ダイワ「SV LIGHT LTD-TN」が並木敏成監修で登場!SVとAIRのコラボはネクストステージへ(^^)v

さあ、新製品紹介もいい感じに感じになってきました。

 

あとはABU社が控えています。これは最後です。何故なら詳しくないので、勉強が必要だからです(笑)

 

本日はダイワの目玉リールの最後です(わかっている範囲内で)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

SV LIGHT LTD-TNが登場!

Sabu
なんとスティーズの並木モデルに引き続いて、ダイワが誇るSVとAIRの技術を融合したリールが登場します。その名も「SV LIGHT LTD-TN」。名前の通り勿論並木敏成モデルです!

 

スティーズリミテッドに続いて自身2作目のシグネチャーモデルとなります。

 

お値段も中々です(笑)

 

SV LIGHT LTD-TNスペック


(ダイワHPより。参考用)

Sabu
何とフラッグシップモデルの17スティーズSVTWとたった1万円しか違いません(笑)また、SS AIRとは2,300円差。これをどう思うか?前回はザイオンノブが付いていました。

 

さて、今回の目玉は「SVスプールとAIRのコンセプトが融合」した点がミソなんです!

 

当方は読者なら御存知のようにダイワリールしか使用しません。

 

SVリールとエアの両方を持っているので、このリールが良いのだろうなと思います。

 

何故ならSVリールでカバーをピッチングする際には飛距離が伸びません。理由はSVのブレーキが強いからです。

 

これはアルファスSVで痛感しました。

 

 

そして、テキサスではSSのエアーを使用しているのですが、飛距離はまあ出ます(笑)

 

 

ただ、バックラッシュも起きやすいんです。

 

そこがエアーの弱点。

 

つまり、この2つの弱点を克服したリールがこのSV LIGHT-LTD-TNなんです!

 

スポンサーリンク

注目機構

深溝化したG1ジュラルミンSVスプール

Sabu
φ32のG1ジュラルミンスプールを搭載しています。そして深溝化を施し、太めのラインを巻くことが可能となっています。スペック表を御覧ください!16lbを20m巻けます!

 

80mmカーボンハンドル

Sabu
これが本体の代金を押し上げているのだと思います(笑)

 

カーボンハンドルは安くは無いですからね。別売りでも8,000~10,000はすると思います。

 

純正でも社外でもです。

 

後はザイオンのスタードラグも付きます!それとハイパーグリップノブも。

 

巻物用と撃ち物用に!

Sabu
ギア比は6.3と8.1で巻物と撃ち物の両方に対応しています。ノーマルギアはスモールプラグに使用できそうです。

 

サイドプレートがスティーズLTDTNと同じ(笑)

Sabu
これはどちらでも良いのですが、ダイワが言うには、サイドプレートのスリットがスティーズLTDと見た目が似ており、外観差がなくなっているとか。

 

さて、ざっくりみましたが、如何でしょうか?

 

実機を触らないとなんとも言えませんが、この機種にここまでの価格を出せるかは疑問ですww

 

 

では、また後程!

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!

こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism