ダイワ19タトゥーラTWがプロジェクトT2019より正式発表!マグフォースZへの回帰か?(・∀・)

女子フィギアスケートの紀平梨花は凄いフィギアスケーターですね。浅田真央が引退したかと思えば、またすぐにこのような凄い選手が登場。

 

まだ年齢は若干16歳。決して当方はロリコンではありませんが、容姿端麗で今後が大変楽しみだと思います(*´ω`*)

 

おはようございます。フィッシングトランスレーターのサブイズム(@sabu94_1982)です。

 

Facebookページへの「いいね!」を押して頂くと、常に最新の記事が御覧になれます。>

 

Source:Project T2019 エピソード2

スポンサーリンク

 

19タトゥーラTWがProjectT2019にて正式発表

昨日プロジェクトT2019のエピソード2がダイワより公開となりました。今回の目玉はダイワUSAより先行発売されているタトゥーラTWの日本版の発表でした。

 

今回の発表は特に目を引くものではありません。なぜなら既にルアーマガジンの1月号にて先行で発表されてしまっているからです。2018年のように18リョウガをミリオネアの再来かと思わせるようなドキドキ感やワクワク感をもたせるものではなかったからです。

 

「18リョウガ」シリーズがダイワ噂の新丸型リールであったという悲しい現実_(┐「ε:)_

2017.12.24

 

正直2018年は色々と目玉のアイテムが多かったので、今年2019年は控えめな内容になるかなと個人的には思っています。

 

19タトゥーラTWとUSの18タトゥーラ100の違い

開封の儀ブログ記事では結構詳細な18タトゥーラのスペック部分を写真付きで載せています。

 

来年2019年の2月頃を目処に日本版は発売になるとのことであと約3ヶ月。少しは参考になると思います。

 

大きな違いですが、特には無いようです!!

 

今までのタトゥーラはアメリカ版と日本版では異なっていましたが、今回はアメリカ版を殆ど踏襲しています。

スポンサーリンク

 

唯一の相違点としては、ハンドルナットプレートのカラー分けだと思います。

 

オレンジは6.3、レッドは7.1、パープルは8.1。

 

まあ、この点は何時も通りのダイワさんの気の利いた部分だと思います。

 

US版の18タトゥーラ100Hのインプレ

US版の18タトゥーラ100のインプレ記事を書かせていただきました。

 

使ってみての感想は、キャストがすーーと伸びるなという印象でした。

 

普段は17タトゥーラSVTWやジリオンSVTWを使用する機会が多いのですが、やはりSV機構が付属されるとどうしても最後の伸びにブレーキがかかってしまいます。

 

そういった部分でも今回採用のマグフォースZは改めてダイワのマグネットブレーキらしさが出ているのではないでしょうか?

 

RCS1012のG1スプールも後押しか?

18リョウガにも採用されているマグフォースZですが、これには1016の深溝のG1スプールが採用されています。

 

これの浅溝も新製品として登場しますが、動画の中で各プロがしきりにマグフォースZの飛びの凄さを強調していますが、SV全盛の現在では伸びるのは当然かなとも思います。

 

 

まあ、G1ジュラルミン素材をマグフースZに採用しているのは、ジリオンのHLCやスティーズA TW等もあります。

 

少し話が逸れました、今回発売の19タトゥーラTWですが、シャフトありのスプールのため、残念ながらこのG1は採用されていません。まあ値段的にもデフォルトでの装着はできないと思いますが(笑)

 

さあ、そんな感じで19タトゥーラTWが発売になります。発売が待てない方は輸入盤が下記より購入可能です。

 

正直買って損しないアイテムだと思います。少しでも当方のインプレ記事が購入前に役立てば幸いです。

 

 

 

 

では、また後程!


Sabuism (Yoichiro Hara)

◆Facebookいいね!&フォロー」/Twitter「フォロー」 /Instagram 「フォローを押すと 最新の情報をお届けします(*´ω`*)◆

peingという質問BOXをツイッターに開設しました。御興味のある方は質問下さい。匿名で投稿出来ます!⚫

▶こんな記事あったら面白いな~なんて方は、御意見頂けると幸いです。採用かも??⇒sabuism94@gmail.com◀


スポンサーリンク



スポンサーリンク




関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

米国のB.A.S.S.やFLW記事を中心に記事を執筆しています。時には、プロ記者や、トーナメントプロの記事を翻訳していることもあります。また日本のトーナメントやタックルインプレッションについても記載しています。 Hey, Guys. B.A.S.S. preliminary report is written in this blog. Not only tournament article, but also I introduce very very cool Japanese lures to everyone! Don't miss it!!!! ©Copyright Sabuism