ZPI社の「アルカンセ」というNEWベイトリールが大変気になる来年2019年(゚∀゚)!

年末では大寒波が来るようですね(笑)連日飲み会があるので、釣りには行けなそうです。

 

既に北海道ではかなりの雪が積もっていますよね。。そんな状況ではありますが、年明けすぐに「初釣り」をしようと思っています。釣れないことは確実ですが(笑)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source: ZPI Facebook

スポンサーリンク

 

ZPI社初のベイトリール「アルカンセ」

このニュースにちょっとびっくりしました。なぜならリールのパーツ専門メーカーであったZPI社がまさかベイトリールを開発していて販売するとは思わなかったからです。

 

日本の市場でベイトリールと言えば、大体アブ、シマノ、ダイワが主流であり、それ以外のベイトリールを使用するケースは多くないからです。

 

もちろん海外に目を向けてみれば、アメリカでは様々なところからリールが出ていたりもします。

 

加藤強社長のインタビューがバサー誌に!?

実は2017年のH1相模湖大会で加藤社長に初めてお会いし、少しお話しましたが、頭の回転が大変早い方だなというのがその当時のイメージでした。

 

そんな加藤社長のこのアルカンセリールに対するインタビューがバサー誌に掲載されているようです。

 

この記事を書いている時点ではまだバサー誌は購入していないので、ちょっと何処かで仕入れてみようかなと思っています。

 

スポンサーリンク



アブ・シマノ・ダイワ以外でメジャーになるか?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lake Shinsei bank fishing #bassfishing #fishing #lod #reel #daiwa #shimano #abugarcia #lure #sabuism #震生湖 #バス釣り #ダイワ #シマノ #アブ #釣り #サブイズム

Sabuism (YOICHIRO HARA)さん(@sabuism)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク
先程も申し上げましたが、日本のマーケットではアブ、シマノ、ダイワのベイトリールが一般的です。なので、この中にどのようにしてZPI社のアルカンセが食い込んで行くかがとても楽しみですし、ワクワクします。もしかすると数年後は超メジャーになっているかもしれませんからね。

 

現在発売されているカスタムリールのZPRIDEはよく広告や店頭で目にしていましたが、こちらも好調のようですし。。

 

ZPI 17ZPRIDE インプレHP from ヘッジホッグHP

 

今後の動きが本当に楽しみです(>ω<)

 

スペック詳細は不明部分あり(更新済み)

では、このリールがどのようなスペックになっているのか、判明している部分で見ていきます。

 

ギア比

NS(ノーマルスピード)の6.6、HS(ハイスピード)の7.3、XS(エクストラハイギア)の8.1と3種類のギア比が用意されています。左右用意されているので、合計6機種が発売となります。

 

外観

マットブラックな塗装。19タトゥーラ100にも通ずる部分があります。

ダイワ19タトゥーラTWがプロジェクトT2019より正式発表!マグフォースZへの回帰か?(・∀・)

2018.12.11

 

ブレーキシステム

ブレーキはマグネットブレーキを採用しているようです。

 

スプール

ベイトリールで頻繁に使用される12lb~16lbを十分に巻くことが出来る軽量スプールになっているとのこと。やはりカスタム系の素材が使用されているのでしょうか?軽さが気になります。

 

(追記)34mm径スプールで11.4gとかなり軽い重量です。

 

ハンドル

86mm、90mmのアルミオフセットアームにセミロング丸型ノブが付属されています。これでパワーゲームにもバンバン使用できそうですね!

 

重量(追記)

3サイズとも184gとなります。

 

ベアリング(追記)

ベアリング数は9個で、ローラーベアリングは1個の計10個となります。

 

価格

位置づけ的には、ミドルレベルの価格帯とのことですが、ダイワで言えばタトゥーラやジリオン、シマノで言えばアルデバラン、メタニウムクラスにしてくるのでしょうか?

 

追記)下記のサイトに価格が記載されたスペック表が載っています。 基本どのギア比も36,900円(税抜き)です。

 

いずれにしてもパーミング具合や外観等が大変気になるので、2019フィッシングショーで確認してきたいと思います!そういえば、ロッドも平行して販売されるようなので、こちらも楽しみです!

 

ZPI アルカンセ HP

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yoichiro Hara)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism