【ICAST2017】<前編>魅力溢れる各社の「フロッグ」レポート。お気に入りの1個は見つかるか!?★

こんばんわ、フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

さて、何とか仕事を終えながら準備を進めています。これから釣具店にも走ります。

天気が良くなってきました。この雨で津久井湖と相模湖が満水にならないかな(^o^)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Source:バスマスターウェブタックルツアーウェブFLWウェブ(それぞれ画像を拝借。)

スポンサーリンク

ICASTでのフロッグの出展は多い!

昨年の2016年のICASTでもフロッグの出展は多かったんですよね。

 

今年もかなりの数が出展されています。

 

早速見ていきましょう。まずは前編です。(^o^)

 

Terminator Walking Frog Jr.(ターミネーター・ウォーキング・フロッグジュニア) 

   

ターミネーター社からはウォーキングフロッグの小型バージョンが登場。サイズは2ー1/2インチ。ウエイトは1/2オンス。色は全16色。

 

後方重心のウエイト配置により、ダブルフックのギャップを最大化しているのが大きな特徴です。

 

ヘビーカバーとオープンウォーターでの使用が可能となっています。値段は9.99米ドル。

 

オリジナルは、3インチで11/16oz(≒19.5g)。

Jackall Kaera green frog (ジャッカル・カエラ・グリーン・フロッグ)

記事中にも結構書いていますが、日本企業の出展も目立った展示会でした。ジャッカルからもフロッグの出展がありました。

 

特徴はフラットサイドボディの形状と遊びが少ない太軸のフックになります。

 

ボディ側面をフラットにすることで水押しする量を増やしたという。(別アングルも御確認ください)

 

サイズは、上記ターミネーターと同じ2-2インチで1/2オンス。値段は9.99米ドル

なんと桐山孝太郎プロが解説!トーナメントに復活する予定は何時ですか!?

Z-MAN Finesse FrogZ(ジーメン・フィネスフロッグゼット)

先日紹介したネッドリグでも話題のジーメンですが、今回も独特な形状のフロッグを発表。

【釣法】NED RIG (ネッドリグ)って聞いたことありますか?★
お昼ですね!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。明日の用意でバタバタしております(笑)亀山ダムは明日は曇りときどき雨のようなので、雨が降ったタイミングがチャンスかもしれません。<Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、...

 

ツインテールの尾がバブルを発生させます。材質的に、構造的にも裂けにくいものになっているようです。

 

特にこのルアーが適しているは、小型のトップウォーターが聞きそうな場面とか。

 

フックも背中で隠せる部分がついています。6個入りで価格は4.49米ドル。

SPRO BBZ-1 Rat25(スプロ・ビービーゼットワン・ラット25)

フロッグルアーではありませんが、今年もネズミ系が出展。スプロといえば、深江真一選手がFLWでバイブレーションを使用していましたね!

 

ドンと鈍い音をだし、ただ巻き時にはウォーキングアクションを自動的に行います。またサイドへのスライドもします。

 

サイズは2-1/2インチ。重量は5/16オンス(≒8.8g)。価格は20.99米ドル。恐らく下記で販売されると思います。写真は30サイズ。

Livetarget Hollow Body Frog Popper( ライブターゲット・ホロ-ボディ・フロッグポッパー)

ライブターゲットのリアル系ルアーは本当に有名ですし、アメリカでもかなり流行ってましたね。値段もかなりお高いです(笑)

このルアーは、FLWプロのスコット・マーティン監修のシグネチャーモデルになります。

SCOTT MARTIN

スキッピングし易い形状とホップ(跳ねる)アクションを得意としています。2サイズ、10カラーで12.99米ドル。

当方は当方も所有しているライブターゲットのギルフロッグです。

Savage Gear Fruck (サベージ・ギアのフラックルアー) 

アヒル型のフロッグルアーとなります。

 

詳細は、下記の記事にありますので、そちらをどうぞ!

【ICAST2017】Savage Gear(サベージギア)が繰り出す魅力あふれるトップウォーター...
おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。さて、本日は新宿に用事があり、11時頃に行きます。ちょっとした新しいプロジェクトがあります。その内公表出来ると思いますので、少々お待ち下さい(*´∀`)<Facebookページへの「...

 

さて、如何でしたでしょうか?

 

前半だけでこのボリュームは執筆していてびっくりしました(笑)

 

さあ、明日に後編をリリースしますので、後編もお楽しみに!

 

<関連記事>

【ICAST2017】パート1:豪華バスマスターエリートプロ達が紹介する新製品達★

【ICAST2017】パート2:豪華バスマスターエリートプロ達が紹介する新製品達★

【ICAST2017】Savage Gear(サベージギア)が繰り出す魅力あふれるトップウォーターの世界!★

【ICAST2017】DUO(デュオ)とアーロン・マーテンスが仕掛けるREALIS(レアリス)ジャークベイト新色★

Have a Great Fishing!


サブイズム-Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism