スキートリース首位陥落【速報Day3】2018バスマスターエリートシリーズ第3戦@ケンタッキーレイク(5/4~7)ケンタッキー州(*´ω`*)

会社の飲み会で今帰宅しました(笑)

 

Day3はツイッターでは速報をお伝えしているので、サクッと行きます。

 

お疲れ様です。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: Bassmaster HPより画像を拝借しています。

スポンサーリンク

 

Day3首位はウェスリーストラーダ

何とスキートリースが首位陥落し、ウェスリーストラーダが首位に立ちました!

 

 

ウェスリーストラーダはテネシー出身の選手であり、今年からバスマスターエリートシリーズに参戦しているルーキー選手となります。

 

スキートリース首位に!【速報Day2】2018バスマスターエリートシリーズ第3戦@ケンタッキーレイク(5/4~7)ケンタッキー州(*´ω`*)

2018.05.06

 

Day3に22lb-6を釣り上げて、合計で59lb-9。

 

一方のスキートリースはリミットを揃えることが出来ずに13lb-7とウェイトを落として58lb-12。

 

3位には虎視眈々と優勝を狙うジェイソンクリスティが。。56lb-5を釣り上げています。

 

状況としては、まだまだスキートリースが優勝する可能性もあるので、ここは目が離せません。

 

バスマスター記者目線

ストラーダ曰くバイトを獲ることは容易では無かったとのこと。

スポンサーリンク

 

それでも探し回って何とかバスをゲットしたとのことです。バイトは僅かに8バイトとのことです。

 

Strader took advantage of the daybreak shad spawn, but that window was smaller Sunday than it had been earlier in the event. The change was due to cooler, sunnier conditions.

夜明け前のシャッドスポーンを上手く活用したストラーダ。しかし日曜日はそのバイト数は少なく、朝はやくだけだったようです。その変化は寒くなったことと日照によるものです。

 

【ケビン・バンダムコラム①】 噂のシャッドスポーニングについて★

2016.05.04

 

【ケビン・バンダムコラム②】Hydrowaveの効果的な使用法★

2016.05.10

 

 
“I think the shad spawn was shorter today because it got cold last night,” Strader said. “The water cooled off. The optimum water temperature for the shad to spawn at daybreak is somewhere close to 70, and this morning it was 64 to 65. That knocked it back a little bit, plus the bright skies didn’t help. We got about 30 minutes and it quit.”

前日夜に冷え込み、シャッドスポーンの時間が短くなったようです。夜明け前のシャッドスポーンに適した水温は、70F°(21℃)前後。でも当日は64~65F°(17.8~18.3℃)でした。これが影響し、かつサンサンと降り注ぐ太陽が影響しました。それは30分くらいだったようです。

 

[ad#ad1]

トップ12ランキング

トップ12ランキング並びに決勝進出者は上記のようになっています。

 

[ad#ad1]

 

さあ、明日はいよいよ最終日どうなるのか?

 

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism