【ミリオネアCTSV70】遂にダイワの名機ミリオネアが30mm径SVスプールを搭載して再降臨!買うわこれ!

今年の仕事もいよいよ後少し。。。人によって違うと思いますが、当方はあと3日で終わりですね。

 

バタバタしていますが、無事に怪我なく終えたいと思います(*´ω`*)

 

こんばんわ。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:ルアマガ2019年2月号

スポンサーリンク

 

ミリオネア復活!ミリオネアCT SV 70が登場!

(出典:ルアマガ2019年2月号)

この日をどれだけ待ちわびたでしょうか?ダイワの本当の丸型リールといえるミリオネアシリーズが遂に2019年復活します!なんと実に10年ぶりのバス用丸型です。

 

昨年の2018年に18リョウガが登場した時にミリオネアでなかった事に大きな落胆を記事にしたらダイワのリール設計の方が見ていたという珍事件が有りました(笑)

 

ダイワプロジェクトT 2018始動!ミリオネア再来?2018年「リョウガ以外」の新丸型リール登場か!?

2017.11.29

 

「18リョウガ」シリーズがダイワ噂の新丸型リールであったという悲しい現実_(┐「ε:)_

2017.12.24

 

小型丸型リールはマーケットのニーズに対応?

絶対に小型の丸型リールのニーズがあると思っていました。ダイワが出すまではシマノのコンクエスト50とかBFSしかありませんでしたからね。やっと対抗馬が出てきたと言えます。

 

実はこんな記事も執筆していました。

もしもダイワの新しい「18リョウガ」に500番サイズがあったらきっと東日本でも売れるんだろうな(*´ω`*)♪

2018.01.26

 

琵琶湖とか霞ヶ浦をボートでメインとしているバスアングラーにはコンクエストとか18リョウガは良いとはおもうのですが、糸巻き量は多いしちょっと手に対して大きいなイメージがありました。実際に問う方はかなり手がコンパクト。

 

とうことで、このミリオネアのCTであれば、関東の房総レイクその他リザーバーで活躍してくれそうな気がします。

 

ミリオネアCT SV70スペック

なんと言っても大きな特徴はΦ30の超小径SVスプールでは無いでしょうか?これはおそらくシマノのコンクエストBFSに対抗する機種になるのではないかと個人的に思っています。ですが、Φ30とはダイワもずいぶんと攻めてきた気がします。

 

ギア比

6.3と7.2の2種類が発表されています。

 

重量

丸型にしては軽く210gです。一応参考までに、シマノのコンクエストBFSは200g。ですが、14コンクエスト100は215g。これと比較すると5g軽いです。

スポンサーリンク

 

ドラグ力

5kg。

 

糸巻き量

12lbで70m、14lbで60m巻くことができます。飽くまでナイロンラインという限定がありますが(笑)

 

ベアリング数

ボールベアリング10個、ローラーベアリング1個の計11個を搭載。

 

価格

価格は税抜きで52,500円。

 

発売時期

2019年の5月発売予定とのことなので、おそらく5月下旬でしょう。

 

ダイワの丸型はレベルワインダーが良い!

ダイワのミリオネアシリーズはボディの内側に入っているのが良いと以前に、ダイワのテレビで並木敏成プロが仰っていました。

 

これ、シマノの場合は出っ張っているから手に当たります(笑)下記は以前に所有していたコンクエストBFSHG。

 

比較してご理解頂けたでしょうか?地味な部分ですが、実釣では大事な部分になってくると思います。シマノはグラグラするのです(笑)

 

さあ、この30mm のSVスプールを搭載したミリオネアは是非購入したいと思います。

 

セットする竿は16ブリッツかな。これでジャークベイト、クランク、トップを楽しみたいと思っています!シルバーのボディも良いと思います(*´ω`*)

 

あとはスティック系ワームのノーシンカーも良さそう(*´ω`*)

 

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yoichiro Hara)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism