祝ブラッドリー優勝!【速報 Day4ファイナル】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

待ちわびていたあのリールが着弾。

 

今度またインプレしたいと思います(●´ϖ`●)

 

こんばんは。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: FLW Websiteから画像をお借りしています

スポンサーリンク

 

優勝はブラッドリーホールマン!

やりました!ブラッドリーホールマンが見事に2位のザックに3ポンドの差をつけて見事に優勝しました!彼のパターンは死んでいなかったのか!?

 

ブラッドリーの湖上での勇姿はこちらの動画で御覧になれます!

 

 

入れ食い状態です(笑)

 

<Day1、2&3のハイライト>

宮崎友輔66位スタート!【速報Day1】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

2018.03.09

 

宮崎友輔失速で80位【速報 Day2】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

2018.03.10

 

ブラッドリー首位維持!【速報 Day3セミファイナル】2018FLWツアーシリーズ第3戦@レイクラニアー(3/8~11)ジョージア州!

2018.03.11

 

FLW記者目線

Bradley Hallman has been fishing FLW events since 2002. According to him, none has been better than this one.

ブラッドリーは2002年からFLWに参加し続け、彼によるとこれより良い勝利は無かったといいます。

 

“I fished the best week of my entire life,” says Hallman, who hails from Norman, Okla. “I caught them four different ways; changing every day.”

人生で今週がベストの釣りだったよとオクラホマ出身のホールマン。”毎日釣り方を変えて、4つの方法で釣ったんだ”

 

それが、以下。

 

1、メガバスヴィジョン110+1

2、スイムベイト+1/2ヘッド

 

Day1では何と午後1時までにはこれらで20lb以上釣り上げていたようです。特にワンテンでは45箇所以上キャストしたと言います。

 

Day2は,午後1時の時点では1匹だったんようですが、とあるパターンを駆使して一気に短時間で18lb-7まで釣り上げました。

 

それが、「フェンスパンダパターン」というらしいです(笑)名前が可愛い。パンダとはちなみにデカバスのこと。

 

Apparently, there’s a local pattern on Lanier of tossing a swimbait along the outside walls (fences) of marinas. The walls may sit over 100 feet of water, but some giant bass (pandas) like to hide underneath them, particularly on any points in the fences. Doing that, Hallman quickly crushed 18-7 to extend his lead to more than 7 pounds.

どうやらラニアー湖のローカルパターンのようです。スイムベイト(スイングテール系)をマリーナのフェンスの外側に沿ってキャストするというもの。30m近くある水深で、デカバスは好んでそれらの下に身を潜めるんです。特にフェンスの幾つかのポイントに。

 

 

3、ズームのトリックワーム

Day3はこのワーム。

 

これをシェイキーヘッドでシャローのドック下にいれこみ、バスをキャッチ。

 

と、ここまでのパターンはすべて「晴れの日」限定のパターン。

 

Day4は雨でした。

 

“I decided to throw a curveball,” says Hallman. “I knew when I got up that I needed sun, and I also knew I wasn’t going to get it today. Coming in [on Saturday] I got a couple bites on a spinnerbait up the rivers. So today I fished the rivers.”

”今日は変化球で行くことにしたよ。太陽が必要であることは知ってるし、それが得られないことも知っている。土曜日に川のスピナベパターンがあったので、今日はそれで釣ったんだよ!”

 

最後の4. はスピナーベイトでした。

 

めくるめくるパターンの変化でしたね。

 

確かに360度魚探や、ミンコタのウルトラフレックスによるスポットロック等のハイテク機器が出たところで、日々のこういった状況変化に対応するパターンフィッシングは健在ですし、アジャストできるアングラーが今後も有利であることは変わらないでしょうね!

 

素晴らしいな!と思いました(●´ϖ`●)

 

スポンサーリンク

最終トップ10ランキング

決勝へ進むTOP10選手は以下のようになっています。

 

Top 10 pros

1. Bradley Hallman – Norman, Okla. – 68-4 (20) – $102,700

2. Zack Birge – Blanchard, Okla. – 65-10 (20) – $30,100

3. Joseph Webster – Fulton, Miss. – 65-2 (20) – $25,000

4. Jason Johnson – Dawsonville, Ga. – 65-1 (20) – $20,000

5. Braxton Setzer – Montgomery, Ala. – 63-2 (20) – $19,000

6. Cody Meyer – Auburn, Calif. – 62-10 (20) – $18,000

7. Jeff Gustafson – Keewatin, Ont. – 62-3 (20) – $17,000

8. David Williams – Maiden, N.C. – 61-12 (20) – $16,000

9. Jordan Osborne – Longview, Texas – 60-6 (20) – $15,000

10. Austin Felix – Eden Prairie, Minn. – 57-11 (19) – $14,000

 

ダイワサポートのコディメイヤーは62lb-10で6位でしたね!惜しかった!

 

さて、これでFLWツアーシリーズも既にレギュラー7戦中3戦が終了しました。

 

時間が経つのは本当に早いですね!

 

第4戦はレイクカンバーランド@ケンタッキー州(4/12~15)

出典:http://www.statedock.com/visit-the-marina/

2017年の4月に大会が開催されたレイクカンバーランド。略同時期です。

 

この時は、スコット・マーティンが優勝しています。

 

自分を超える!優勝はScott Martin!【Day4 Final 速報】FLWツアーシリーズ 第4戦 L...
おはようございます、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。ベトナムはひたすらに暑いですね。昼は35~37度くらいまで上がるようで、 塩分をしっかり補給しないと大変なことになってしまいます。漬物や野菜の食事には塩分がふんだんに盛り込...

 

さあ、次戦も楽しみです!

 

 

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism