ブラッドリー首位維持!【速報 Day3セミファイナル】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

昨日はカケヅカデザインワークスの欠塚氏と新宿で密会してきました。

 

新宿のとあるお店の餃子がスーパー美味いんです(笑)興味有る方は是非DMを(笑)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: FLW Websiteから画像をお借りしています

スポンサーリンク

 

Day3首位もブラッドリーホールマン

さあ、約6ポンドの差で首位につけているブラッドリーホールマン!彼が優勝する可能性はまだまだ何とも言えない状況なんです。

 

実はこんなエピソードがあります。

 

Back in 2016, Bradley Hallman went into the final day of the FLW Tour kickoff on Lake Okeechobee with a 13 ½-pound lead. His main pattern seemed to be fading, and he ended up catching only two bass the final day. Yet, it didn’t matter. His lead was too great for anyone to overcome.

2016年のFLWツアーについておいて3日目まで何と13lb半のリードをしていたにも関わらず、最終日の決勝はわずかに2匹のバスだけで優勝を逃してしまったという過去があります。ですが、No Matter how it isの精神で是非最終日に優勝して頂きたいと思います。

 

下記のスコアを見て頂くと判るように、彼の川ニシンパターン?はどうやら崩れているようです。

 

ということで、新しいパターンにシフトしなければならないような状況とか。

 

BRADLEY HALLMAN NORMAN, OK  23 – 11 (5)  18 – 7 (5)      13 – 1 (5)    55 – 3 (15)

 

<Day1&2のハイライト>

宮崎友輔66位スタート!【速報Day1】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

2018.03.09

 

宮崎友輔失速で80位【速報 Day2】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

2018.03.10

 

FLW記者目線

Sean Ostruszkaが執筆。

 

“I’m trying everything,” says Hallman. “Neither of my two patterns happened today. So I completely changed to a new deal to catch most my weight.”

やれることはすべてやってるとホールマン。どれもはまらなかったようですね。全く新しいプランで多くのバスを獲ったという。

 

He started today with his key pattern from Thursday, running dozens of deep structure spots, but it didn’t pan out and he ditched it after only an hour, saying he knew it wouldn’t go if it didn’t go early.

木曜からのディープでバス待ちのパターンは不発だったので即見切って別のpatternに。そえrはわずか1時間でした。早い内に結果がでないと駄目なpatternだったようです。

 

現在彼が保有しているpatternのキーはどれも「SUN」。詰まりは晴れのpattern。明日というか、今晩の決勝は雨。

 

さあ、どのように最終日を戦うのか?

 

最終日が2年前のオキチョビ戦のようにならないことを祈ります!

 

スポンサーリンク

トップ10ランキング

 

決勝へ進むTOP10選手は以下のようになっています。

 

1. Bradley Hallman – Norman, Okla. – 55-3 (15)

2. Zack Birge – Blanchard, Okla. – 49-10 (15)

3. Jeff Gustafson – Keewatin, Ont. – 48-10 (15)

4. Jason Johnson – Gainesville, Ga. – 48-9 (15)

5. Joseph Webster – Fulton, Miss. – 47-10 (15)

6. Braxton Setzer – Montgomery, Ala. – 47-5 (15)

7. Cody Meyer – Auburn, Calif. – 46-14 (15)

8. Austin Felix – Eden Prairie, Minn. – 46-13 (15)

9. David Williams – Maiden, N.C. – 46-6 (15)

10. Jordan Osborne – Longview, Texas – 46-4 (15)

 

首位のブラッドリーは単日のウェイトを落としていますが、意外と17lb台をマークしてきている選手も多いです。

 

3位のジェフガスタフソン、4位のジェイソンジョンソン。

 

そしてダイワサポートプロでタトゥーラのラッピングしたバスボートに乗船しているコディメイヤーは7位に。

7  CODY MEYER AUBURN, CA 15 – 8 (5) 15 – 0 (5) 30 – 8 (10) 16 – 6 (5) 46 – 14 (15)

 

 

このオースティンフェリックスは何と8位に。

 

さあ、明日最終日はどうなるのか?楽しみです。

 

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism