【B.A.S.S.記者コラム】ケビンバンダム 王の帰還-Return of the King

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

いよいよ来週の本日にはもう日本へ向けて帰国します。もう一週間を切りました。パッキングをしながらこのブログを書いております。

 

さて、先日のケビンバンダム選手の優勝は素晴らしい優勝でした。苦節5年を経ての優勝となります。長いトンネルだったと思います。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: https://www.bassmaster.com/

スポンサーリンク

 

本日は、B.A.S.S.の記者 Bryan Brasher氏の記事を読み、ケビンバンダム選手の4日間を振り返ってみようと思います。

 

それでは何時もの通り、以下に日本語訳を載せます。
(軽微な意訳、誤訳は御容赦願います。)

 

Return of the King!王の帰還

—————————————————(引用開始)

MANY, La. — Superstar professional angler
Kevin VanDam often deals with a different set of circumstances than the average
angler on the Bassmaster Elite Series.

(バスマスターエリートシリーズにおいて、ごく平均的なアングラーとは一線をかした状況で対処をするのがスーパースターであるプロアングラーのケビン・バンダム選手です。)

With such a sparkling resume, many fans’ expectations for VanDam are much higher. With such a recognizable name andface, the number of people who want to catch a glimpse of him doing his thingon the water is sometimes off the charts.

(そのような華々しい能力がある為、バンダム選手に対するファンの期待は大きいものであると言えます。その知名度と顔で、彼が水上での一挙手一投足を垣間見ようとする多くの人々は、良く圧倒されます。)

Because of all that, many people have wondered aloud these past five years if VanDam would ever win another majortournament. But he was never one of them — and now, he’s silenced all of his doubters.

(それらの為、多くの人々が彼の過去5年間を振り返ると、バンダム選手が勝つかどうかは疑問であったでしょう。しかし、彼はそうならなかった。そして今、彼は全ての疑い深い人たちを黙らせました。)

Toledo Bend戦を優勝

VanDam slammed the door on a wire-to-wire
victory at the A.R.E. Truck Caps Bassmaster Elite at Toledo Bend with 21pounds, 6 ounces of bass on Championship Sunday. The big bag gave him afour-day total of 96-2 and his record 21st victory in a B.A.S.S. event.’

(バンダム選手は終始独走状態で他の選手を立ち入らせることなく、バスマスターエリートシリーズのToledo Bend戦最終日の日曜を21lb6ozの勝利で飾った。その大きなウェインバッグは彼を4日間トータルで96lb2ozをマークさせ、彼のB.A.S.S.史上21度目の勝利をもたらした。)

“This was the most challenging
tournament I’ve ever won,” said VanDam, who raised his career earningswith B.A.S.S. to just over $5.9 million with Sunday’s $100,000 payday.”The first two days were pretty good, but the last two days were really, really tough.

(“今回のトーナメントは今迄の優勝した中でも最も挑戦的な内容だったんだ”とバンダム選手。彼は今迄に生涯獲得賞金が6億円子であり、日曜日の賞金金額は1,000万となった。“最初の2日間はとても調子がよかったんだけど、残りの2日間は実に本当にタフだったんだ。“)

タフだった2日目

“It’s normally not hard fishing here.
But with the pressure out there this week, trying to be there at the right timewhen the conditions were right, it was tough.”

(“何時もならこのレイクはそんなに厳しい状況ではないんだ。でも、今週はプレッシャーも掛かり、バイトするコンディションの時に、ちゃんとしたそこにいて釣らないといけない状況だったからタフだったんだよ。”)

VanDam caught 29-5 Thursday and 20-11 Friday to lead the field into Saturday’s semifinal round with 50-0. But withthe weekend, the lake became more crowded — and at times, VanDam had as many 50boats following him from spot to spot.

(バンダム選手は、初日木曜日に29lb5oz、金曜日の20lb11oz50lb近いウェイトを得て、セミファイナルへと進出した。しかし、週末となるとレイクは混雑を極めた。そして同時にバンダム選手は場所から場所へ移動する際に50艇もの船に追われる事となった。)

He got only five bites Saturday. But they were the right five, and his bag of 24-12 gave him a lead of more than 5 poundsgoing into Sunday. During the final round, he slowly put together another big limit of 21-6 and put himself beyond the reach of Alabama angler Chris Lane, who finished second with 88-7.

(土曜はなんと僅か5バイトしか得る事が出来なかった。しかし、きちんと5本揃え、彼は24lb12ozを得る事ができ、日曜の決勝進出に際して5lb以上の差をつける事が出来た。最終日のラウンド中、彼はゆっくりであるが21lb6ozとなるビッグリミットを揃え、2位で88lb7ozを釣り上げたクリス・レーン選手を手の届かない所まで突き離した。)

ストライキング社XDシリーズ

KVD’s go-to baits for the week were big, deep-diving crankbaits from Strike King — the 6XD, 8XD and 10XD.(今週KVDが使用したルアーは大きく、それは、ストライキング社が販売するディープクランクの6XD,8XDそして10XDであった。)

6XD

8XD

10XD

“If you want to be successful outhere, you have to be really confident in your lures and techniques,” VanDam said. “I didn’t stop and fish a worm or a Carolina rig or a jig. I knew to catch big fish I just needed to grind it out.(“もしこのレイクで勝利したいのなら、自分のルアーとテクニックに絶大なる信頼を置く必要がある。”とバンダム選手。“私はそれを止めなかったしワームやキャロライナリグ、ジグ等で釣りもしなかった。ビッグバスを取る為には、それらを消していくしかなかったんだ。”)

“They love the 10XD on this lake.”(このレイクのバスは10XDが好きなんだ)

VanDam said the big bass on Toledo Bend prefer the larger profile of the 10XD, and he tried to present the bait in colors that matched the lake’s forage base.

