い歴史あり

 

 

ご存知だと思いますが、FLWというトーナメント団体が最初から存在していたわけではありません。

 

実は、最初は1980年台に

 

「Operation Bass」という団体が存在していて、

 

 

レンジャーボートはその時代からスポンサーをしていました。

 

 

そして1996年に、このOperation Bassがアメリカのミネアポリス州在住のIrwin Jacobs (アーヴィン・ジェイコブズ)に買収されて新しく名前をかえたのが、FLW始まりの歴史なんです。

 

当方も初めて知りました!

 

ということは、仮に1996年に再契約をしていたとして、21年後の今年2017年に契約更新をしました。

 

今回の記事には具体的なその契約期間は明記されていませんが、「continuing a longstanding relationship」とありますので、その期間は最低でも10年以上はあるのかもしれませんね。

 

レンジャーの広告

レンジャーが契約延長をしたことで、今後も多くの場所で目にとまることになります。

 

何とFLWの冠が付いた大会は258以上存在し、その場所全てで今後もレンジャーの広告を目にすることになるでしょう!

 

当方はこのレンジャーボートに乗ったことがないので、その耐久性とか凄さは分かりかねますが、これだけ巨大なスポンサーが継続を表明したという点では凄さは理解できます。

 

さあ、これからのFLWの運営も楽しみですね。

 

そして深江真一の動向がきになります。。

 

それはノーザンオープとサザンオープンの結果次第ですが。。

 

【わがままバサー通信003】深江真一バスマスターエリート昇格目前か!?ノーザンオ...
お昼ですね!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 来週久々の健康診断があります(笑) 会社の時は自動的に案内が来ましたが、国民健康保険に切り替えると、自分で申請しない限りは、自分での健康診断を受けることになります(高額)&nb...

 

 

Have a Great Fishing!


Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism