【再掲】【海外遠征】ピーコックバスを釣りたい!マレーシアのイポーに憧れの怪魚を追う★

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

本件は、リライト記事になります。

 

2013年にマレーシアのイポーにピーコックバスを釣りに行く為、一人旅をしてきました(笑)

 

コーディネーターは、バッシングヘブンさんでした!

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

スポンサーリンク

 

マレーシアで釣りをしてみた!

皆さんは、海外での釣りの御経験ありますか?

 

当方は現在米国のボストン (正確にはNH州のマンチェスターですが)に住んでおりますが、一番最初に自分のお金で行ったのは、2013年3月のマレーシアのピーコックバス釣行でした。

 

 釣れたのは、何と51センチの大物ピーコックバスでした。

 

口閉じにて51センチありました。あまりの強烈な引きに手が震えました。

 

ノリーズのジャカブレード12gにヒット

 

ヒットルアーは、ノリーズのジャカブレード12gのフォールに食いました。

 

この時は全然シャローに魚がいなくて、ディープをシャクっていたんですね!

 

バッシングヘブンのコーデ

このツアーをアレンジして頂いたのは、バッシンヘブンという釣専門旅行会社の小松さんでした。

バッシングヘブンHP

 

多くの釣行日記や案内がありますので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

 

マレーシアイポー地域のイメージはこちら。

 

なんとも言えない景色に言葉を忘れます。

 

一面がベジテーションだらけ!

 

そして、人との出会い!

 

御世話になったプロガイドで地元では有名なBenny Chew氏。ラパラのテスターさんです。

 

 

[ad#ad1]

他の釣り専門の旅行会社は?

さて、世界釣行と言えば、村田基さん、田辺哲男さん、鵜山和洋さん、沖山朝俊さん、武石憲貴さん、小塚拓矢さん等がいらっしゃいます。

村田さんや田辺さんは、良くビッグトラウトを使用していますね。釣りロマンの流れだと思います。

 

それと、鵜山さんですが、当然ながら自社でONEBITE★ONEFISHのツアーを企画していますので、こちらで参加されています。ツアー名は、”世界秘境冒険釣旅専門”です。

実は当方、マレーシアのピーコックバス釣行を考える際に、相見積を取りました。

バッシンヘブン世界秘境冒険釣旅専門の2社です。

2013年の3月は価格的にバッシンヘブンがお安かったため、こちらを選択しましたが、世界秘境冒険釣旅専門でもかなりのツアーを御用意されているので、ご興味がある方は是非御覧ください。

 

そして、マレーシアではピーコック以外にも釣れるのが、ト―マンです。

 

残念ながら当方のト―マンはト―マンでもベビーサイズでしたww 

 

それでも楽しかったのは、この25-30cm位のサイズがへらボールみたいになって、1キャスト1フィッシュ状態になっていたことです。

 

これはウォーターランドのテクノジャークにてキャッチ。

 

いやあ、このサイズではかなり引きますので、楽しめます。

ちゃんとしたサイズだと下記のような魚になります。 

こんなサイズ釣れたら最高ですね!それにしても当方のはお恥ずかしい限りですwww
 
 
さて、 この釣行の後には米国カリフォルニアのリザーバー&ソルト、フロリダのキーウェスト、そして、

 

昨年のバハマ国に行ってきました。

 

この続きはまた明日今度書きたいと思います。

 

では、また後程!


Sabuism (Yo)

◆Facebookの「いいね!&Twitterのフォローを押すと 最新の情報をデリバリーします(*´ω`*)◆

こんな記事あったら面白いな~なんて方は,御意見頂けると幸いです。もしかしたら採用かも??⇒sabuism94@gmail.com


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事