リック・クランを良く知る為の9つの事実!

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

本日は津久井湖でとあるルアーを除いて、一人H-1グランプリを敢行しております。ルアーサイズはベビーミノーからガンタレルまで(笑) どんだけやねんという感じですがw

 

本記事はリライト記事となります点、御了承ください。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source : Bassmaster Website

スポンサーリンク

 

リッククランB.A.S S.史上15度目の優勝

やはり、リッククランの15度目の優勝は相当な意味があったようで、

BassMasterのHPでもここ最近何かしらの話題があります。

 

リッククランネタを追いかけていたら面白いので、追及していきたいと思っています。 

 

ケビンバンダムがリッククランへ宛てた記事はこちら。

【ケビン・バンダムコラム】愛をこめて to リック・クラン!
お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。 本記事はリライト記事になります。昨年の2016バスマスターエリートシリーズ初戦にて劇的な優勝をしたリック・クランの優勝劇に対してケビン・バンダムが賛辞を贈ったコラムとなり...

 

本日のBASSのサイトでは、Ken Duke(ケン・デューク)さんという記者が興味深い記事を書かれていました。

 

35歳以下の方又はここ数十年のバストーナメントを知らない方は必見ですとデューク氏。

 

リッククランの栄光や事実についての記載があります。

 

さあ、これで一緒にリック・クランについて勉強してみましょう!

What young anglers need to know about Rick Clunn

以下は記事の抜粋
————————————————————————————————————————–(引用)

If you’re younger than 35 or 40, or didn’t start following professional bass fishing
until the last decade or so, you’ve missed a lot, and I feel bad for you.
The sport’s been around a lot longer than that, and a lot of its brightest moments
took place before the Internet was there to cover them.

35歳~40歳より若い方、ここ数十年プロのバスフィッシングを知らない方は
多くを逃していることを残念に思います。ネットが普及するまではそこには
多くの輝かしい瞬間がありました。

Rick Clunn’s win at the 2016 Bassmaster Elite Series event on the St. Johns River
has caused a resurgence in interest in his career. Long a fan and media favorite, his accomplishments may not be so well known to the latest generation of bass fanatics.(先日のリックの優勝は彼のキャリアへの興味を改めて誘うものとなっています。最近のバスファンにとっては彼の偉業はあまり知られていないかもしれません。) 

Let’s fix that.(さあ、勉強し直しましょう!) 

例によって、一部分ずつ青文字で英訳していきます。 英語マスターではない為、意訳・誤訳は御許し下さい!

 

スポンサーリンク

No One Has Fished More B.A.S.S. Events

B.A.S.S最多出場回数
In his 42-year career, no one has fished
more B.A.S.S. events that Clunn – 423 in all following the Elite Series stop at
the St. Johns River. Gary Klein has the next most appearances, but trails by
more than 30. Fewer than a dozen anglers have fished more than 300 B.A.S.S.
tournaments.
(42年のキャリアであるリック・クランB.A.S.S.出場回数が423回。これを無し得た者は他には居ません。その次がゲーリークラン。300回以上B.A.S.S.のトーナメントに出場した選手はほんの僅かです。) 

He made the Classic classic

クラシックを最高の舞台へ。

In the early days of the Bassmaster Classic, the big gripe (even in Bassmaster Magazine) was that the big names
never won the showcase event. Bobby Murray was an unknown when he won in 1971.
Ditto for Don Butler in ’72, Rayo Breckenridge in ’73, Tommy Martin in ’74 and
Jack Hains in ’75. Where were Bill Dance, Roland Martin and Tom Mann – the
early stars? It seemed like one of the big names would never win. But by
winning back-to-back in 1976 and 1977, Clunn showed the bass fishing world that
the Classic didn’t need an established star because it could create stars of
its own. Clunn used the Classic stage to build his legend like no one before or
since.
 (76年と77年のクランの優勝に遡ってみると、クランは自身が優勝することで、バスマスタークラシックにおいて確立されたスターなんて要らないんだとというこを世界に見せつけました。それは自分自身でつくるものだと思っていたからです。クランは、今迄誰もがやったことが無いような形でかれのレジェンドぶりを構築する為にクラシックのステージを上手く活用しました。)

 

He shared the spotlight with POTUS
(=President of the United Statesの意味です。)

 アメリカ大統領とのスポットライトの共有。 

Clunn was the subject of the most iconic
photo in B.A.S.S. history. In 1984, he won his third Bassmaster Classic in
record-setting fashion. But looking back on the achievement, it’s almost
overshadowed by the fact that Clunn was flanked by George H.W. Bush (then Vice
President of the United States) and Bill Clinton (then Governor of Arkansas).
Bush and Clinton were merely extras in the shots – a couple of pols trying to
scrounge up some votes – but Clunn was the focal point as he made history on
the Arkansas River. Who knew that both of the on-stage fish handers would
advance to the White House?

(1984年にクランは3度目のバスマスタークラシックを優勝しました。しかし、その偉業を振り返る際に、ブッシュ前大統領の親御さんであるジョージHWブッシュ氏(当時は副大統領)と当時アーカンソー州の統治者であったクリントン氏(後に大統領)とに挟まれ、見劣りさせるような形になっていました。ブッシュとクリントンはただその場に居ただけでした。いくらかの政治家が票を集める為にやることです。しかし、クランはアーカンソーリバーで彼がやってのけた実績があった為、その場の中心に居ました。)

 

スポンサーリンク

He posted the most dominant Classic performance in history

歴史上もっとも優れたパフォーマンスを残す。

 The same year he shared the stage with two
future presidents, Clunn turned in the most impressive and dominant Bassmaster
Classic performance in history. On all three days of competition he had the
heaviest catch, saving his best for last – his Day 3 catch was the biggest of
the entire event. In the end, Clunn outdistanced his closest competitor by 25
pounds, 8 ounces and set a record for total weight (75-9) that still stands.
(この大会で、クランは3日間自身のレコードとなるウェイトをたたき出す。特に、3日目は大会を通じて最高ウェイトを出しました。かれはもっとも近い競合選手に約25ポンド8オンスの差をつけて優勝。そして合計のウェイトは75ポンド9オンスであった。そして、これは未だ誰にも破られていません。)

He has 15 B.A.S.S. wins

 15回のB.A.S.S優勝 

Fifteen is a big number when it comes to
career B.A.S.S. wins. How big? Well, only Kevin VanDam (20), Roland Martin (19)
and Denny Brauer (17) have more.
(その他選手では、ケビン・バンダムで20回、ローランド・マーチンで19回、デニー・ブラウアーで17回となっています。)

He won ESPN’s Greatest Angler Debate

ESPN主催のアングラーディベートでの勝利。

Back in 2005, ESPN owned B.A.S.S. and
conducted a program called ESPN’s Greatest Angler Debate. It started with a
list of 35 anglers who were short-listed as the best of all-time. From there a
“blue-ribbon panel” of fishing media pared the list down to 10. Then it was
opened up to online voting by fans. The top 10 finishers, in order, were Rick
Clunn, Roland Martin, Bill Dance, Denny Brauer, Kevin VanDam, Larry Nixon, Hank
Parker, Jay Yelas, Gary Klein and Mark Davis. The winner was announced just
before the 2005 Bassmaster Classic in Pittsburgh. Clunn won in a landslide!

(2005年にB.A.S.S.がESPNによって買収されました。その際にESPN主催で偉大なアングラーによるディベート番組を実施。 35名居たリストが10名に絞られ、最終的にオンラインでの投票により順位が確定。その中で圧倒的な差をつけてクランが優勝。)

 

スポンサーリンク

Clunn dominates the B.A.S.S. record books

クランはB.A.S.S史上自身の名をレコードに刻む。 

Clunn is a dominant name in the B.A.S.S.
record books. Let’s start with 32 Bassmaster Classic appearances – two more
than Gary Klein. Then there are 28 consecutive Classic appearances (1974-2001)
– four more than Kevin VanDam (1991-2014). And of course, he has four Classic
wins (tied with KVD). Those are just some of the biggest highlights.
(32回あったクラシックを見てみよう。ゲーリークライン(30回)に対して2回多く、ケビンバンダムより4回多い。そしてケビンと並ぶ4回の優勝を成し遂げています。これが最も大きな経歴。)

Clunn and AOY

クランとAOY 

Clunn’s only AOY title came in 1988, but
the lack of those trophies belies his success. In the early part of Clunn’s
career, AOY carried little in the way of financial reward. Sometimes the AOY
got nothing at all; other times he won $1,000 or so. Clunn’s focus was on the
Classic – the most lucrative tournament in the sport. Nevertheless, he finished
in the Top 25 of AOY in 29 different seasons. Gary Klein and Larry Nixon are
tied for second at 23. Clunn was in the Top 10 of AOY 22 times. KVD trails with
20. For 28 years in a row (1974-2001), Clunn finished in the Top 25 of AOY. The
next best is Larry Nixon with “just” 18.(クランは1988年の1回しかAOYを獲得していない。しかし、そのトロフィーの欠如が彼に多くの成功をもたらした。クランの経歴の早い段階において、AOYは報酬という点では殆どなにもない。なにも見返りがない場合もある。あったとしても1000米ドル(10万)そこそこであった。にも関わらず、彼は、TOP25を29回の異なるシーズンで達成。ラリーニクソンが2番目で23回。クランはTOP10においては、22回のAOYで達成。ケビン・バンダムが20回。クランの次としては、ラリーニクソンが挙げられます。)

 

The short lists

ショートリスト 

Clunn is on just about every meaningful
“short list” in B.A.S.S. history. He’s one of only 11 anglers to win both an
AOY and a Classic. He’s one of five to win multiple Classics, one of two to win
back-to-back Classics, one of five to complete the B.A.S.S. Grand Slam (AOY,
Classic, $1 million in prize money and the Century Club – more than 100 pounds
of bass in an event). And none of the other four has also earned the B.A.S.S.
Outstanding Achievement Award. (Clunn was its first recipient in 2002.)

(クランはB.A.S.S史上どの有意義な”ショートリスト”にも名を連ねています。彼は11人しかいない数少ないAOYとクラシックの両方の優勝経験を持ちます。クラシック複数優勝は5人の内の1人。連続優勝は、2人の内の1人。またB.A.S.S史上のグランドスラム達成者5人の内の1人(AOY,クラシック、1億円の賞金獲得、そしてCentury Clubがあります。)それ以外でもクランはB.A.S.Sの最も偉業を成し遂げた人に贈られる賞も
獲得しています。(2002年、クランがその最初の受賞者) 

Best of all, Clunn isn’t finished – not by
a long shot if the St. Johns River is any indication. He’s evolving, adapting
and adjusting to the conditions he faces and to the changes he’s seen in 42
years on the tournament trail. He’s also in outstanding position to qualify for
his 33rd Bassmaster Classic, where he’ll certainly be a sentimental favorite.
But Clunn doesn’t compete to be a sentimental favorite. Count on his being a
real factor and a meaningful threat to win his fifth world championship.

 (それだけの功績にとどまらず、セイントジョーンズリバー戦が何かしらの兆候であるならば、彼の功績はまだまだ続きそうだ。彼は直面する状況そして42年のトーナメントトレイルにおいて彼が見てきた変化に対して進化し続け、適応し、それにアジャストしている。また彼は33度目のクラシックに向けて非常に良いポジションにいる。彼は確実に優勝候補であろう。但し、クランは、優勝候補になる為に競技をしない。彼が本当にそうなるように、そして5度目のワールドチャンピオンシップで優勝する脅威となるように期待しよう。) 
 

Most of all, know that when you watch Rick
Clunn compete, you’re seeing one of the all-time greats, still competing at an
extraordinarily high level.
(何より、これであなたがクランが競技を行っているのを見る時は、偉人の一人が、彼が未だにとてつもなくハイレベルな所で競技を行っていることを知るでしょう。) 

————————————————————————————————————————-(引用終了)

日本語訳:サブイズム-Sabuism

さて、時間がかかりました笑。当方は仕事で略英語しか使用しませんが、それでもやはり、この英訳という作業は何時も頭を抱えます。何より、英語にフィットする日本語が見当たりません笑。冒頭にも記載しましたが、翻訳のプロではありません。ただ、Bassmasterの面白い記事が
あっても英語だから読めない、読みたくないという方達にこれらの記事を短時間でかいつまんで読んで頂ければ嬉しい限りです。もし英語の得意な方がいて、訳間違っているぞ!というものがありましたら、遠慮なく御連絡ください。こういった記事でB.A.S.Sに少しでも興味を持つ人が増えればと思います。

本日もお読み頂き、有難うございました。

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク