【イッシュモンロー コラム】 マイ フロッグテクニックについて(●´ϖ`●)

 
以前に翻訳したイッシュモンローのコラムを再度整理して翻訳してみました!
 
 
 
フロッグの使い方についてイッシュ・モンロープロが解説しています(^o^)

 

特にこれからの牛久沼、マッディ-ウォーター系では大活躍するルアーです。。
 
 
 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster HPより画像を拝借しています。

 

スポンサーリンク

イッシュモンロー指南 My Froggin’ Tips

Charles Ross, from Galt High, asked me how to fish a frog. It’s a great question, and if Charles wants to know more about froggin’ I’m sure other anglers do as well. We’ll go over everything right now because frogs will catch bass from this minute until late in the fall, and even
after that in the warmest parts of the country.

(Galt High(CA)から来たCharles Rossがフロッグでどのように釣るかを尋ねてきた。それは素晴らしい質問であり、もしCharlesがもっとこのフッグの釣り方について知りたいのであれば、その他のアングラーも同様に知りたいはずかと。今すぐにこの釣り方を全部見ていきましょう。なぜなら、フロッグはこの時から晩秋までそして最も暖かい場所であればそれ以降もバスを獲る事が出来るルアーだからです。)

 

It’s impossible to get the most out of a frog without the right equipment. It’s number one on my list. I like a rod between 7 foot, 2 inches and 7 foot, 9 inches with an extra heavy action and an extra fast tip. I use a reel with a 7.3:1 gear ratio — never faster than that — and spool it with 50- or 65-pound-test Maxima Braid.

(適した道具無しにフロッグを最大限活用してバスを獲る事は不可能です。私は7.2フィートか7.9フィートのエキストラヘビー且つエキストラファーストティップを好んで使用します。リールは7.3:1を使用しておりそれ以上早いのは使用しません。ラインは50か55lbのブレイドラインです。)

ヘビータックルの理由

The reason I’m so specific about equipment is that you’re going to be dragging a 3-pound bass back to the boat with 10 pounds of grass around her. You need heavy tackle that’ll get the job done and hold up under that kind of tough use. This isn’t finesse fishing!

(ここまで道具にこだわる理由ですが、それは3lbクラスのバスをバス周辺の10lb位もあるグラスと共にボートに引きずり出すからです。その為、皆さんはそれが出来て、そのようなタフな使用にも耐えうるヘビータックルが必要となるのです。これはフィネスフィッシングではないのです。)

スポンサーリンク

 

Picking the right frog isn’t an option. It’s a necessity. The only frogs I throw are made by Snag Proof. My Phat Frog is my go-to bait. The reason is that it’s tough, it will not sink, it’s made to look good and it’s designed to walk. You don’t have to cut a leg short on it to make it walk like you do with the other ones that are out there.

(正しいフロッグを選択することはオプションではありません。必須です。私はSnag Proof社製のフロッグだけを使用します。Phat Frogは私のメインルアーです。理由としては、丈夫であり、沈まなく、見た目も◎でウォークするようになっている為です。足部分を他のウォークするルアー同様のアクションを出す為に短くカットする必要はありません。)

 

The only time I don’t use a Phat Frog is when there’s wind that makes the water choppy. I’ll go with a Poppin’ Phattie Frog under those conditions. You can make a little more noise with it and get the bass’ attention a little easier.

(唯一Phat Frogを使用しない場合と言えば、風があって水面が荒れている時です。そのような状況下では、Poppin’ Phattie Frogを使用します。)

 

カラー選択の基準

My basic colors are black and white. I’ll fish with black when I’m in low light conditions. Every now and then I might switch to a real dark green but that’s definitely the exception. When there’s a lot of light around I go with white. And, during the bluegill spawn I might throw a bluegill looking one a time or two. We call it Sexy Ish.

(基本的なカラーの選択については、ブラックとホワイトを使用します。ローライトコンディション時にブラックで釣ります。時々、リアルダークグリーンにシフトすることもありますが、それは確実に例外です。十分な光量がある時は、ホワイトを選択します。そして、ブルーギルの産卵期はブルーギル似の色を数回投げます。それをSexy Ishカラ―と呼びます。)

 

The reason my colors are so basic is because a frog doesn’t always look like a frog to a bass. Sometimes it represents a shad, a bluegill, a duck, a mouse, a bird or anything else that might be struggling in the water. A frog is a lure, not necessarily a frog.

(私のカラー選択がベーシックというのは、フロッグはバスにとって何時もフロッグに見える訳ではないからです。フロッグは、シャッド、ブルーギル、アヒル、ネズミ、鳥、乃至は水中でももがいている何かを表現しています。)

 

Because of that I’ll fish a frog almost anywhere the water’s less than 10 feet deep. Sure, I target mats, grass and pads but I also fish my frog over open water, around wood and against riprap. A frog is a universal bait.

(そのような事象から、私は10ft以浅であれば、どこでも殆どフロッグで釣ります。狙いはマット、グラス、パッドですが、ウッド周りのオープンウォーターやリップラップに対してもフロッグで釣ります。フロッグはユニバーサルベイトなんです。)

 

I’d say that 90 percent of the time I walkmine. That’s the best way to get their attention, especially the giants. But when there’s a chop on the water or they’re not responding to the walk I’m not too good to chug one.

(90%の時間私はウォークタイプのフロッグを使用します。それがバスの注意をひきつけるのに最も適した方法であり、特にビッグフィッシュには効きます。しかし、水面が荒れていたり、ウォークタイプに反応が無い時は、それにバイトさせるのは得意ではありません。)

 

スポンサーリンク

バイト時の注意点

When they bite you should set the hook hard and keep reeling. Do not stop. I’ve had several bass come all the way to my boat just holding the frog in their mouth. They were never hooked. If I’d have let up on them, or tried to play them, they would have opened their mouths and swam away.

(バスがバイトした時、皆さんはきちんとフッキングし、巻き続けるべきだと思います。巻きを止めてはいけません。過去に何度かバスがフッキングせずに口にフロッグを加えたままボートまで来た事があります。それらは一回もフッキングしていませんでした。もしバスをバイトさせ、余裕をもってファイトする事があれば、フッキングした箇所の穴が広がり、ばれてしまうでしょう。) 

 

さて、いかがでしたでしょうか?少しでも参考になれば幸いです!

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事