(バンダム選手曰く、このToledo Bendのビッグバスは10XDのような大きな見た目を好むとのこと。そしてレイクのベイトに合わせるようなカラーの選択をするようにしたという。)

He used the sexy blueback herring color pattern quite a bit, but it was the bar fish pattern that often worked best. He said that pattern matched the lake’s forage base perfectly, because many big largemouth at Toledo Bend feed heavily on bar fish, which are also known as yellow bass.

(使用カラーはニシンに似せたセクシーブルーバックを多用したが、最も効果的であっあのが、バーフィッシュと呼ばれるイエローバスパターンであったという。。彼が言うに、そのパターンは、このToledo Bendoの多くのビッグスがイエローバスを大量に捕食している為であるという。

                                                    

http://tpwd.texas.gov/huntwild/wild/species/yellowbass/

Many anglers shy away from using a crankbait as large as the 10XD because it requires special equipment and can bequite a workout in hot, muggy conditions. But VanDam had all of the right tools
for the job.(多くのアングラーが10XDのような大きなルアーをしり込みして使用しなかったのは、特別な道具が要求され、暑く蒸しっとした状況の中で多くのトレーニングを必要としたからです。しかし、彼はそれにふさわしいものをきちんと全て持っていました。)

適切なタックルセッティング

“I designed a rod with the guys at Quantum,” VanDam said. “It’s a 7-11 composite rod — a Tour KVD cranking rod, heavy action. I had it matched with an Exo 200 reel, which has a really wide spool and a 5.3:1 gear ratio. I was throwing it with 17-pound Bass Pro Shops XPS fluorocarbon.(Quantumの人達と一緒に竿をデザインしたんだ。”“7フィート11インチのコンポジッドロッドで、自分専用のヘビーアクションクランキングロッド。それに、Exo200のリールを乗せた。これは本当にワイドスプールでギヤ比が5.31で、これにバスプロショップで販売されているXPS17lbをセットしたんだ。”)

“Having that big reel with that line, I made some 80-yard casts this week.” (“この大きなリールとそのラインで80ヤード(73m)は飛ばしたよ。”)

The setup allowed VanDam to target bass that were often holding on or near the bottom in more than 20 feet of water.
The size of the lure provided a unique presentation in crowded waters.(この組み合わせが20フィート(6m)以上もあるボトム付近に居るバスに、良く口を使わせる事が出来ました。混雑した水域でこの大きさのルアーは得意なプレゼンテーションをバスに対してしました。)

 

“I didn’t see any locals out there fishing the 10XD at all,” he said. “They were all dragging worms or something like that. These fish eat bigger food, and you’ve got to throw something that matches that.”(“ここのローカルアングラーは誰一人としてこの10XDを投げてなかったんだ。彼らはみんなワームをドラッギングをしたり、似たようなことをしていた。ここのバス達は大きなベイトを捕食していて、それに似たようなものを投げないといけないんだ。”)

Lane caught his fish all week long, using two topwater baits — a Zara Spook and a Whopper Plopper — around flooded grass
and cypress trees. Lane finished just ahead of Ish Monroe (83-4), Keith Combs (82-11) and Paul Mueller (81-12).(2位のレーン選手は終始、ザラスプークとフーパープロッパーの2つのトップウォーターを沈んだグラスやサイプレスツリー周りで使っていました。)

“I went out knowing I probably needed to catch 30 pounds today, and I just didn’t get those kinds of bites,” Lane said. “But it was a great week for me. I had a blast on Toledo Bend.”(“今日最終日は30lbは必要だということは分かっていました。そしてそれらを得る事が出来ませんでした”とレーン選手。“でもね、今週は僕にとっては良かったんだ。ここToledo Bendで大暴れしたよ”)

The win was VanDam’s first since the 2011 Bassmaster Classic on the Louisiana Delta. Prior to this week, he had never finished higher than 19th in a B.A.S.S. event on Toledo Bend.(今回の優勝は2011年のLouisiana Delta戦以来の優勝でした。今週までこのToledo Bend戦での大会では19位以上を取った事は一度もありませんでした。)

When he missed the Classic in 2015, some
believed his career might have peaked. But he said he knew all along he just needed to keep casting.(2015年のクラシックを逃した際に、幾らかの人たちは彼のピークは過ぎたと思っていたと思います。しかし、彼は自分に必要なのは、Keep Castingする事だけだということを言っていました。)

“I didn’t need any kind of career rejuvenation personally, but I think a lot of people have been wondering ‘What’s wrong with KVD?’ for a while,” VanDam said. “In my mind, there was nothing wrong. It just cycles. If you’re going to have bad luck, it’s also going to cycle back around to where you have good luck.(“個人的にキャリアの再来みたいなものは必要なかったんだ、でもね多くの人がKVDは一体どうしたんだとおもっていたと思う“とバンダム選手。私の中では、何も間違っていない。それはただ単にサイクルの問題なんだ。もし運が悪くなっているのであれば、良い運を持つサイクルに戻ってくるでしょ”)

“That’s what happened to me this week. I made good decisions, and everything worked out.”(“それが今週私に起こった事だよ。良い意思決定をしたと思うし、全てが上手くいった”)

——————————————————–(引用終了)

最下部の部分は各選手のExtra賞金情報だったため、割愛致しました。

さて、彼の考え方は当方のようなサラリーマンにも見習うべき所があると思いました。

次回の第6戦 Lake Texoma戦(6/8~6/12)も期待しましょう!勿論、日本人選手もです!

では、また後程!

 


Sabuism (原)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク