【告知】 JB TOP50シリーズ第3戦 東レ・ソラロームカップ 七色ダム戦 in 奈良県★

お昼ですね!フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

午前中は新しいアイコンの作成に勤しんでいました。

これはまたあとで記事にします\(^o^)/ブログで見れると思いますが(笑)

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

Source: JB/NBC ウェブサイト(画像をお借りしています。)

スポンサーリンク

明日七夕(7/7)より第3戦スタート


(http://www.jpower.co.jp/damcard/nanairo.html より画像を拝借)

さて、明日七夕よりいよいよJBトップ50の第3戦がスタートします。

 

7/7、7/8、7/9の3日間となります。最終日はH-1亀山と重なります。。。

 

年間の試合が5試合であることから、丁度折り返し地点ですね。

 

昨年も略同時期の7/8-7/10で七色ダムにて第3戦が開催されました。

 

昨年のTOP5は?

  
(http://www.purefishing.jp/info/2016/07/jb503.html より画像をお借りしています。)

優勝は小森嗣彦、2位は青木大介、3位は五十嵐誠、4位はSHINGO、そして5位は北大祐。

 

リザーバーでの小森選手は強さを発揮すると思います。今年も七色ダムで挽回してくるでしょうか?

 

各選手のパターンは?

広告付きで各選手の使用したルアーを案内します。カラーが実際とは合わない場合があるかもしれませんが、ご了承願います。

 

優勝した小森嗣彦は、ゲーリーのカットテールネコリグをメインに見事優勝。

2位の青木大介は、D-SPIKER3/8オンス、シェイクシャッド3インチカット虫チューン、フーラー2.5インチのダウンショット。

 
3位の五十嵐誠は、デプススパイラルミノー、スミス・モッサ2.2、エコスワンプミニのネコリグ。
 
 
 
4位のSHINGOは、SHINGOスクリュー60、HMKL コビー2.5インチのダウンショット
 
 
 
5位の北大祐は、BFカバージグ2.3g+ヤビー、アップラッシュ3.5インチのダウンショット、レインボーシャッド3インチ表層ピクピク
 
 
 
 3インチはありませんでした。
 
 

2017年現在のTOP10ランキング

現時点での最新のトップ10ランキングを掲載します。(当方作成)

 

思ったよりも大先生の動きは悪くないですよ!

 

ランク アングラー ポイント 総重量(g)
1位 佐々一真 110 15,494
2位 市村修平 109 15,968
3位 関和学 108 15,252
4位 今江克隆 102 13,991
5位 青木大介 101 17,069
6位 小林朋人 99 14,065
7位 日原直之 97 15,896
8位 長谷川大紀 95 13,321
9位 五十嵐誠 94 15,785
10位 小林知寛 94 12,661

 

今江克隆ですが、初戦4位と前回の弥栄ダムでの60アップが功を奏したのか、なんと年間ランキングは4位。これは期待できますね。

 

前回優勝の青木大介は初戦の20位から大きくジャンプアップ。2015年王者の威厳は流石です。

 

さて、梅雨前線が近づいている現在ですが、これがどう影響を及ぼすのか。

 

天気はひどいときもあったようです。

 

以下は青木大介選手のツイッターより。

 

 

速報はまた明日!

 

Have a Great Fishing!


サブイズム-Sabuism (原)

*Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)

*通訳・翻訳業務の外注を承ります。大手釣具企業で実績あります! 問合せはこちらまで sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク






ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don’t miss it!!!!

©Copyright Sabuism