【ICAST2017】Savage Gear(サベージギア)が繰り出す魅力あふれるトップウォーターの世界!★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

さて、本日は新宿に用事があり、11時頃に行きます。

ちょっとした新しいプロジェクトがあります。その内公表出来ると思いますので、少々お待ち下さい(*´∀`)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Source: タックルツアーウェブサイト(画像をお借りしています。)

スポンサーリンク

 

Savage Gear(サベージギア)は2016年も熱かった!

実は、このSvage Gearは日本法人もあるのですが、マスキーやらパイクを釣るための興味深いルアーを制作しています。

 

勿論、バスフィッシングに十分使用出来ます。

 

このアヒルのルアーに見覚え無いでしょうか?

 

実は当方のお世話になっている先輩もこのアヒルルアーを使用しています。足がもげてしまったようですが(笑)

 

これはトップウォーターになるのですが、足が回転しバブル(泡)を発生させ、独特なサウンドを奏でるルアーです。

 

スナップやノットを結べる場所は一番フロントの部分とお腹の2箇所になります。アクションも2パターン出せます。

 

やり方によってはもっと出せるのかな??

 

詳細は動画を御覧ください。2016年のICASTの動画となります。

 

 

これに続いて、今年2017年もサベージギアがユニークな製品を発表してきました!

 

もう少し、バスフィッシング寄りの製品になると思います。

 

では見ていきましょう!

 

2017年もサベージギアが熱い!

さて、2016年に話題の新製品をリリースした同社が今年はメインで5つのルアーを紹介しています。

 

「コウモリルアー」、「ギルルアー」、「リップダイバー」というシンキングトップ、「ねずみルアー」そして「アヒルのフロッグ」をリリースしてきました!

 

他のメーカーとは、一味も二味も異なる独特な世界観を動画でお伝えします!

 

3D  Bat(3Dコウモリ)ルアー

4インチと5インチの2サイズがあります。これはいわゆる羽根物系(クローラーベイト)になりますね。

 

前者が1オンス、後者が2オンスあります。結構飛距離を稼げそうですね。

 

価格は意外に安く、19.99米ドル~24.99米ドルになります。カラーはブラック、グレー、ブラウンの3種類。

 

 

 

4インチギル型スイムベイト

フィネスベイトの位置づけになります。特徴としては、フックが上向きになっています。

 

Lip Diver(リップダイバー)シンキングタイプトップ

キャスト時は写真のような姿勢になり、着水語はベイトを水中から表層へと押し上げるアクションをします。

こいつの水面下でのヒラウチはやばいです。本当にワカサギとかが動いているように見えます。

 

3Dラット(ねずみ)ルアーの小型Ver.

全長サイズは6.5インチあるのですが、ボディだけでは≒4インチ。重さは1/2オンスになります。

 

こいつも水面下での左右へ動きはめちゃくちゃ釣れそうです。特に尻尾の動きが秀逸!

 

 

 

最後はFruckルアー(アヒルのフロッグルアー)

これ、めっちゃ釣れそうです(笑)

 

 

 

左が4インチフルサイズで1・1/2オンスあります。右が3インチで3/4オンス。

 

アヒルとフロッグの融合ルアーで、足部分はシリコンで作られています。

 

動きもやばいですね。フロッグ好きには是非試してみたいルアーです。

 

特に重量が有るため、キャストが既存のフロッグ等に比べてし易いと思います。

 

 

さて、2017年のサベージ社のルアーは如何でしたでしょうか?

 

楽しさが満開のルアー達になりますね!

 

参考もまでにアメリカのサベージ社の2017カタログと日本のサベージ社のサイトを載せておきます。

2017 サベージUSAカタログ

 

サベージジャパン Web

 

さあ、まだまだICAST2017ありますので、お楽しみに!

 

Have a Great Fishing!


サブイズム-Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism